パスワードを忘れた? アカウント作成
13501830 submission
医療

トレハロースが重篤な腸炎流行に関わっている可能性

タレコミ by maia
maia 曰く、

2000年頃から北米や欧州でクロストリジウム・ディフィシル腸炎が急増した原因が、2000年にFDAから認証を受けた甘味料トレハロースによる可能性があるという(Natureの論文Gigazine個人ブログ)。クロストリジウム・ディフィシル(CD)は腸内の常在菌だが、一般に抗生物質の服用によって腸炎をおこす(MSDマニュアル)。2011年にはアメリカで50万人がCD腸炎を発症し、29000人が死亡したという。CDでもRT027株とRT078株が強い毒性を発揮している事が分かっており、マウス実験でトレハロースがこれらの株の強毒化や繁殖力に関わっている可能性が示された。トレハロースは天然にも存在しているが、林原が安価な製法を発見して、その食品添加物としての有用性から広く使われるようになっている。研究としては初期段階なのかもしれないが、気になる話ではある。

この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...