パスワードを忘れた? アカウント作成
13741995 submission
統計

Microsoft、米国で第5位のPCベンダーになる

タレコミ by headless
headless 曰く、
Gartnerの2018年第3四半期PC出荷台数推計値によると、米国でMicrosoftがPCベンダー5位になっている(プレスリリース)。

米国での第3四半期PC出荷台数総計は前年同四半期比5万7千台減(0.4%減)の1,477万1千台。Gartnerの集計対象はデスクトップPCとノートPC、Surfaceのようなプレミアム価格帯のウルトラモバイルで、ChromebookやiPadは含まない。Microsoftの出荷台数は11,000台増(1.9%)増の60万2千台で、初めてランキング入りした。

この数年、米市場ではHPとDellが先頭グループ、LenovoとAppleが第2グループ、AcerとAsusが第3グループを構成しており、グループ内で順位が入れ替わる状況が続いてきた。第3四半期はLenovoが41万3千台増(22.2%増)の227万6千台となり、16万7千台減(7.6%減)で202万2千台のAppleを抜いて3位に上昇した。なお、2018年第2四半期分以降、Lenovoの出荷台数には富士通の出荷台数が含まれている。1位と2位の順位に変動はないが、1位のHPが15万4千台増の453万1千台なのに対し、2位のDellは2万9千台減の383万1千台となっている。

世界全体のPC出荷台数は前年同四半期から5万台増(0.1%増)の6,720万6千台とわずかに増加し、第2四半期に続く増加となった。ベンダー別では1位のLenovoが153万2千台増(10.7%増)の1,588万9千台となり、二桁成長を達成している。Lenovoの数字には富士通の出荷台数が含まれるが、後述するIDCのデータでは昨年第3四半期の富士通の出荷台数が78万2千台になるため、富士通分が成長の半分程度を占めている可能性もある。

2位のHPは85万6千台増の1,462万9千台、3位のDellは53万7千台増の1,073万7千台。1位~3位の出荷台数が増加する一方、4位~6位の出荷台数は減少しており、4位のAppleは45万7千台減の492万8千台、5位のAcerは24万8千台減の407万4千台。Asusは76万1千台減(15.9%減)の401万3千台と大きく減少し、前年同四半期の5位から6位に落ちている。

IDCの推計値ではPC出荷台数総計が58万4千台減(0.9%減)の6,738万7千台と減少している。1位~3位の順位はGartnerと同じだが、LenovoとDellがともに5.8%増加したのに対し、HPは0.3%増(51,000台増)と増加幅が小さくなっている。Lenovoのデータは昨年分にも富士通の出荷台数が加算されているため、昨年分から富士通を除外した場合の成長率は11.5%となる。また、Gartnerのデータでは減少していたAcerが38万4千台増(8.5%増)の487万4千台と増加しており、62万5千台減(11.6%減)で476万2千台のAppleを抜いて4位に上昇した。なお、IDCの集計対象はデスクトップとノートブック、ワークステーションで、タブレットとx86サーバーは含まない。
この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...