パスワードを忘れた? アカウント作成
13764181 submission
JAXA

はやぶさ2、MINERVA-Ⅱ2の不具合が明らかに

タレコミ by AC0x01
AC0x01 曰く、

JAXAは8日、小惑星探査機「はやぶさ2」の運用報告の中で、搭載されている小型ローバー「MINERVA-Ⅱ2 (ミネルバ・ツー・ツー)」に不具合が発生しており、観測が行えない可能性が高いことを明らかにした(毎日新聞の記事, 産経新聞の記事, Yahooニュースの記事)。

MINERVA-Ⅱ2は重さ877gの小型ローバーで、9月に着陸に成功したMINERVA-Ⅱ1がJAXA開発だったのに対して、こちらは東北大など国内5大学の共同開発である。低重力下用に4種類の移動機構を備えており、これら機構の検証が主目的とされている。

発表によれば、MINERVA-Ⅱ2との通信は確立しているもののFPGAの動作が不安定で、レスポンスは返るものの機器の状態を示すデータが返らないということ。この不具合は宇宙に出てからのものではなく、地上での最終試験の段階から発生するようになっていたとのことで、アース線などの取り回しが原因となっている可能性があるという。

現状ローバーの投下中止までの判断はされておらず、はやぶさ2からの分離により問題が改善する可能性や、電源なしでも稼働する機構もあるためその確認を行うなど、出来ることを行っていく方針のようである。

なお、9月のMINERVA-Ⅱ1の記事では「MINERVA-Ⅱ2は放出・投下されないと思います...」「打ち上げ前から観測できない(柔らかめな表現)状態だったそうです」というAC氏のコメントが盛り上がっていたが、本当の話だったようだ。

この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...