パスワードを忘れた? アカウント作成
14145382 submission

2次電池材料に亜鉛が脚光を浴びる。リチウムより安価

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
2次電池の材料といえばリチウムだが、近年は亜鉛が存在感を増しているそうだ。ここ2年ほどで2次電池化の実用化が加速し、再生可能エネルギーのマイクログリッド(小規模電力網)などで運用され、電力会社から期待を集めているとされる。亜鉛電池は充電速度が低い特性から、これまで小型補聴器などに用途が限定されていた。しかし、ここ数年でテクノロジー企業の尽力により、充電可能な2次電池としての技術開発が加速した。

ニューヨーク州電力公社(NYPA)は1月、カナダのスタートアップ、Zinc8エナジー・ソリューションズと亜鉛2次電池を活用したエネルギー貯蔵システムのプロジェクトで契約した。このプロジェクトでは庁舎や大学のキャンパス向けの非常用電源として、1キロワット時当たり250ドル(約2万7600円)で8時間続けて電力を供給する実証試験を実施する。Zinc8によると、亜鉛はリチウムに比べて発火の危険性が低いうえ、入手しやすく、コストが安いのが利点だとしている。

情報元へのリンク
この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...