パスワードを忘れた? アカウント作成
14202030 submission

米国、再生可能エネルギーの消費量が石炭の消費量を超える

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
米エネルギー情報局(EIA)が先週、135年間で初めて再生可能エネルギーの消費量が石炭の消費量を上回ったと発表した。これには二つの相関する要因がある。過去10年間で石炭消費量が減少したこと。加えてシェールガスと再生可能エネルギ革命により、石炭に代わる安価でクリーンな代替物が生み出された点がある。それとほぼ同時に、炭素排出を抑制する政策が実施されたことが、石炭の消費量減少につながったという。

米国は昨年、80.5クワッドの化石燃料、11.5クワッドの再生可能エネルギー、および8.5クワッドの原子力を消費した。再生可能エネルギーは、10年前の8.1%に対して、2019年の米国のエネルギー消費の11.4%を占めるようになった。

再生可能エネルギーは石炭の衰退に重要な役割を果たした。一方で依然として化石燃料が最大のエネルギーシェアを占めていることも分かる。原子力に関してはシェアが横ばいのままで、石炭と同様、再生可能エネルギーに圧倒されてきている(ForbesSlashdot)。
この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...