パスワードを忘れた? アカウント作成
15027265 submission
日記

乳牛1頭でFCV1台の燃料を賄える

タレコミ by maia
maia 曰く、

2015年から北海道鹿追町で実証試験が行われているが、乳牛1頭の糞尿を処理すると、1年分でFCV1万km走行分の水素を得られるという(産経)。簡易型水素充填車や、水素を体積の1000倍貯蔵できる水素吸蔵合金タンク、燃料電池フォークリフト等も興味深い。メタン発酵装置は各社から出ていて、食品廃棄物や剪定枝葉等も利用されている。メタンガスは発電や熱源に利用できるが、一旦ガス化した後の水素化は容易い。ちなみに日本の乳牛は130万頭、肉用牛は250万頭くらいのようだ。実証試験の次の目標は2000頭分らしい。いずれにせよ規模的には地域単位で地産地消の話だとは思うが。

この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

読み込み中...