パスワードを忘れた? アカウント作成
15165953 submission
ビール

酒蔵の消毒用アルコールの7割強に芽胞産生性菌が含有されている

タレコミ by pongchang
pongchang 曰く、

酒造メーカーが発売している高濃度エタノール製品の微生物学的検討 尾家ら 日本環境感染学会誌 36 (1):72─74,2021 [abstract]

調べた9品目中7品目(77.8%)が100 mLあたり5~44 colony forming units(cfu)の微生物を含有していた.おもな汚染菌はBacillus spp.やPaenibacillus spp.などであった.
対照として調べた消毒用エタノール(76.9~81.4 vol%エタノール;医薬品)の計3品目ではいずれも100 mLあたり0 cfuであった.

Bacillus spp.やPaenibacillus spp.は芽胞をつくる菌なので、消毒にたいして抵抗性があり、アルコールは無効である。100度加熱しても死なない。アルコール蒸留は高温では無いし、日本酒のうち無濾過や生酒を売りにしている蔵元では充填機器も高度には滅菌されてはいないだろう。
小規模酒造業者向けHACCP手引き
製薬会社では「医薬品の製造管理及び品質管理の基準」[GMP(Good Manufacturing Practice)]があり、省令が定められ、GMP の動向と無菌充填技術も検討されているが、HACCPとGMPではレベルも異なる。

もちろん市中の人が手を消毒するには十分、だって手にも芽胞はあるから、逆にだからこそ石鹸で手を洗い皮脂とともに芽胞を洗い流す(物理的に除去する)のが大切。
でも、注射などの無菌操作には使わないでねという話


情報元へのリンク
この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

読み込み中...