パスワードを忘れた? アカウント作成
772978 submission
ハードウェア

次のVMwareはES1371エミュレーションでサウンドも実用レベルに

タレコミ by dai
dai 曰く、
VMware からカスタマー向けに 次期 VMware Workstation の Experimental Release (Version e.x.p, Build/Release 3981) が公開されたので 早速ダウンロードして使ってみた。
あくまで実験版なので、まだ細かなバグは残っているようだが、ユーザインタフェースが大幅に変更され、性能も向上しているようだ。
特に目(耳)についた改善は、これまでのサウンドコントローラSB16エミュレーションがES1371エミュレーションに変更されたこと。Linux ホスト (Turbolinux 8 Workstation, kernel-2.4.18-9) 上の Windows 2000 ゲストで MP3 音楽再生をしてみたが、これまでのようにブチブチと途切れることもなく、私の耳には問題のない十分な性能の音楽再生だった。(ホストのハードウェアは、Pentium III 600MHz, Memory 512MB, サウンドコントローラは、エミュレート対象と同じ ES1371。)
ハードウェアのアップグレード機能で、ディスクイメージを変換してしまうと、従来の VMware Workstation 3.2 とは互換性が無く、自分の環境で問題があったときに VMware Workstation を元のバージョンに戻しても変換後のディスクイメージは使えなくなってしまうので、事前のバックアップは必須だ。
バージョンが、3.X ではなくて、e.x.p になっているということは、これが正式リリースされるときにはメジャーバージョンアップとなるのだろうから、アップグレードも有償になると思われる。しかし、前回のメジャーバージョンアップ時と同じ(89US$)程度か、それプラスα程度の金額なら十分に価値のある機能・性能の向上だと思われる。
typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...