パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

14986265 comment

7743のコメント: Re:なに使ってます? (スコア 1) 45

FreeOTP使ってます。アイコンが自由に変えられるのが良い。あとオープンソース。
Google 認証システムはアプリを開いただけでキーが丸見えなのが欠点。ショルダーハックされてもセキュリティ上問題ないのかもしれんが。
Microsoft Authenticatorは自動的にアイコンを設定してくれるのが良い。

14948552 comment

7743のコメント: Re:とか言いながら (スコア 1) 103

互換文字の出自を見れば対応する通常の文字が同じ文字であることはわかりますし、普通文字コードを定義する場合に重複符号化は避けるべきなんですがね。まあ、そういう考えもありだと思いますよ。私もUnicodeの仕様の通りに文字を使うなんて苦痛すぎてやってられないと考えてます。
規格だけ決めても文化的なところを考えてなかったり、規格に沿うアプリが存在しなければ意味ないです。半角・全角が使われるのは結局そういうことなんだろうと思います。

14947496 comment

7743のコメント: Re:とか言いながら (スコア 1) 103

半角カナ使ってる奴も「枠幅が足りないから使うしかない」と思ってるかもしれないし、全角英数字使ってるやつも「縦組時に90度回転しないようにしたい」と思ってるかもしれない。
文字コードはレイアウトや大きさなんて規定してないので、そんな理由でいわゆる全角の約物を使うんなら、半角カナとか全角英数字使う奴を笑えないんですわ。見た目を問題にするんであれば使える文字はなんでも使っていい。当然見た目の再現性なんて無いんだけど。
互換文字の何が問題かというのは、実質的に同じ文字に対してコードが複数割りついていること。

14944870 comment

7743のコメント: シャープかな (スコア 3, すばらしい洞察) 105

「ハッシュタグ」という名前を知るより、#を使う方が早かったからシャープと呼んでる。
U+0023は"Number Sign"となっていて、音楽記号のU+266F "Music Sharp Sign"とは違うけど、電話機の#ボタンも日本人なら大体シャープって呼んでるしね。
今更「ハッシュタグ」なんてのは頭が受け付けないな。

14129515 comment

7743のコメント: Windowsの日本語ロケールでは文化的内部文字コードはCP932 (スコア 1) 141

ネイティブでUnicodeを使ってるなら「あ~ん」とか入力した場合ににょろっとしてる文字は波ダッシュで出てこなければならない。しかしそうなっていないのは、内部コードがCP932(Shift_JIS)だからであり、Shift_JISの波ダッシュをUnicodeの全角チルダに変換しているから。
他にもハイフンマイナス(U+002D)とかアポストロフィ(U+0027)は通常の文章では使わないが、コーディングやスクリプト等では使用するみたいなのも、GUIツールキットのテキスト入力欄かIMEで対応してないとユーザにとって負荷が高いのに対応されてない。
OSの思想がCP932ベース(というか、ASCII+α)なのに、外面だけUnicodeにしろとかおかしいと思わんのかね。

14099228 comment

7743のコメント: Re:そもそもJIS X 0208の英数字を全角にしなければよいのでは (スコア 1) 84

いわゆる全角であるJIS X 0208の"A"はUnicode名"LATIN CAPITAL LETTER A"なのでいわゆる半角の"A"と同じ文字ということになります。
もし別の文字としてマップして使用しているなら互換性維持の目的があって行っているはずなので、同一視するかどうかはどうせ互換性維持のほうが優先度高いので規格を決める意味がないと思われます。

14099199 comment

7743のコメント: Re:mohta式じゃなかったの (スコア 2) 84

JIS X 0213に各エンコードでどの文字を使用するべきかが書かれている。また、Unicode名名指しで、いわゆる全角半角文字は互換文字なので互換以外の用途で使うなと書かれている。
ちなみにUnicodeではCompatible領域となっているが、おそらく「丸括弧だけは全角じゃないと許さない派閥」の影響により、「互換性維持以外で使用禁止」みたいな記述から「特定の用途では使うこともあるよね」みたいな記述に変わっている。

typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...