パスワードを忘れた? アカウント作成
14963916 journal
宇宙

AC0x01の日記: ロシア、1段目を垂直着陸する新型ロケット「アムール」の開発を発表 30

日記 by AC0x01

ロシアの国営企業ロスコスモスは10月5日、1段目の再使用によりコスト低減を図る新型ロケット「アムール」の開発を発表した(マイナビの記事)。

「アムール」は燃料に液化天然ガス(メタン)を採用する中型の二段式ロケットで、名前は中ロ国境を流れるアムール川に由来する。米SpaceX社のファルコン9ロケットと同様に1段目を垂直着陸させて再使用することを目指しており、再使用で10.5t、使い捨てで12.5tの打ち上げ能力を持つとされる。1段目機体にはファルコン9と同じく着陸脚や格子状のグリッドフィンも搭載され、1段目は最低10回、将来的には100回の再使用を行いたいとしている。

初打ち上げは2026年の予定。開発費は700億ルーブルの見込みで、機体の簡素化や打ち上げの自動化と合わせて、打ち上げ費用を2200万ドルまで削減することを目指しているとのこと。

ただし、ロシアでは現在「ソユーズ5」「アンガラ」の2系統のロケット開発が(たびたび遅延しつつも)進んでおり、さらに「ソユーズ6」の開発も検討されていることから、アムールが計画通りに開発されるかはまだ未知数とも分析されている。なお、ロシアが同種の方式を採用したことについて、SpaceXのイーロンマスクCEOは「これは正しい方向への第一歩だが、2026年なら完全再使用を目指すべきだ」との強気のツィートを行っている。

  • by Anonymous Coward on 2020年10月19日 14時52分 (#3909337)

    着陸用の燃料のせいでペイロード激減りしそうなんだけどどうなんですかね?
    最近トレンドってことはそうでもないのかな。

    ここに返信
    • by simon (1336) on 2020年10月19日 15時11分 (#3909348)

      着陸用の燃料のせいでペイロード激減りしそうなんだけどどうなんですかね?
      最近トレンドってことはそうでもないのかな。

      ちゃんとタレこみ文に
      「再使用で10.5t、使い捨てで12.5tの打ち上げ能力を持つとされる。」
      って書いてあるじゃん。一段目を回収するために燃料が残ったまま早めに二段目に切り替えるので軌道に届けられるペイロードが2トン減るってこと。

    • by Anonymous Coward

      SpaceXみたいに、再利用時と使い捨て時でペイロードが大きくかわるんじゃね?

      ちなみにSpaceXのペイロードは、
      使い捨て>海上回収>陸上回収

    • by Anonymous Coward
      ロケットなんて最初っから「「「燃料を宇宙にもっていくための燃料」を宇宙にもっていくための燃料」を宇宙にもっていくための燃料」・・・が無数に積み重なってペイロードが激減りしてるようなもんなので、空になったガワを着陸させるだけの分は言うほど大したことないと思うよ。
      • by Anonymous Coward

        spacexの回収時のペイロード低下をみるに、回収だと相当大きく落ち込むんだが
        まあspacexは多くの顧客が1段目回収で打ち上げられるように、回収時でもペイロード多めにしてる
        よって、回収しない場合かなりペイロードが上がる

        • by Anonymous Coward

          一方で、今回のロシアのやつは、(現時点のカタログスペック上では)再使用と使い捨てのペイロードがあんま変わんないんだよね?
          ロケットのサイズ的にはファルコン9とあまり違わなそうなのに。この差は何なのか気になる。
          (使い捨てによる性能上昇幅が小さいだけなので、単に抑えて発表してるのかもしれんが。)

          • by Anonymous Coward

            「再使用で10.5t、使い捨てで12.5tの打ち上げ能力を持つとされる。」
            これであんま変わらないの?

            Falcon9は洋上で15%、陸所着陸で30%ぐらい(打ち上げ可能ペイロードのロスする割合)という事なので
            まあ、ロシアのビッグマウスを差し引けば大体同じぐらいじゃない?

            • by Anonymous Coward

              ファルコン9は…と思って英語版Wikipedia [wikipedia.org]みたら、最新型は
              「再使用で16.8t、使い捨てで22.8t」
              なんですね。パーセント的にはそれほど変わらなくて、一方でそもそも一回り大きかったわ。

              • by Anonymous Coward

                総質量550 t, 再使用16.8/使い捨て22.8 t → 74%に減少
                総質量360 t, 再使用10.5/使い捨て12.5 t → 84%に減少

                低軌道10tのペイロードが何を意図してるかが分からん

            • by Anonymous Coward

              > Falcon9は洋上で15%、陸所着陸で30%ぐらい
               
              一方ロシアは、適当にあいてる場所に着陸させた。
              なので無駄な噴射も最小限でロスが少なめ。

              • by Anonymous Coward

                そういやソユーズも基本、陸上だったな。

          • by Anonymous Coward

            使い捨て時に構造を大きく変更するかしないか程度では。

    • by Anonymous Coward

      海に落っことして、浮かんでくるまで待ったら駄目かな、
      衝撃で壊れるか

      • by Anonymous Coward

        そこでパラシュートを開く!

        なんて素人が考える事は普通にやってた [goo.ne.jp]

  • by Anonymous Coward on 2020年10月19日 16時00分 (#3909389)

    ウルトラホーク2号を見て、子供ながらに「子供だましだなあ」と思ったのは良い思い出。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      そのコメントはあなたがご覧になったのが本放送(1967~1968年)か再放送なりビデオなりか、
      いつ頃かで意味がかなり大きく変わるかと。
      スペル星人見ました?←判断方法がひでえ

      もっと後に、MAT・科特隊・ウルトラ警備隊のメカにそれっぽい理屈をつけて
      ファンの絶賛を浴びたムック「Ultra Weapon World」では似た時期のSFロケットの
      大気圏再突入方法を
      「尻まくり」(逆噴射による垂直着陸、「怪獣大戦争」P1号)
      「腹みせ」(これはスペースシャトル)
      「飛び込み」(飛行機型宇宙船が機首から大気圏突入、「怪獣総進撃」ムーンライトSY-3)
      「ふんわり」(これはその頃やってたΖガンダムで多用したバリュート)
      と分類した上で、ウルトラホーク2号を(画面で見えないところで)
      バリュートによる大気圏突入&格納式グライディングウイングによる滑空、
      と設定してましたな。SF設定が「おおらか」から「小難しい理屈」なった時期の
      設定遊びの代表格な本でした。

    • by Anonymous Coward

      サンダーバードの1号と3号はどう思いましたか。
      3号は単段で大気圏脱出する能力がある。
      1号は水平姿勢(横倒し)で垂直離発着できる。
      どっちもすごいな。

  • by Anonymous Coward on 2020年10月19日 16時14分 (#3909405)

    やってみたら使い捨てより費用が掛かりました。
    なんて事にならないと良いけど。

    部品数が圧倒的に少ないし、大丈夫なのかな・・・

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      スペースシャトルってもう40年前の機体ですよ。現代の技術でやってみたら、使い捨てより安く上がりました、って実証されたからこそ各社こぞって参入しようとしてるんですよ。

      • by Anonymous Coward on 2020年10月19日 17時48分 (#3909473)

        スペースシャトルは、宇宙速度の機体を空力で減速するので、全面に耐熱パネルを貼らないといけない
        この耐熱パネルのメンテナンスに巨額の費用がかかる

        最近の1段目回収ロケットは、宇宙速度まで出てない1段目を、逆噴射で耐熱パネル不要な速度にまで減速して回収
        宇宙速度出てる2段目は回収せず使い捨て

        現代の技術っていうより、回収部分の違いが大きい

        • by Anonymous Coward on 2020年10月19日 18時31分 (#3909508)

          現代の技術でやってみました [wikipedia.org]

          • by Anonymous Coward

            でもきっとお高いんでしょう?

            • by Anonymous Coward

              シャトルだと活動時間は精々2週間ですが、X-37Bは2年以上のミッションをこなしています。
              日割りで考えると結構お得では。

              • by Anonymous Coward

                無人の人工衛星として見れば特に長期間使えるってわけでも無い。
                はやぶさは7年かけて帰って来たんだよな。

              • by Anonymous Coward

                離着陸回数を見るべきなんですかねえ

                つか用途は持って帰りたい物があるとかなのか?
                或いは機体が再利用出来るのが良いのか?

              • by Anonymous Coward

                人工衛星じゃ大規模なペイロードを上げる事も降ろす事も出来ないからなぁ。
                もちろんそのために専用設計することはできるだろうけど、それこそコストが見合わんだろう。

                はやぶさのサンプルコンテナ(サイズはもも缶ぐらい?)を回収するのに
                どれだけ手間がかかってるか・・・

typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...