パスワードを忘れた? アカウント作成
623228 journal

ADの日記: 続IEを投げ捨てるべきではない

日記 by AD

IEがお行儀悪いのは認めましょう。頭にくることもあるだろう。しかし、HTML文書は上っ面の見栄えではなく内容を伝えるためだけのものであり、CSSはそれを補うものである。CSSは利用できる環境では素晴らしく見える付加価値であり、対応していない環境にとっては空気の如き存在でよい──と思っているのだが、間違っているのだろうか?IEで使用できないことの何が問題であるのか。商業的にデザイナの方々が問題としているというなら納得するけどね。

あと 修正: Internet Explorer 使用者を熱湯で啓蒙の内容には疑問があります。

例えるなら、IEは犯罪者ながら幼児(ユーザ)たちを保護しています。なぜなら、彼らの使用範囲では、IEは十分にWebブラウザとして機能しているのですから。完全に機能していないなら必然的に見放されています。

幼児(ユーザ)たちはIEという犯罪者には、身近な存在として親しみを持っていることでしょう。それがある日、「IEは犯罪者である!こんなものは悪だ!」といわれ打ち据えられ、挙句、楽しみにしていたコンテンツは見せてもらえない。本当に致命的な技術的不足ではなく、IEだからという理由で、です。それはアメリカナイズで身勝手な正義としか理解されないでしょう。IEユーザーが恨みこそすれ、親しみを持ってもらえるとは思えない。

IEは駄目だ!MozillaやFireFoxを使え!それはWebサイト製作者の幸せのためである!──みたいに見えるのね。私からればこのお話は。

私は今回の騒動をIEに対する過激なネガティブキャンペーンであると考えています。だからどうだということはありませんが、ネガティブキャンペーンはアメリカ選挙戦でおなかいっぱいです。

IEは駄目だ!──ではなく、「やぁマーク、ここにすごいブラウザがあるんだ!見てくれないか!(通信販売風w)」ってな具合に、ポジティブキャンペーンなら大いに期待します。

甘いことを言うようですが、IEユーザが自ら納得して、進んでIEに別れを告げてくれるようでなければ意味がないと私は思うのですよ。せめて、IEを弾くような仕様ではなく、「Mozilla乗り換え強化月間!今なら特典付き(大嘘)」みたいにならないものか。(もっともIEユーザーとの親和性はOperaの方が強いと思いますけど。デフォルトユーザスタイルのせいかな?)

[追記]:人間の興味には限界があるわけで云々。そういう意味でM社は罪ななわけで云々。M社は競争でリーダシップを執るような姿勢をとりながら今は云々。HTML文書は表現の差異で内容が損なわれるものではならない云々。──不満は次々と口を付いて出てくる。競争相手を貶めることにより自らが優位に立とうとするのは非常に楽なことである。楽であるが故に、その多くがただのノイズとして埋もれていったことを意識すべき。相手を貶めることよりも、自分を純粋に高く評価してもらうことは難しい。しかし、だからこそ特別な価値もある。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...