パスワードを忘れた? アカウント作成
14031346 journal
テクノロジー

Bill Hatesの日記: 4代目ホンダがフィットなどを発表 4

日記 by Bill Hates

ホンダは東京モーターショー20194代目になるフィットなどを発表した。新型フィットは1.5Lハイブリッドと1.3Lのガソリンエンジンが設定され、ハイブリッドシステムは従来の1モーターから2モーター式に変更されている。外観はSUV風の「クロスター」も用意され、2020年2月発売だという。

他に後輪駆動の小型EVのHonda eが発表された。電動では二輪スクーターの「ベンリィ」とスリーターの「ジャイロ」の電動モデルのような「BENLY e:」と「GYRO e:」が世界で初公開されたが、「BENLY e:」は2020年春に発売される予定だという。ホンダの小さいビジネスバイクのうちカブの電動モデルは発表されなかった。小型電動バイクではカブのような変速機は不要であるのでカブの電動モデルが出るとしても「BENLY e:」をカブのイメージに近い外装に変更することになるのだろうか。

北米ですでに発売されているアコードは2020年に国内発売予定として公開した。

フィットのモデルチェンジといえば、リコールが繰り返され購入者を辟易させた記憶が新しい人も多いかと思うが、今回の変更でも大きな新機構が盛り込まれているようだ。不具合を隠蔽することに比べればリコールは真っ当な対応ではあるが、今回はリコールが少なくて済むかどうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...