パスワードを忘れた? アカウント作成
14266277 journal
日記

Bill Hatesの日記: アベノアワレ 16

日記 by Bill Hates

新型コロナウイルスに関する日米欧6カ国の国際世論調査で、自国のリーダーがコロナ危機へ適切に対応できているかを聞いたところ

  1. ドイツのメルケル首相:+42
  2. スウェーデンのロベーン首相:0
  3. フランスのイケメン大統領:-11
  4. イギリスのだらしないおっさん首相:-12
  5. アメリカのジャイアン大統領:-21
  6. 日本・のび太総理大臣:-34

ドイツ人は母国に甘く、日本人は母国に厳しいという国民性を見ているだけのようにも思えてしまうわけだが。現状じゃドイツのかわいいおばさんよりは、貴様はもう死んでいる安倍氏の方がまだましないんでないの(もう死んでいるので今後まともな策は出そうにない)。8/12の新規感染者および死亡者数はドイツは1,320人と8人スウェーデンは273人と5人フランスは2,524人と0人イギリスは1,009人と20人アメリカは54,345人と1,386人日本は1,282人と7人

各国の人口は、グーグル先生によればドイツが8,302万人、スウェーデンが1023万人、フランスが6,699万人、イギリスが6,665万人、アメリカが3億2,820万人、日本が1億2650万人とのこと。人口で日本を1とした場合にドイツは0.66、スウェーデンは0.08、フランスは0.53、イギリスは0.53、アメリカは2.59。人口比で比較すると新規感染者および死亡者はドイツは日本の1.56倍と1.7倍、同様にスウェーデンは2.7倍と9倍、フランスは3.71倍と0倍、イギリスは1.49倍5.3倍、アメリカは16.37倍と207倍。1日だけでなく10日分くらいで比較すべきであるが面倒なので省略。

日本は「東京アラート」終了後あたりから感染者が再び増加し始め、Go To コロナキャンペーンが拍車を掛けて急増することはもう明らかではあるが。
ドイツとフランスは5月中旬に感染拡大防止に成功して8月の死亡者が少なくなっているようだが、7月に入ってから感染者が増加、イギリスは新規感染者が減少したのちに微増に転じており、スウェーデンも同じ傾向になりそうなので欧州各国は第二波か第三波か知らないが近日中にまた死亡者が増えそうな感じである。アメリカはなんというか、ジャイアニズムの暴走が止まる気配がないというか大統領選挙やってる場合かっていう。フランスの最近の死亡者が少ないのは死人に構ってる暇がなくなったからからではないかと勘ぐってしまう。

Active Casesで比較すると日本が14,263人。ドイツは人口比で日本の1.24倍の11,674人、フランスが12.28倍の92,853人、アメリカが64.39倍の2,378,568人だがスウェーデンとイギリスは報告されていないらしく、実態を把握できているのかどうか。この数字ではドイツは4月初旬に7万人を超えていたが治療終了の患者がかなり多く、日本は4月下旬に1万人ちょっとだったのが減少に転じたのちに7月から急増し、ドイツとの差が小さくなったように読み取れるので、この1点なら「治療では」日本よりドイツの方が良い結果を出していると判断して良さそう。8/12での死亡者総数はドイツは9,276人と日本の1,059人と比較すれば日本の13倍以上であるものの、患者が大量に死んだのでActive Casesが減少したわけではないだろう。

という状況でアベガー最低ーと言われてもまだ説得力を感じない昨今であるが、ベトナムでは死者が出た途端に感染者数も急増していることから、感染の状況をようやく把握できるようになっただけという印象が否めない。カンボジアもベトナムと似た傾向になるのでそのうち死亡者が「確認」されるような気はする。台湾・韓国・タイと日本の4カ国で安倍が最低だというならその通りだろう。この3か国はActive Casesのグラフで早期にピークを迎え、現在はピーク時よりかなり少なくなっているが、日本も7月初旬までは似たような経緯になっていた。日本は6月中旬に大きな間違いをした、ということのようだが東京アラート終了の時期と見事に重なる。警戒を緩めてはいけない時に「感染者が減ったので経済を優先させよう」と先を読み間違えた誰かがいたのは間違いなく、安倍に提言した「専門家」がいたように思えてならないのだがその戦犯は誰なんだろう。安倍が勝手に判断したのであれば安倍に自白していただきたいし、別人であれば要注意人物として記憶しておきたいところ(二階や麻生太郎であれば「だめ政治家代表格」の評価を変える必要はないと思うが)。

欧州ではドイツが優等生という結果でいいのだろうけど、政策がどうではなく、ドイツの医療技術は今でも世界最高水準で、ドイツ人の文化にはラテン民族諸国の「コロナになってもいいからハグさせろキスさせろマスクなんて死んでもしないぞ」みたいなどうしようもないのが含まれないのが最大の理由ではなかろうか。ドイツの近隣国だとデンマーク、オーストリア、ポーランドは話題に出ないが人口あたりでドイツよりずっと少なく、反面ドイツからフランス寄りおよびイタリア寄り(ラテン度増加方向)だとベルギーは大惨事でオランダも結構多いが東側はそうでもないんだよなあ。

ちょっと前にアメリカが「イタリアは国民総保険だからコロナ蔓延を抑えられなかった」とか批判したという記事があったように記憶しているが、ヨーロッパの優等生ドイツと、東アジアの日本・韓国・台湾も国民総保険で、タイでは全員ではないものの7割程度は加入しているようなので「健康保険に入っていない人が多い国ほど蔓延する可能性が高い」という常識の範囲内に収まっているんだろうな。イギリスも国民総保険だが制度がめんどいのと首相が罹患してしまう程度じゃ国民も危機意識が低かったんだろうなと。アメリカは医療制度を見直すべきいい機会だと思うんだが、2人の大統領候補には気付かれずに済んでしまいそうだ。保険料が高くて加入していないと虫歯の治療費が高額すぎ、貧乏人はすぐに抜いてしまうので「虫歯が少ない国」になるような社会は先進国としては間違ってると思うぞ。臓器売買市場が中国に次ぐ2番目の規模とかもどうにかすべきだとは思うが。

  • by alp (1425) on 2020年08月13日 22時21分 (#3869885) ホームページ 日記
    そういう意味では「専門家会議」の責任が重大でしょうね。

    「経済はどうでもいいから感染拡大を抑えるために経済活動は停止すべき」との判断は立場上おかしくはないんですけど、それを政府を通さないで前のめりでマスゴミに垂れ流した結果、専門家会議解散になって、感染を抑えようという立場のメンバーが空白状態になったのが直接原因と見ています。

    当時旗振っていた尾身氏の判断ミスのように外野からは見えるけれど、どういう経緯でこうなったのかはわからない。

    ここに返信
    • by Bill Hates (2038) on 2020年08月14日 0時51分 (#3869956) 日記

      なんとなく尾身さんはGo Toキャンペーンは好ましくないと考えながらも流されて「旅行するだけでは感染しない」と言わされて、すぐに改心したような印象はあります。意見を述べる立場にあっても決定する権限は尾身さんにはなかったような雰囲気を感じますがどうなんでしょうね。

      Go Toキャンペーンは「経済を止めるな」の視点からでも時期尚早だったと思うのですが、新規感染者が2桁後半を維持している状態だったにも関わらず実行したのは愚民には理解に苦しむところです。現状第二波が第一波よりもひどい国って日本以外にあるのでしょうか。これで責任を問われる人が出ないのであれば、謎が謎を呼ぶ次第でございます。

      お盆休みでまた拡大しそうな気配は感じます。

    • by Anonymous Coward

      日本の感染症の専門家と呼ばれる人達は、他の医師や科学者の組織とは隔絶された社会にいるから。
      世界中の感染症対策の研究機関や医療機関が新型コロナウィルスの論文や報告を発信する中、日本は秘密主義でほとんど公にされない。
      会議の議事録も公開されないし、有名な8割おじさんもいつまで経っても自分の発言の根拠を示さなかった。

      べつに利権にまみれて能力や成果がないと言うわけではなく、真剣に感染症対策に取り組んでは居るのですよ。
      ただ成果はあっても、あまりに独善的で非科学的な姿勢が受け入れられない。

      • by Bill Hates (2038) on 2020年08月14日 1時12分 (#3869961) 日記

        「Go To トラベルで旅行に行った後に感染が判明した」と言ってた人など、感染から1週間で陽性判定の人がそこそこいるように思えるのですけど、今でも「2週間前」と言い続ける人が結構いますね。平均したら2週間後なのかもしれませんが、最短も気にしないと良い対策はできそうにないと思うのですがどうなんでしょう。

        適当にググったら2020年7月17日に『それでも「Go Toキャンペーン」をやるべき3つの理由 [diamond.jp]』という記事を書いている人がいたのに気付きました。「旅行業界が壊滅的な打撃を受けている」「旅行需要はつくり出すことができる」「タイミングが今しかない」だそうですが、「旅行業界が壊滅的な打撃を受けているのは他国でも同じであるが、旅行を推進するような国は他にない」「旅行需要で人を移動させれば感染拡大に繋がる」「感染者が減少し、感染拡大のリスクが小さくなるまで待つべき」としか私には思えません。この人は記事を書いた1か月後でも間違っていなかったと胸を張って言えるのでしょうか。言えたらある意味大人物でありますが、そんな人にはもう記事を書かせるなと。

        • by Anonymous Coward

          >旅行を推進するような国は他にない

          これはさすがに嘘だよ。
          他国を語るなら、せめて英語圏のニュースサイトも見ませんか。

          • by Anonymous Coward

            そこで具体例を出さなきゃ
            書いたら死ぬ病気でも患ってるのか?

            • by Anonymous Coward

              >旅行を推進するような国は他にない
              これは間違い

              EUの国々、例えばイタリア、フランスなど gotoキャンペーンを実施している国は沢山ある

            • by Anonymous Coward

              「英語圏のニュースサイト見ろ」というのは具体例じゃないのだろうか
              教えてクレクレする前にググレカスみたいなもんだと思うが、ピンポイントでポインタを示さないとダメなのだろうか

      • by Anonymous Coward

        大元は、欠陥憲法改正に反対して且つ遵守を主張している、護憲主義者。

  • by Anonymous Coward on 2020年08月13日 20時29分 (#3869837)

    発熱したらみんな病院に行くとか、死亡者の死因を全部きちんと調査するというのは、相当に裕福な国でないと難しいですね。
    危険な伝染病を概ね克服した先進国でも死者が出たから大騒ぎになってますが、それは先進国から見た視点。

    そうではない国では、他の伝染病の死者も相当に多いので、数ある危険な病気の一つという扱いになっても仕方が無い。
    平均寿命が70台前半以下の国だと新型コロナで死んでも寿命と大差が無いという可能性もある。
    若い人の症状が軽いなら、他の伝染病に比べてまだマシとも言える。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年08月13日 20時52分 (#3869849)

    >日本・のび太総理大臣:-34
    相手が反論しないのを良いことに自国の代表を貶めるというのは、相手に甘えすぎだよな。
    幼稚。

    まぁ、この時代にBill Hatesとか名乗り続けるだけの老害だけあるな、と同じレベルになって貶めておきましょう。

    ここに返信
typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...