パスワードを忘れた? アカウント作成
15484957 journal
日記

Bill Hatesの日記: イベルメワクチンを届けることは諦めないぞ

日記 by Bill Hates

イベルメワクチンは届けてくれなくていいと日記に書いたのちにBBCがイベルメクチンをフルボッコにしていた記憶があるのだが、光の戦士原ロー博は日本国民にイベルメクチンを届ける戦いを続けているようだ。彼によると効果が確認されているかどうかより、開発された国の方が重要らしい。確かにイベルメクチンは治験中だがうるさい奴らを黙らせるために「プラセボと有意差がない」ことを確認するためにやってるんじゃないのか?根拠とされた論文がことごとく取り下げられたり排除されたりして皆無になってるのに治験を続ける理由が他にあるなら教えて欲しい。

与党にも推進議員がというけれども自民党にだって残念議員は掃いて捨てるほどいる(割合では立憲さんの方が残念さんはずっと多いのだけどどちらも吐いて捨てるのは難しい)。マレーシアでさえ推奨しないことになったのに、立憲民主党はどんだけ発展途上なんだよ。日本では感染者数が激減して治験が困難になったからマレーシアに倣いますではダメな理由は何かあるんかい?立民関係者が株を買い占めてるとかそんなのか?

個人的には「遅れて来たワクチン希望者」の受け皿の方がずっと重要に思うのだが立民さんの耳には届かないんだろうな。様子を見ていたら受付が終了していたとか、最近になって反ワクチンの洗脳が解けた人って日本中に散在していると思うんだよなあ。有償で受け付けるくらいの案は出ないのだろうか(与党も同じなんでこの部分はりつけんさんだけがバカとか言わない)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...