パスワードを忘れた? アカウント作成

ChaldeaGeckoさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 Idle.srad.jpは、あなたの人生において完全な時間の浪費です。見るなよ、見るなよ。

15409567 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: シン・デカルト主義

日記 by ChaldeaGecko

デカルトといえば「我思う、故に、我在り」ですが

以後の哲学は現代に至るまでこの影響を色濃く残しており、同時に、それに対する批判も生まれている(例えばカント『純粋理性批判』やフッサール『デカルト的省察』などにおける批判)。現代ではしばしば、デカルトのコギトの存在確立が近代の幕開けとなったといわれ、ポストモダンなどの見地から様々な形で批判されることがある。しかし、一般に大陸合理論の立場からいえば、デカルトの命題は自我の存在を証明する推論ではない。例えば、哲学者ガッサンディはデカルトの命題を、「(1)全て考えるものは存在する、(2)私は今考えている、(3)ゆえに私は存在する」という三段論法と異ならないと指摘する。そして、デカルトのコギト命題はこの三段論法の形式に則っておらず、雑であると難ずるのである。しかし、デカルトにとって、「(1)全て考えるものは存在する」は、未だ疑わしい。意識作用の直接性から「直観として」導かれたものが、コギト命題である。故に、これを単なる論理の推論と考えるのには慎重を要する。これはむしろ「いかなる推理(syllogism)からも帰結(concluditur)されない或る根本的な観念(prima quaedam notio) - (デカルト)」であり、デカルト自身も、「ゆえに」という接続を相応しいとは思っていなかったようである。

独我論というものもあります。

独我論(どくがろん、英: solipsism ソリプシズム、独: solipsismus ゾリプシスムス)は、哲学における認識論の見方の一つで、自分にとって存在していると確信できるのは自分の精神だけであり、それ以外のあらゆるものの存在やそれに関する知識・認識は信用できない、とする。

両者をミックスしたのがシン・デカルト主義なのです。デカルトの「ゆえに」を「同型」だと定義し、独我論とあわせ「心は宇宙全体(単一の実在)と同型である」としました。つまり、宇宙の活動のほとんどは無意識に、脳の一部の活動など、ごく一部だけがクオリアとして意識に知覚されるということです。
正確に言えば、「認識」というものを完全に取り除いています。同型性が心と実在をつなぎ、「認識しているというクオリア」が生じます。つまりこの世界には「クオリア=宇宙しかない」のです。

この考えは、ドナルド・ホフマン『世界はありのままに見ることができない なぜ進化は私たちを真実から遠ざけたのか』によく似ています。独立に考えましたが、出発点が近かったのでしょう。超シンプルな話なので、似るのも不思議ではありません。

「夢が光景にレンダリングされるのはどういう仕組みだろう」と思っていましたが、phason先生の日記:「数」を認識できない男

RFSの症状で特徴的だったのは,「数字」が認識できないというものだ.例えばスポンジでできた「8」の字を渡すと,彼には「何かぐちゃぐちゃな変な形をした物体」としか認識されず,その絵を描いてほしいと言われてもぐちゃぐちゃで意味をなさない形(何かの抽象画のような,まるで「8」には似ても似つかない形)しか書くことができない.手で触って形を認識してもらうと,部分的なカーブや形状はよくわかるが,全体としての形を認識しようとした瞬間=それが数字だと判明する瞬間,その形状は頭から抜け落ちなんだか意味の分からないぐちゃぐちゃな形に感じられてしまう.

これを見て、もし視覚レンダラーが存在したとしても、認識モジュールと同時に壊れる可能性はほぼないだろう、レンダリングしているのは認識モジュール自身でしかありえないと考えました。しかし認識モジュールがレンダリング作業もするというのはかなり不自然だし、進化論的にもなさそうだし、そもそもどういう仕組みでレンダリングしているのか見当もつきません。脳はよく調べられているから、認識には関係ないレンダリング回路があればすぐわかるはずです。というわけで「脳の情報処理がそのまま知覚、クオリアになっている」という結論にいたりました。そうすると物理の話は心には無関係になります。物理が担う、もしくは物理の背後にあるだろう情報の流れが関係するのでしょう。そうすると身体や脳の内外を区別する理由がなくなります。どこまでいっても区切りはなく、結局「宇宙全体が一人の人間の心を生んでいる」となりました。ただし独我論とは違い、他人にも心があることは宇宙の仕組みから間違いないです。

つぎは「宇宙の活動のうち、クオリアになるものとならないものはどう違うのか」が問題になります。クオリアになるものならないものがあること自体はだまって受け入れるしかないことです。まあこれは普通の脳科学でもおなじことですが。

シン・デカルト主義は日常感覚から遠く隔たっていますが

  • きわめてシンプル
  • 心を生み出すメカニズムを考えなくていい

という大いなるメリットがあります。未解決の問題は、普通の科学でも未解決なままです。ドナルド・ホフマンの本にもありますが、物理法則は人間の知覚や認識や思考の産物であり、真の実在のあり方とはかなり異なるでしょう。今のループ量子重力理論でさえ、時間は人間の心が生み出した幻であるという考えになっています。

15398683 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: なぜプログラミングを学ぶとバカになるのか? 3

日記 by ChaldeaGecko

それはプログラミングは強烈な成功体験を与え、具体例をそのまま一般化する思考が身についてしまうからです。「過去の成功体験を繰り返そうとする」という、愚かさの代表みたいなものです。
抽象的な思考がすでに身についている人であれば、これはとくに問題になりません。半ば無意識に抽象化とのバランスをとるからです。スラド民の多くはここでしょう。しかし同僚や発注先に「ヘボプログラマ」を見たことがない人もいないでしょう。

たとえば、「undo可能なツリー構造エディタ」であれば、ノードはimmutableな関数型にしたほうがいいでしょう。しかしオブジェクト指向の成功体験があると、ノードにundoメソッドをつけてしまいます。しかしこれでは、ツリーそのものが変わるような場合にうまく対応できません。一から設計するなら関数型を選択するプログラマでも、undoが追加の要求であれば、それまでうまくいっていたオブジェクト指向を放棄するのはとてもむずかしい。そういう事情を知らずにコードだけ渡された人は

void undo() {
    if (!deletedChildren.isEmpty()) {
    ...
    }
    ...
}

といったものを目にして血圧が100ほど上がるのです。

小学生の多くも抽象化能力は十分に発達していないと思われます。したがってプログラミングの「義務教育化」は好ましくない結果を招くことは必然です(もちろんデキる子は別です)。

プログラミングが有用なスキルであることは明らかですが、学ぶべき時期というものがあります。幼いころはバイオリンの演奏や抽象化能力を鍛えた方がいいでしょう。簿記も有用なスキルですが、高校以降がいいでしょう。

15366288 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: 2050年、あなたの子供は生きてはいない! 2

日記 by ChaldeaGecko

持続可能社会では人口を減らすしか一人の分け前を増やす方法がないので、殺し合いの社会になっているでしょう。中共が仏様のような国になると思う人はそのまま生きていればいいでしょう。持続可能社会になっていなければ、状況はもっと悪いでしょう。

システム理論によれば、正のフィードバックを制御できないいかなるシステムも、確実に、突然破綻します。ここでは、破綻=殺し合いの社会かそれより悪い状況への移行、と考えてもらえればいいでしょう。自分はそうは思わないという人はそのまま生きていればいいでしょう。

近いうちにカーボンゼロ排出を達成できれば破綻は先送りできるかもしれません。それがコロナより簡単だと思う人はそのまま生きていればいいでしょう。

やっぱコロナを見てしまうとどうしようもありませんわ。

> 8月9日、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が「第6次評価報告書」の第一弾として、第1作業部会(科学的根拠)の報告書を発表します。

なにが出ても驚かないように。

15366223 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: Amiron Wireless

日記 by ChaldeaGecko

という、beyerdynamic))))のちょっと高めなワイヤレスヘッドホンを中古で買いました。DT770をちょっとリッチにした感じで、昭和のアニソン・特ソン最強なのです。それだけでなく、なにを聞いても昭和歌謡にする不思議なヘッドホンなのです。

15361447 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: ジェイコブズ「猿の手」の教訓は「頭の悪いやつは他人の不幸を望む」なのです

日記 by ChaldeaGecko

『魔法少女まどか☆マギカ』の元ネタにして、三つの願いで超有名なW・W・ジェイコブズ「猿の手」なのです。原文

Father and son were at chess, the former, who possessed ideas about the game involving radical changes, putting his king into such sharp and unnecessary perils that it even provoked comment from the white-haired old lady knitting placidly by the fire.

主人公は息子とチェスをしていますが、下手です。妻は夫の不味い手を見抜いています。

"Morris said the things happened so naturally," said his father, "that you might, if you so wished, attribute it to coincidence."

猿の手を持ってきたモリス曹長が言うには、「願い事はごく自然に、偶然のように叶う」のです。

一つ目の願いは「200ポンド欲しい」です。家のローンの残り額です。今の200万円くらいです。

"It moved," he cried, with a glance of disgust at the object as it lay on the floor. "As I wished, it twisted in my hand like a snake."

願い事をしたときに猿の手が動いたと主張しています。息子の事故死の見舞金として会社が200ポンド持ってきました。妻は息子を生き返らせるよう願ってくれと言っています。

"We had the first wish granted," said the old woman feverishly; "why not the second?"
"A coincidence," stammered the old man.

主人公も「偶然だ」と言っています。

"He has been dead ten days, and besides he—I would not tell you else, but—I could only recognize him by his clothing. If he was too terrible for you to see then, how now?"

父親は息子の死体を見たが、ぐちゃぐちゃだったので服で判断するしかありませんでした。

He raised his hand. "I wish my son alive again."

二つ目の願いは「息子がまた生きてほしい」です。

But her husband was on his hands and knees groping wildly on the floor in search of the paw. If he could only find it before the thing outside got in. A perfect fusillade of knocks reverberated through the house, and he heard the scraping of a chair as his wife put it down in the passage against the door. He heard the creaking of the bolt as it came slowly back, and at the same moment, he found the monkey's paw, and frantically breathed his third and last wish.
The knocking ceased suddenly, although the echoes of it were still in the house. He heard the chair drawn back and the door opened. A cold wind rushed up the staircase, and a long, loud wail of disappointment and misery from his wife gave him courage to run down to her side, and then to the gate beyond. The streetlamp flickering opposite shone on a quiet and deserted road.

主人公は息子の無残な死体を見ているので、ゾンビとなって帰って来たと考えました。しかし「願い事はごく自然に、偶然のように叶う」のだから、ゾンビはありえず、「死んだのは人違いでした。てへぺろ💛」しかありえません。先の読めない主人公の考え違いなのです。妻は頭がいいので息子が元気に戻ってくるとわかっていたようです。妻の「長く大きな嘆き声」があったので、元気に帰って来た息子が「留守かな?」と思って去る時間は十分あり、それなら200ポンド丸儲けのハッピーエンドです(一人死んでますが)。

三つ目の願いは具体的には書かれておらず、そもそも猿の手に本当に魔力があるのかどうかも定かではありません。

His hand grasped the monkey's paw, and with a little shiver he wiped his hand on his coat and went up to bed.

猿の手が動いたのも自分でgrasp握りしめただけです。

"Did you give him anything for it, Father?" inquired Mrs. White, regarding her husband closely.
"A trifle," said he, coloring slightly. "He didn't want it, but I made him take it. And he pressed me again to throw it away."

ちゃんと猿の手のお礼をしているし

Mr. White took the paw from his pocket and eyed it dubiously. "I don't know what to wish for, and that's a fact," he said slowly. "It seems to me I've got all I want."

欲のない満ち足りた一家だと何度も強調されます。

deserted roadは普通には「人気のない道」ですが

desert
名詞
[複数形で] 当然の報い,相応の賞[罰] 《★【用法】 悪い場合が多い》.
get [meet with] one's (just) deserts 相応の賞[罰]を受ける.
[古期フランス語 ‘deserved' の意]

road
3 : a route or way to an end, conclusion, or circumstance
on the road to success

「当然の報いの行く末」といった意味とのかけことばになっています。街灯が照らしているから明るいのでしょう。

ウィキペディアのあらすじ

老いたホワイト夫妻と彼らの息子ハーバートは、インドの行者が作った猿の手のミイラを、知り合いのモリス曹長からもらい受けた。モリスが言うには、猿の手には魔力が宿っていて、持ち主の望みを3つだけ叶える力があるらしい。だがそれは、「定められた運命を無理に変えようとすれば災いが伴う」との教訓を示すためのものであり、自分も悩まされたという理由で渡すことを渋るモリスから、ホワイトは半ば強引にもらい受けたのだった。ハーバートが冗談半分で家のローンの残りを払うのに200ポンドが欲しいと言ったため、ホワイトはそれを願うが、その時は何も起こらなかった。
翌日、ハーバートが勤務先の工場で機械に挟まれて死んだとの知らせがホワイト夫妻のもとへ届く。会社は賠償を認めないが、日頃の勤労の報酬として金一封である200ポンドをホワイト夫妻に支払った。
ホワイト夫妻はハーバートの死を嘆き悲しんだ。そしてある夜、どうしてもあきらめきれない妻は、ホワイトにハーバートを猿の手で生き返らせてほしいと懇願する。ホワイトはハーバートの凄惨な死体を見ていたので懸命に妻をなだめるが、半狂乱になって訴える彼女を断り切れず、2つ目の願いをかけた。しばしの後、ホワイト夫妻は自宅のドアを何者かがノックする音に気付く。ハーバートが帰ってきたと思った妻は狂喜して迎え入れようとするが、その結果を想像して恐怖したホワイトは猿の手に「息子を墓に戻せ」と最後の願いをかける。すると、激しいノックの音は突然途絶えた。
結局、平凡な日常にささやかな抵抗を試みたホワイト夫妻は、大きな代償を払って元の日常に戻った。

「息子を墓に戻せ」などというセリフは原文にはありません。

この小説に教訓があるとしたら、「頭の悪いやつは他人の不幸を望む」です。

まどマギには街灯がやたらと出てきます。「人知れず街や人を守る」魔法少女の隠喩ですが、原文最後の文が由来でしょう。

15355600 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: ハインライン『夏への扉』は21世紀に独立戦争をしかけに行くのです 1

日記 by ChaldeaGecko

https://note.com/heelindog/n/n551875d214cc
整形が面倒なのでこっちに転載はしません。

15351896 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: 買ったものの値段を調べてはいけない

日記 by ChaldeaGecko

昨日デノンのサウンドバーをアマゾンで20500円ほどで買い、今日配達されたのですが、先ほど見たところ17990円になっていました。kakaku.comはチェックするのを忘れていました。
断じて2万円のオーディオは2万円よりいい音は出ません(それ以下の音がでることはあります)。サウンドプロセッサーと取り回しのよさがメリットです。

15350235 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: ハインライン『夏への扉』福島正美訳はいちばん大事なところを抜かしたゴミなのです

日記 by ChaldeaGecko

But what would I have done if I had seen it? Gone there, met myself—and gone stark mad? No, for if I had seen it, I wouldn’t have done the things I did afterward—“afterward” for me—which led up to it. Therefore it could never have happened that way. The control is a negative feedback type, with a built-in “fail safe,” because the very existence of that line of print depended on my not seeing it; the apparent possibility that I might have seen it is one of the excluded “not possibles” of the basic circuit design.

“There’s a divinity that shapes our ends, rough-hew them how we will.” Free will and predestination in one sentence and both true. There is only one real world, with one past and one future. “As it was in the beginning, is now and ever shall be, world without end, amen.” Just one…but big enough and complicated enough to include free will and time travel and everything else in its linkages and feedbacks and guard circuits. You’re allowed to do anything inside the rules…but you come back to your own door.

I’m not the only person who has time-traveled. Fort listed too many cases not explainable otherwise and so did Ambrose Bierce. And there were those two ladies in the gardens of the Trianon. I have a hunch, too, that old Doc Twitchell closed that switch oftener than he admitted…to say nothing of others who may have learned how in the past or future. But I doubt if much ever comes of it. In my case only three people know and two don’t believe me. You can’t do much if you do time-travel. As Fort said, you railroad only when it comes time to railroad.

だが――そうだ、もしぼくがそれを見つけていたとしたらどうだったろう?そこへ行き、ぼく自身に会って、そして――気がくるってしまったろうか?いや、そうじゃない。もしぼくがそれを見つけていたら、ぼくはその後したようなことをしなかっただろうから。したがって、ぼくがあの時の自分の名をそこに見ることは、本来あり得ないことだったのだ。ぼくがそれを読まなかったからこそ、それが新聞に掲載されることになったのだ。
時間旅行をしたのは、なにもぼく一人とはかぎらない。フォートは時間旅行以外に説明のつけようのないさまざまのケースをいくつも挙げている。アンブローズ・ビアースまた然り。さらにぼくは、かのトウィッチェル博士が、おそらく彼の認めた以上の回数、あのスイッチを押したにちがいないという気がしてならない。(kindle 4428/4705)

太字部分が福島正美訳からはすっぽり抜け落ちているのです。

two ladies in the gardens of the Trianonはこれ
トリアノンの幽霊

トリアノンの幽霊(トリアノンのゆうれい、英語: Ghosts of Trianon、フランス語: Fantômes du Trianon, 別名: ヴェルサイユの幽霊もしくはモーバリー・ジュールダン事件)は、シャーロット・アン・モーバリー(英語版)(1846-1937)とエレノア・ジュールダン(英語版)(1863-1924)[1]が、1901年8月10日にフランスのヴェルサイユ宮殿の離宮 プチ・トリアノンを訪問した際にタイムスリップを体験し、マリー・アントワネットやその他の同時代の宮殿関係者を見かけたとされる事件である。
二人はともにイングランドの名門学校の教師だった。その体験は1911年にエリザベス・モリソンとフランシス・ラモントのペンネームで出版された彼女たちの著書『アン・アドベンチャー』の中で詳しく明かされた。オカルト史上でも最も有名かつ最も物議を醸した事件の一つである[2]。

15349652 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: 映画『リズと青い鳥』

日記 by ChaldeaGecko

映画『リズと青い鳥』は監督が原作を魔改造してハッピーエンドになっています。エッチなダジャレも満載です。
映画『リズと青い鳥』は数学ダジャレ映画なのです!その1:アバンパート
その5まであります。

15343390 journal
日記

ChaldeaGeckoの日記: 夏への扉 1

日記 by ChaldeaGecko

ストーリーにもちょっと書きましたが、ハインラインの小説は「賭け」がテーマになっていて、大きく

  • 過去に飛ぶか未来に飛ぶかわからないタイムマシン(しかも戻ってこれない)に乗る
  • リッキィに、21歳になったら自分の意志で人工冬眠することを伝える

です。21歳は自分の意志だけで人工冬眠できる年齢です。原題は「The Door into Summer」ですが、sum-merとのダジャレになっていて、「賭けに勝ったやつがsum総取りする」という意味です。これは主人公とリッキィのどちらにもあてはまります。二つ目は、リッキィは人工冬眠に賭け、主人公はリッキィに賭けることになります。
話の作りとしては神話のパターンをなぞっており、あるいは「わらしべ長者」のような寓話で(「御都合主義」なところはとくに)、テーマとあわせ非常に古典的なスタイルです。また、一人でなんでもできちゃう主人公は米国の建国精神のあらわれであり、大衆社会批判にもなっています。自分の意志を重視するところはいかにもハインラインらしく、ジョン・ヴァーリイやグレッグ・イーガンが後継者的です。

MY OLD MAN named me Daniel Boone Davis, which was his way of declaring for personal liberty and self-reliance. I was born in 1940, a year when everybody was saying that the individual was on the skids and the future belonged to mass man. Dad refused to believe it; naming me was a note of defiance. He died under brainwashing in North Korea, trying to the last to prove his thesis.

When the Six Weeks War came along I had a degree in mechanical engineering and was in the Army. I had not used my degree to try for a commission because the one thing Dad had left me was an overpowering yen to be on my own, giving no orders, taking no orders, keeping no schedules—I simply wanted to serve my hitch and get out. When the Cold War boiled over, I was a sergeant-technician at Sandia Weapons Center in New Mexico, stuffing atoms in atom bombs and planning what I would do when my time was up. The day Sandia disappeared I was down in Dallas drawing a fresh supply of Schrecklichkeit. The fallout on that was toward Oklahoma City, so I lived to draw my GI benefits.

主人公は1940年生まれで、1970年には29か30歳です。リッキーは10か11歳です。ダニエル・ブーンはアメリカ合衆国の開拓者、探検家です。

Ricky was seven then; she was ten by the time Belle joined us and possibly eleven when Belle and I became engaged.

原文にはcoldという単語が45回使われており、cold sleepが多いのですが、Cold Warもありました。舞台となる世界では核戦争のためワシントンDCが消滅していたりとか、けっこう物騒なところで、人工冬眠も「未来へ逃げ出す」と否定的な側面があります(最初に主人公が取ろうとした行動です)。

また
ウィキペディア「夏への扉」

舞台は1970年のロサンゼルス(原作発表時の近未来)。そこでは人工冬眠が実用化され、未来への片道旅行が流行っていた。
主人公ダンの愛猫ピートは、になると家中の扉を開けてくれとせがむ。ピートは、扉のどれかが明るく楽しい夏へ通じていると信じて疑わず、「夏への扉」を探しつづけ、決して諦めないのだ。
そして、ダンもまた「夏への扉」を探していた。

「人工冬眠」に「冬」の字が入るのは日本語だけですが、人工冬眠(とタイムマシン)が「The Door into Summer」なのは間違いありません。あと、猫のピートは1970年に戻った主人公の正体を知る唯一の存在です。協力者のサットン夫妻は話を聞いただけです。猫は主人公がたしかに過去に飛んだことを保証するもので、ファンシーアイテムとしてのみ出てくるわけではありません。

映画あらすじを読むかぎりでは、上の二点とも改変されており、summer/sum-merのダジャレが成立しなくなっています。

遠井教授は、宗一郎の姿に「私の時間転移装置は成功した!」と大喜びです。「教授、さぁ始めてください」。宗一郎と遠井教授のやり取りに、ロボットピートは困惑顔です。

もう自分には時間がありません。引き留める璃子をなだめ、宗一郎は再び冷凍睡眠に入ります。今度は猫のピートも一緒です。

見かけはどうあれテーマはまったく変わってしまいました。駄作かどうかは見ないことにはわからないが、これだけで原作レイプと言えるでしょう。原作レイプって言ってみたかったのです。

typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...