パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、Ignitionさんのユーザページですよ。 アナウンス:スラドとOSDNは受け入れ先を募集中です。

567843 journal

Ignitionの日記: レシピ 鶏胸肉のスカロッピーネ、ピッツァ職人風

日記 by Ignition

1.
プッタネスカのソースを作る。
オリーヴオイルで潰したニンニクを加熱し、
香りが立ったら赤唐辛子を加えて辛味をオイルに移し、
アンチョビ少々、刻んだイタリアンパセリ、ケイパー、黒オリーヴを加え
(ケイパーやオリーヴは水に晒して酸味を抜いておく)、
トマトソースを若干加えて煮詰める。

2.
肉は鶏胸肉を使った。
仔牛肉を使ったほうが本格的だが、鶏でも合う。
薄切りにして叩いて伸ばし、片面に塩胡椒を振り、
全体に小麦粉をはたく。
肉が薄いので塩胡椒は片面のみ。

3.
サラダオイルで 2. の片面を焼き、
裏返して白ワイン少々を入れて水分と酸味を飛ばし、
1. のソースを少々の水でのばした物を加え、
千切ったモッツァレラチーズを肉の上に乗せて、
フライパンに蓋をしてモッツァレラを溶かす。

4.
皿に 3. をソースごと移し、千切ったバジリコの葉を散らす。

567871 journal

Ignitionの日記: レシピ ポルチーニとソーセージのスパゲティ

日記 by Ignition

以前に la Bettola da Ochiai で食べたものの真似。
乾燥ポルチーニを売っている食材屋を週末に見つけたから
久々に作っているわけで。

1.
乾燥ポルチーニを水で戻す。
ゴミは取り除いたが、香りをより残すために戻した水は残しておいた。

2.
ソーセージは既成のブタ荒挽きのものを使った。
茹でて、指先大に千切った。

3.
潰したニンニクをオリーヴオイルで加熱し、
香りが立ったらポルチーニ、ソーセージを加え、
ポルチーニを戻した水を少量入れて乳化させた。

4.
アルデンテまで茹でたスパゲティを 3. に絡め、
強火で煽って馴染ませる。

食べてみての感想。

既成ソーセージよりも、ブタバラを自分で切ってセージで香り付けしたものの方が良かったかも。
ただし燻製は面倒だし、セージの量もポルチーニとのバランスが難しそう。

567884 journal

Ignitionの日記: イタリアン

日記 by Ignition

今日の晩御飯も作ってみる。

Primo ポルチーニとソーセージのスパゲティ
Secondo 鶏胸肉のスカロッピーネ、ピッツァ職人風

567974 journal

Ignitionの日記: レシピ スパゲティ・ディスグラズィアート

日記 by Ignition

1.
叩き潰したニンニクをオリーヴオイルで加熱する。
香りが立ったら赤唐辛子を入れて辛味をオイルに移す。

2.
トマトソースと手で千切ったバジリコの葉数枚分を入れて馴染ませる。

3.
茹で上がったスパゲティに 2. を絡め、
すりおろしたパルメジャーノチーズで和える。

567983 journal

Ignitionの日記: レシピ ナスのソテー、ローズマリー風味

日記 by Ignition

1.
ナスを切る。
二本使って、一本は輪切りに、もう一本は横ふたつにして縦に切る。
こうすることで単調さがなくなる。
下味として塩を振っておく。

2.
叩き潰したニンニクをオリーヴオイルで加熱する。
香りが立ったら赤唐辛子少々を入れて辛味をオイルに移す。

3.
ナスを投入し、ある程度火が通った時点でフライパンを傾け、
溜まったオイルにローズマリーを一枝入れて香りを移す。
揚がった状態になったらローズマリーを取り出しておく。
(ドライハーブを使うのならば量を控え目に。)

4.
強火でナスに軽く焼き色を付けておき、
白ワインヴィネガーを少々入れて水分と酸味を飛ばす。

5.
皿に盛り、取っておいたローズマリーを添える。

568006 journal

Ignitionの日記: イタリアン

日記 by Ignition

久々にこの日記を書いてみる。

今日の晩御飯。

Antipasto ナスのソテー、ローズマリー風味
Primo スパゲティ・ディスグラズィアート

588501 journal

Ignitionの日記: レシピ アクアパッツァ

日記 by Ignition

今回は魚にサーモントラウトのフィレを使ったが、
本当は旬の白身魚の一尾付けが好ましい。
また貝にシジミを使ったが、アサリやムール貝が好ましい。

1. フレッシュなトマトを薄切りにして、低温のオーブンでセミドライにした。

2. サーモントラウトに塩胡椒しておき、フライパンで若干のオリーブオイルを加熱して
皮目から焼いて若干焦げ目をつけた。

3. 2. へ水にさらして砂抜きしておいたシジミ、水、アンチョビフィレ一切れ、
ケイパー、セミドライにしたトマト、オリーブオイルを順に入れて軽く煮た。

4. 温めておいた皿に盛って、イタリアンパセリを散らし、食した。

お味は思ってたよりも悪くなかったと思う。

588568 journal

Ignitionの日記: #69 イタリアン(エセ)

日記 by Ignition

今日の晩御飯はアクアパッツァとライス。
ただ、食材で絶好なものが売ってなかったので、かなりインチキ。
白身魚の丸魚ではなくサーモントラウトのフィレを、
ムール貝やアサリではなくシジミを、という感じ。

そして、クリスマスイヴだけどケーキもプディングもなし。

588642 journal

Ignitionの日記: レシピ 焼き餃子

日記 by Ignition

夕方に寝入ってしまって、先ほどやっと目が覚めた。
夜食はパスタを茹でただけなので、餃子の作り方だけ書いておく。

1. キャベツと韮を微塵切りにして、豚挽き肉、ニンニク一欠片の微塵切り、
生姜の摩り下ろし、片栗粉少々、ゴマ油少々、塩胡椒少々を加え、
粘り気が出るまで混ぜる。

2. 餃子の皮で 1. を三日月状に包む。

3. 加熱して少々油をひいたフライパンで 2. を軽く焼き、皮に焦げ目を付ける。

4. 水を注ぎ蓋をして、強火で 4 分ほど蒸し煮焼きにする。

5. 残った湯を捨て、蓋を外して水気が飛ぶまで焼く。

6. 再度水を注ぎ、今度は蓋をしないでまた水気が飛ぶまで焼く。

typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...