パスワードを忘れた? アカウント作成
668609 journal

KX-HV210の日記: 腐臭日記(4)

日記 by KX-HV210

サービス業において、最悪な事態とは顧客に無駄な時間を使わせることである

当然といえば当然な話なのだが、たとえば顧客が求めた商品が在庫になければ、機会損失になってしまう。サプライチェーン管理が高度化した今日でさえ、在庫不足で顧客を逃す危険を冒すよりも、過剰在庫を抱える危険を冒すほうがマシである

しかし、本質的に有形的なモノを給付するわけではない銀行業が、顧客の時間損失に対して極めて無神経であるのは、極めて驚愕すべき事態である。今日、市役所においても市民の行政サービスに対する「満足度」を上げるために、窓口業務の合理化や大都市ではコールセンターの設置を行っている自治体すら存在するというのに、単に住所変更や印影変更だけで40分近く待たされるなどという事態は、一般的な営利企業であればとっくに倒産していてもおかしくない

事実上の超過債務で半永久的に国有化されたりそな銀行ですら、自行の銀行員に対してローン返済支援のための特別融資を行っている。これは他の4大金融グループでも同じで、削減された給与を穴埋めするための融資なのだが、通常の融資よりもはるかに低い金利で行われている。通常であれば、この主の融資は一般的な融資水準との金利差を費用計上すべきだと思うのだが、そんなことはおそらくどこもやっていないだろう。何しろ、彼らは「銀行員に貸し出しをすれば返済するのは確実だ」ということしか頭にないだろうから

真にコスト意識に優れた銀行とは、顧客サービスに優れた銀行である。と、何年も思っているのだが、システム統合やらチャネルの拡大だとか、商品ラインの拡大に忙しい銀行にとっては、あまり考えが及ばない領域のようだ。「ハンマーを持っている人間には、すべてが釘に見える」というが、巨大な縦割り官僚組織である銀行では、顧客と直接接する営業部門や窓口などは、人間扱いされない人種が働く場所である・・・という意識が、戦後の銀行大衆化以降ずっと続いている。その窓口の先にいる顧客が、どのように思われているか、と言えば考えるだけで恐ろしい。実際、過去には営業成績を達成するために顧客を惨殺した銀行員がいた

さて、表のストーリに掲載されている銀行基幹系にLinux利用という記事だが、実はこの話は日経コンピューター6月1日号にも触れられいていた話だ。UFJ銀行は、現在SMBC系の日本総合研究所(JRI)と共同で情報系での振込前処理のためのパッケージを共同開発している

UFJの振込システムは、数万本のJCLやCobolで記述された巨大なもので、仮想MT装置を含めると4台の日立製大型メインフレームで処理している。みずほ銀行の基幹系障害で薄れている感じすらあるが、UFJ銀行の基幹系障害(昨年1月)で数万件の引き落とし処理の遅れを生じさせたのは、このシステムである。これをJRIとともにJavaベースで刷新する計画が今年から進められているのだが、UHS(UFJ日立ソフトウェア・・・UFJ銀行の勘定系システムを運用代行している日立系企業)などは、将来的にはIA-64ベースのLinux機での稼動を想定しているという

コレ自体タレコミをしなかったのは、もちろん謹慎中(?)というのもあるんだが、何かにLinuxが採用された・・・というのはそろそろニュースとしての価値がなくなってきているのではないかな、と思ったからだ。もちろん、UFJのような70兆円規模の巨大金融機関の基幹系システムで、Linuxがメインフレームの牙城であるバッチ処理の領域を侵した、というのはそれはそれで意味のあるニュースなのかもしれないが、現状から言えば金融機関でのメインフレームの衰退は今に始まった話ではない

たとえば、今年1月に稼動した肥後銀行の新基幹系システムは、前のシステムから情報系はUNIX上で稼動しており、メインフレームは勘定系くらいしか残っていない。また、やはり今年稼動したBTMの新海外システムは、メインフレームベースだった旧東京銀行のシステムをAIXベースに刷新している。こういった、ミッションクリティカルシステムに対して、オープン系システムが採用されるということは、別に珍しくもなくなっており、信頼性が向上しS/390系システム上でも稼動するLinuxが現れている現在、Linuxが情報系や勘定系に採用されることは必然的ともいえるではないだろうか

ただ、この種のニュースに関心がある人たちにとっては、次のような疑問が生じるだろう。一つは、エンタープライズシステムにおけるOSSのサポート体制が実際のところどの程度あるのかという点だ。たとえば、IA-64系システムの拡販に積極的なHPQ、NEC、UNISYSといったメーカーでも、HPQはHP-UXを、NECとUNISYSはWindows(64bit)をメインとして、Linuxはそれの次ぐという位置づけに過ぎず、エンタープライズユーザーの関心のある「ミドルウェア対応しているのか」「動作検証サービスはあるのか」といった本質的な対応状況がイマイチ明らかではない、という点がよくわからないのだ

第二には、たとえ導入支援体制や運用支援体制が確立されていたとしても、それによってもたらされるコストが、従来のメインフレームやUNIXと比較してどれくらい安く出来るのかについて、事例があまり存在しない点だ。興味深いのは、かつてマイクロソフトは、基幹系システムにNTを採用した場合に、UNIXやメインフレームとの価格競争力に関して(内容は噴飯モノだったのだが)、それなりの説得力のある調査を行っていたところだ。

これに対して、OSSを基幹系システムに採用するというメリット自体は、一般には抽象的に捕らえられている。行政システムの場合なら、開発プロセスをオープンにできるとか、エンタープライズシステムなら、イニシャルコストを削減できるとか、そういったところだが、情報システムに対する企業戦略の一つとして、OSSを採用するメリットというのは一般には非常にわかりにくい。UFJの場合には、実際にベンチマークを取ってみて、他のプラットフォームに比べて信頼性やパフォーマンスが優れている、という結果が最終的に「10年後には基幹系システムの大部分でIA-64ベースのLinuxシステムを採用する」という経営レベルでの決定(持ち株会社の役員会決定)につながった訳なのだが、そういう意味で考えると意義のある話なのかも知れないと思う

まぁそれはそれとして、LSATが近づいているわけなのだが、やる気が出ない今日この頃だ

670527 journal

KX-HV210の日記: 腐臭日記(3)

日記 by KX-HV210

天佑と言うべきなのか、天罰と言うべきなのか不明なのだが、自宅PCのディスプレイが故障してしまった。代替品はないことはないのだが、重量が20キロか30キロくらいありそうな21インチCRTを部屋まで持ってくる気にはなれないし、かと言って親父の17インチ液晶ディスプレイを無断で使用する気にもなれない

相変わらず、地上・国Ⅱクラスと国Ⅰクラスの問題集を交互に参照してるけど飽きやすい。大体、行政官僚だとかLSの試験に何で訳のわからんパズルが必要なのか小一時間問い詰めたい。これがORとかだったら面白いし役に立ちそうなのだが、残念ながら出題比率はそこそこらしい(という話なのだが)

ところで、本日の糞地方紙に金融庁が懸案だった信託法の改正作業に着手するという。従来の事実上の信託銀行が独占していた信託業務を、信託会社など幅広く開放し、また信託の客体も金銭、土地、有価証券の三分野から、知的財産権に対しても広げるそうな

欧米では信託業務は銀行よりもローファームが主体だし、いわゆるわが国における信託制度とトラストも概念が大分異なる。言うまでもなく、欧米のトラストで中心なのは、個人の財産管理信託で、たとえばERでカーター先生の父親が「家族の財産を食いつぶし」てると非難されてるが、彼は家族の信託財産を管理する立場にあるという設定だったりする。まあ、そんなことはどうでもいい

信託制度自体は、財産の継承だとか寄付とかに非常に役に立つ面白い制度だと思うんだが、規制緩和されても相変わらず市場の公正さなんてのは二の次にされるだろうし、信託銀行以外の市場参入にいろいろ制限がつきまくるだろうな、というところがなんだかなぁと思うところで

671266 journal
JAXA

KX-HV210の日記: 腐臭日記(2)

日記 by KX-HV210

経済最前線ってのは、NHKのBS1で夜11時30分(11時15分からの時もある)から15分くらいやる経済専門ニュースのことね。

つーかね、普通のニュースがつまらなすぎるのはなんででしょーね。経済最前線の前にやってるBS23なんて、BSプライムタイムと内容的に大して変わらないし(番組自体は面白いんだけど、海外のニュースを垂れ流すなら垂れ流しでいいし、News23みたいな変な評論とかやめて欲しい)、他の午後11時台とか6時台の民放系ニュースなんてワイドショーと大して変わらんしな

#つーか、最近の民放のニュースはワイドショー系(情報番組系)の記者が取材してるらしいから、本質的にもワイドショーというか情報番組化してるんだけど

#ワイドショーも最近は情報番組と見分けがつかんけどね

例えば、北朝鮮問題だとか、イラク問題とか、有事法制なんて毎日話題にするような話じゃないと思う。ぶっちゃけた話、イラクで収束爆弾の破片で毎日何人死のうが今日も米兵が襲撃されたとかって話聞いてもどうでもいいし(そんなもんは、今月の米兵とイラク人の死者数だとかって天気予報の前にやればいい)、有事法制問題なんて的外れな論説付きの誰も関心のないニュースを垂れ流してるだけ

つまり、流せばイロイロな人が関心を持ちそうな話題(情報番組・ワイドショー)と、我々はこれらの問題に関心を持たなければならない的な話題(政治とか平和とかそういう話)に極度に二分化されているわけだ。ところが、こういうニュースのあり方ってのは、報道の新しい展開ってワケじゃない。それは恐ろしく保守的な"マス"コミュニケーションの新しい形であって、ニュースに対する多様な需要を無視した前時代的な意味での二極化なワケ

例えば、長崎で幼児を惨殺して捕まった少年なんだけど、メディアは一様に少年の生活環境を、本人の人権を尊重しつつ報道している訳なんだけど、これを見て多くの人がもどかしさを感じないだろうか? おそらく、少年の通っていた学校とかでは、誰が犯人だったのかというのは知りえる立場にあり、同時にメディア自身も知りえる立場にある。しかしながら、我々は単にモザイクをかけた少年の姿しか知りえないだけでなく、犯罪専門家だとか警察・検察OBだとかもやはりフィルターをかけられた限られた情報から生み出された平均的な犯人像から推測できる情報の範囲内でしか論説できない。

メディアに対しては、二つの需要がある。一つは、加工されていない生の情報を知りたいという立場で、それは例えば天気予報で言えば気象衛星からの雲の映像とか、気象配置図とかだ。もう一つは、生の情報を専門家でない我々が咀嚼するために必要である、専門家としてのフィルターがかけられた情報で、例えば予報そのものだ。この二つはどちらが欠けても、ニュースというのは味気ないものになってしまうだろう。

我輩が問題としているのは、後者のほうで予報そのものは気象庁とか、局のお抱えの気象予報士の視点そのものでしか伝わらない。だから、日本の大ざっぱな天気がわかっても、佐田ヶ崎半島の明日の天気を知りたくても大して役に立たないし、もしかすると佐田ヶ崎周辺の天気は天気予報を見るよりも、現地の漁師さんに予想してもらったほうが正確な場合もある

メディアが、既存のマスメディアから始まって、地方のCATV局とか、インターネット上の増すメディアとか、blogとか舞台装置としての多様性が存在していても、その舞台装置で上演されるのが同じ脚本のハムレットばかりでは、誰もが飽きてしまう。解釈の多様性、即ち伝統的なハムレット(イギリス人の脚本)があってもいいし、ハムレット・ロボット(ポーランド人の脚本)でもいいし、ハムレット・クローン(日本人の脚本)でもいい

ビット辺りの情報量では、テレビに対してはるかに劣る新聞が消滅しないのは、単に視覚的な情報と文字媒体の違いだけではない。例えば、日経は経済最前線の特集みたいな生産現場の声みたいな記事(『デフレが蝕む』という一面に載っている特集記事)もあれば、生のデータ(指数や株価とか商品価格とか)もあるし、毎日論文や(経済教室)、小説(高村薫『新リア王』)や自叙伝(『私の履歴書』)すら毎日載っている。そう言った多様な視点が満載されているから新聞が生き残っているわけであり、ビット辺りの情報量だとか、視覚的な問題だとかというのは、人々のメディアに対する需要を満たしているかどうか、という問題にはあまり関係がないといえる。

従って、多様性が確保できず、単に情報が多いだけという既存の民放のニュース番組だとか、2chの専門板以外の雑談系の板というのは我輩はたまらなくつまらないものだと思うのだ。

まぁそう言うわけで普通のニュースで、経済の我輩の最も関心のある話題ってのが、天気予報の前の日経平均とTOPIXの速報だけ、ってのも珍しくないわけで、ほとんどのニュースが漏れにとって見る価値がないと思うのですた

373560 journal

KX-HV210の日記: 腐臭日記(1) 2

日記 by KX-HV210

そりゃ、おとなしく元のアカウントで書けばいいんだけど、時にはコメントをつけたくなるときもあるし、かといって元のアカウントで書くと際限なく時間と通信料金を注ぎ込みながら元の自堕落な生活に戻ってしまうことは請け合いなので、ACで書いてた

ただ、日記を巡回してACでコメントを書き散らすこと自体も、それに近いものがあるわけで、それならば書き散らしたいことを新しいアカウントの日記で書き散らせばいい。なんて気持ちで三番目のアカウントを作ってみました。

でも、このアカウントでも際限なく日記を書き散らした上に、お友達リストに50人ばかし追加して片っ端から読み漁るんなら全然意味ない訳で、何らかの歯止めといいますか、ガイドラインを最初に決めておこうと思う。

■健康管理のこと
■日々日常の愚痴
■竹下大先生と野中先生と亀井君と小泉君と竹中君の悪口
■新聞と経済最前線から拾ったネタと感想(1日1ネタに限定)

こんくらいか(充分すぎだと思うがな)

あと毎日日記を書かない。そんだけ

typodupeerror

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

読み込み中...