パスワードを忘れた? アカウント作成
12073532 journal
クラウド

Kandoの日記: ネットワーク設定のトラブルシューティング経験が薄すぎて困っている 8

日記 by Kando

[ https://www.facebook.com/takayuki.kando/posts/784707354954324 ]の件。

現状、AWSのCentOS 7上でOpenfire(XMPP)サーバ(Ver.3.8.1 JavaVMは1.8.0_31-b13)は動いている(プロセスが走っている)。

しかしnetstatしてみるとIPv6の方だけ9090をListenしているが、9091、5222、5223は全くListenしてない。
(9090はhttpの9091はhttpsでサーバ設定用UIページ。5222、5223はXMPPで使うポート。)

AWSの上の同一セキュリティグループ別ホストからのcurl http://<プライベートIP(IPv4形式)>:9090/は(多分正常な)応答がある。同ホストからのcurl http://<プライベートIP(IPv4形式)>:9090/とcurl http://localhost:9090/にも応答がある。当然プライベートIPで手元のブラウザには応答がない。

パブリックIP(IPv4形式、Elastic IPでもある)とパブリックDNS名については、同ホスト、別ホストからのcurl、手元のブラウザどれも応答なし(いずれも無応答時間切れ)。

AWSのセキュリティグループ設定で9090は手元のネットワーク、同一セキュルティグループ内ではインバウンドが許可されている状態。Openfireが動いているホストでのiptablesは設定が空(?)に見える(読み方がイマイチ分ってないので確信はないが)。

SSHは普通にパブリックIPで通っていてログインは出来ている。

さて、一体次は何をするべきか。取りあえず設定UIである9090に手元のWebブラウザからアクセスできるようにはしたいが、我ながらネットワーク設定のトラブルシューティング経験が薄すぎて困っている。

(続き: 「AWSのネットワーク設定問題とOpenfireサーバの設定自動化問題」

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...