パスワードを忘れた? アカウント作成
17649649 journal
日記

Magazineeroihitoの日記: アルギリオン 1

日記 by Magazineeroihito

アルギリオン 10番目 1億5000万年前

この方達は50億光年先の暗黒星雲の中にあるアルギリオンという星から来ておられる。 地球では夜空を眺めると星々がまたたいているが彼らの星 アルゲリオンは周りをチリや ガスが渦巻く 黒く 暗い 巨大な塊に包まれている。

だから彼らの夜空には 近くの惑星がぼんやりと見えるだけであとは 漆黒の闇 という非常に寂しい風景になっている……という具合に地球人の我々は勝手に想像するが

地球ほどではないが やはり 星のきらめきは夜空に存在しているようだった。 だが地球人がアル ギリオンに行っても夜空を見上げても 星は見ることはできないようで アルギニオン 人の目が そう見えるような構造になっているということだった。

アルギリオン 人は顔だけが 昆虫のクワガタのようなヒューマノイド系で進化形態はやはり 昆虫系だ。

暗黒星雲という星を生み出す 元になる環境の海の中にあって彼らの星は寿命が来て爆発をしている。正確には 彼らの太陽が ということだが。

老人たちは星に残ったのだが、若い人たち 600万体が地球を目指している。

50億光年とはまた遠くから来ておられるが 一体どうやって来られたのであろうか。 ワープ航法 という この宇宙では一般的な宇宙空間移動 法を使用しておられるが

それでも地球までは 5 億年かかっている。基本的には宇宙船の中では冷凍睡眠をして交代で寝起きをしている。

彼らの寿命は短くて約10年だった。 冷凍睡眠もその10年近く寝ては、寿命が尽きる前に起きて卵を産んで また寝るというサイクルを繰り返している。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...