パスワードを忘れた? アカウント作成
24486 journal

Nadjaの日記: 予算が足りないのは 2

日記 by Nadja

増税するよりも、
役人や議員の優遇をいくらか減らすだけで、
かなり予算に余裕ができる。

ということを、
役人や議員は口にしないのだね。

例えば、東奥日報の6年前の社説。
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2002/sha20021212.html

何かチクショー。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by hotta-s (8839) <hotta-sNO@SPAM24frets.jp> on 2008年05月02日 11時00分 (#1338890) 日記
    減らすときは木端から減らします。
    中央は減らさず、出先をバサバサ。

    副大臣等減らせばかなりの出費減。
    窓口応対職員増やせば間違いも減る。

    なのに、減らすときは木端から。
    数が多いから減らしても問題ないと踏んでいるのでしょう。
    木端が決して楽しているわけではないんですよ。一般に思われている程には。

    自分の身が大事なんですよ。お上は。

    と、元木端なID。
    • by Nadja (31411) on 2008年06月08日 12時32分 (#1358802) ホームページ 日記
      政治家も官僚も、結局自分の何かが削られるのを嫌ってるんですよね。

      人間ならみんなそうなんだろうけど、
      だからって自分たちより弱い立場の人たちから削ることしか考えられないようでは、
      官僚はともかく、国民から選出されたという立場の政治家がそれではホント困ります。

      かといって選挙で誰を選んでも、結局同じことだし。
      どうにかならないかなぁ。
      --
      ま、平和ならそれでいい...
      親コメント
typodupeerror

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

読み込み中...