パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

過去のタレコミ一覧:
保留 0件、 却下 9件、 掲載 7件、合計:16件、 43.75%の掲載率
752583 submission
日記

GooglのKNOLは、ウィキペディアの脅威になりうるか?

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
GoogleのOfficial Blog「Encouraging people to contribute knowledge」という 12月13日付けのエントリの中でUdi Manberは"knol"という知識を共有するツールを提供し始めていることを明らかにした。

この発表は一部で「Googleが百科事典を作る!」「Googleがウィキペディアに挑戦!」と受け止められている。

公式ブログの内容については ITmedia Polar Bear Blog 「Google 版 Wikipedia 「Knol」 発表」が分かりやすい。どちらも knol を、「Google 版 Wikipedia」と形容している。

TechCrunchは「WikipediaとSquidooをかけ合わせたような、ありとあらゆるテーマに関するユーザー生成タイプの知識ベースのサイト」と形容。ウィキペディアにも影響がでかねない、とする。

だが、はたしてそうだろうか?

ツール名、knol(ノール)は「知識のユニット」を意味するという。「知識の構成単位」? それぞれのページが独立した単位だ、ということか?
執筆者がそれぞれ詳しい知識をもとに自由に執筆する。ウィキペディアと異なり、他の編集者から余計な(と自分が思う)ことを加筆されたり、大事な(と自分が思っていた)記述を消されたりすることもない。確かにウィキペディアの共同作業より「ストレス」は少なそうだ。

だが、そこにウィキペディアのようなコミュニティは形成できるのだろうか?あの、やかましいがスリリングなバザール空間が作れるのだろうか? ウィキペディアンはしばしば編集合戦に倦み疲れてウィキペディアを去る。だが、その多くはしばらくすると禁断症状に苦しむようになり、結局舞い戻ってくるのだ、喧騒といたわりと紛争と友愛がごちゃ混ぜになったウィキペディアに。


Googleがテスト中のknolでは、誰でも特定のトピックについて解説ページを作ることができる。執筆者は広告を載せて収入を得ることもできる。 ITmedia


執筆者それぞれが、おのおののページの主人、唯一の執筆者であり、他者のコミットはせいぜいコメントや質問に留まるとしたら、これは、通常のWEBサイトやブログとどこがちがうというのか? Googleのアフィリエイとも今ではどこにでもある。


Knols will include strong community tools. People will be able to submit comments, questions, edits, additional content, and so on. Anyone will be able to rate a knol or write a review of it.
knolは強力なコミュニティ・ツールを備えている。コメント、質問、編集(?)コンテンツ追加、などが可能になるだろう。個々のknolをランク付けしたり批評を書いたり出来るようになる。
Official Blog


BusinessWeekは、 Google's Knol: No Wikipedia Killer で、Googleのknolはウィキペディアキラーではないとみている。ウィキペディアは共同作業を通じ中立的観点を目標として編集されているのに対して、knolはその反対に、執筆者ひとりひとりの観点から執筆される。knolが成功したとしても、それがウィキペディアの価値を減じることはないだろう>>人々は、New York Timesと個人ブログ、両方を読むように、Wikipediaとknol、両方を求めるだろう、としている。またGoogleにコミュニティが作れるのか、という問題もある。いったい、ブログとどれほど違うのだろうか。

----
関連リンク
TechCrunch
産経MSN(共同)
754548 submission
日記

あなたはTwitterを知っていますか?

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
知る人ぞ知る"Twitter"。匿名志向の強い日本のネット社会にどれだけ浸透できるのでしょうか。

Twitterに関しては 百式dot-com of the dayの説明が分かりやすいでしょう。

>>自分が「今、何をしているか」を入力し、友達とつながっていくことができる、という、ただそれだけのシンプルツールである。
「今、何をしているの?」でつながる『twitter』December 31, 2006 8:38 AM


2007年5月18日現在、まだウィキペディア日本語版にも記事がありませんが、要するに、「ボクは今○○しているよ」「私は****するつもり」と自分の近況を鳥のさえずりのようにぺちゃくちゃしゃべる("twitter")ことを可能とするサービス。2006年10月、サンフランシスコ発祥とのこと。TwitterのウェブサイトやSMSIMを通じてメッセージの更新が可能で、新しいエントリはすぐさま「友人」に伝わります。(英語版ウィキペディア参照)。

japan.internet.com より
>>インターネットコム株式会社と株式会社クロス・マーケティングが「Twitter に関する調査」を行ったところ、一般ユーザーの間では、この話題のサービスの知名度はそれほど高くはないとの結果が出た。

>>調査対象は、10代~50代のインターネット ユーザー300人。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別は、10代20.0%、20代20.0%、30代20.0%、40代20.0%、50代20.0%。

>>まず、すべての回答者に「『Twitter』を知っていますか」との質問を行った。「利用している」との回答は、わずかに1%(3人)であった。知名度は「知っているが利用していない」が4.0%(12人)、「聞いたことはある程度」7.3%(22人)および利用者1%をあわせて12.3%程度との結果だ。

>>ちなみに、現在主流のコミュニティサービスといえば SNS だが、mixi がブレイクする前、2004年の調査では SNS は22%の知名度であった。
(調査協力:株式会社クロス・マーケティング
デイリーリサーチ 2007年5月17日 13:50
今、話題の「Twitter」、利用者は1%、知名度は約12%
著者: japan.internet.com 編集部 ▼2007年5月17日 13:50 付の記事
http://japan.internet.com/research/20070517/1.html


2004年の調査は2004年4月7日 00:00 付の記事。orkut開始が2004年1月、mixiが2004年2月のはずですから、知名度アップはSNSの速度には及びません。

SNSに比べて知名度アップが進まない理由は、もしかしたら、これにあたる日本語サービスが無いため(ありませんよね?)かも知れません。Twitterのログインは、簡単とはいえ説明もすべて英語。大方の日本人にとって敷居の高さは否めません。

またアカウント作成画面(Join for Free!)の冒頭には「Full Name」、つまり「フルネーム」を書く枠があります。筆者は初めてこのページを見たとき、「Full Name」枠を見るなり、怖気をふるって退散しました。実名を入れたら全世界に公開されてしまうのはご勘弁!と思ったのです。実際に、プロフィールにばっちり表示されてます(汗 
参加に実名公表が必要だとしたら、日本での普及はあまり望めそうにありません。もっとも、「実名」のかわりに「ハンドル」を「フルネーム」枠に書いているユーザーもいるので、文句は来ないようですが。

筆者も最初は、「知っているが利用していない」「利用するつもりはない」派だったのですが、オフ企画をきっかけに<ひょっとしたら、出席表明や予約確認に便利かもしれない>と思い返して、「Full name」枠にハンドルを入れてログインしてみました。出席予定者の大半がTwitterianだったら、すげぇ便利かもしれません。

※Twitterの知名度が日本で高くないのは、スラドに取り上げられたことがないからだ、と言ってみるテスト。

関連サイト
Twitter http://twitter.com/home

----
現在、ウィキペディア日本語版には約 369,635 本の記事があります。
755359 submission
日記

ジンボ vs 西和彦・・・orz

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
ウィキペディア創始者のひとりにしてウィキメディア財団名誉理事長、Wikiaの創始者、ジミー・ウェールズが3月初めから来日中である。かれは精力的に記者会見や講演会をこなしている(らしい)。講演会のいくつかは申込がいっぱいになって締め切られたようだが、3/23のICPFの分だけは、入場料がかかるせいもあってか、まだ席が残っているらしい(少なくとも現時点ではまだ募集中のようだ)。

しかし、この講演会、相手役がなんとあの西和彦なのである。5000円払っても見る値打ちは・・・どうなんだろう? ちなみに学生なら2500円。ジンボが西を軽々と洗脳して見せてくれるなら、筆者としては入場料を払ってでも行ってみたいが。

第4回ICPFシンポジウム「参加型メディアの可能性」
Web2.0と呼ばれるユーザー参加型のメディアが隆盛をみせていますが、その質については賛否両論があります。特に日本では、「2ちゃんねる」に代表される匿名メディアの影響で、ネット上の言論の質が低下しているとの批判も聞かれます。

他方、こうしたメディアとしてもっとも成功したWikipediaも、経営的に曲がり角にあるともいわれます。今回のシンポジウムでは、 Wikipediaの創立者、Jimmy Wales氏の来日を機に、こうしたメディアの可能性と問題点、既存メディアとの関係、あるいはその「日本的」特質などを考えます。

日時:3月23日(金)13:30-17:30

場所:NHK千代田放送会館
 東京都千代田区紀尾井町1-1(地図)
 電話:03-3238-7401

開場:13:00

第1部:13:30-15:20
 Jimmy Wales「Wikipediaの未来」
 コメント:西和彦(ICPF代表)
  (通訳つき)

第2部:15:30-17:30
 ブロガー討論会「日本のブログはこれでいいのか」
  磯崎哲也(磯崎哲也事務所 代表)
  小飼弾(オープンソース・プログラマー)
  佐々木俊尚(ジャーナリスト)
  原淳二郎(ICPF理事)
  司会:池田信夫(ICPF事務局長)

入場料:5000円(学生2500円)
    ICPF会員は無料(会場で入会できます)

申し込みはinfo@icpf.jpまで電子メールで氏名・所属を明記して
(先着順で締め切ります)
http://www.icpf.jp/archives/2007-02-28-1631.htmlより

西和彦といえば、2chを敵視して1chを作った有名人。
去年は、Wikipediaの自身の項目内であることないこと(あるいは本当のこと)を書かれて、記事は消すわ、ノートで暴れるわで、多少の荒らしには耐性のあるはずのウィキペディアンたちを鼻白ませた人物である。

ここがこう違っていて、本当のところはこうだ、などと記事のノートで指摘すればすむものを、自分で白紙化するものだから、荒らし扱いされて、腹を立てる。

西はログインの勧めも蹴り、IPで編集しながら、「Wikipedianという匿名の書き手が責任ある記事を書けるのか」と言うのである。

どうも、西や彼の友人にとっては、ウィキペディアも匿名空間だという点で2chと大差ないらしい。筆者などにとっては、オヤから押し付けられた「実名」よりも自分で選び取り何年も使い続けているハンドルのほうがはるかに自分のアイデンティティに直結しているのであるが。

ちなみに、西自身が降臨し要約欄に(いろいろ変わっていますが、本人(西 和彦)が書きましたのでよろしく)と書いた最初のバージョンはこちら
755709 submission
日記

Wikipediaがあぶない?(信憑性はどこまで?

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
>運用コストが500万ドル程度要するが,現在は寄付金(Wikimedia Fundraising C.O.R.E. )が100万ドルちょっとしか集まっていない。
http://zen.seesaa.net/article/33407146.html?reload=2007-02-12T00:48:37

「500万ドル」って、ちょっと待ってよ。
キャンペーン目標さえ「150万ドル」だったですよw
ま、実際は「100万ドル」しか集まらなかったので、資金不足には違いないらしいけど。

で、英語ページを見に行くと、

Is Wikipedia really in danger?(mathewingram.com/work)
Wikipedia's cash crunch
http://www.viadigitalis.org/index.php/?p=185

ちゃんと訂正いれてる>Via Digitalis筆者

http://www.viadigitalis.org/index.php/?p=187
http://www.ballpark.ch/blog/english/790/before-the-blogosphere-gets-wild-on-wikipedia

ともあれ、ウィキペディアが慢性的に資金不足であることに変わりは無い。
半年は持つかもしれないが、1年分は集まってないんだから。
次のキャンペーンはいつになることか。
----
現在、ウィキペディア日本語版には約326,326本の記事があります。
755920 submission
日記

Google map利用のIPロケータ

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
あるIPを管理しているISPがどこにあるか、一目でわかるサイトに遭遇しました。

IP-address.com - show and locate my ip-address
http://www.ip-adress.com/

検索枠内にIPアドレスを入れると、そのIPまたはISPの位置が表示される仕掛けです。URLをクリックしてページを開くと
「location of my ip or my isp」(自分のIPまたはISPの位置)
Google map で表示されました。つまり、デフォルトは自分のIPアドレス。緯度経度、ISP名までも表示されます。ただし自宅ではなくISPの場所なので、自宅鯖でなければ同じ市町村とは限りません。
----
>IP-adress.com is a ip locator that shows you fast your IP-address of your internet connection and locates your city or the city of your isp based on your ip. The geolocation is shown with google maps. This my ip site is different. You can lookup and trace any ip address and get the ip location infos.
IP-address.com より)
----

でたらめな数字を入れてみると・・・

1.1.1.1 ・・・該当なし(白紙)
100.100.100.100 ・・・該当なし(白紙)
200.200.200.200 ・・・お、Brazil。
300.300.300.300 ・・・アホか!と言わんばかりに、デフォルト画面に逆戻り(w
(そりゃ、あるわけねーべって?)

ページ下部には<どうぞ、この新しいサイトを広めてください>という呼びかけが書いてあったので、ニュースと言うわけでもないけど、たれこんでみます。 :)
----
>Please help us! Share this new website!
(手を貸してください、このサイトを他の人と分かち合ってください
>This is a free and clean IP Locator for everyone. No Popups, No Banners and a professional and very accurate ip database from maxmind.
これは無料でクリーンな万人向けIPロケータです。ポップアップなし、バナーなし、プロのとても正確なIPデータベースです。(from maxmindの意味不明)
>If you like this site we only have one request to you. Please help us and share this site to your friends, in forums, on websites and blogs. A good way is to bookmark this in your social bookmark services.
このサイトが気に入ったら、ひとつだけお願いがあります。どうぞ手を貸して、このサイトをあなたの友達に勧めてください、フォーラムやWEBサイトやブログで。あなたのソーシャルブックマークに登録してくださるのも良い方法です。
IP-address.com より)
----
現在、ウィキペディア日本語版には約317,102本の記事があります。
755981 submission
日記

真夜中まで あと何分?

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
The Bulletin Onlineによれば、
ドゥームズデイ・クロック、終末時計が2分進んで、
真夜中まであと5分になったとのこと。

The Bulletin of the Atomic Scientists’ Doomsday Clock conveys how close humanity is to catastrophic destruction--the figurative midnight--and monitors the means humankind could use to obliterate itself. First and foremost, these include nuclear weapons, but they also encompass climate-changing technologies and new developments in the life sciences and nanotechnology that could inflict irrevocable harm.
アメリカの科学誌「原子力科学者会報」(Bulletin of the Atomic Scientists) の終末時計は人類がどれだけ破滅的な終末に-- 象徴的な「真夜中」に --近づいているかを告げ、人類が破滅のために取りうる手段を監視/観測している。なによりもまず核兵器が問題だが、ほかにも、異常気候をもたらす科学技術、生命科学やナノテクノロジーの発達が取り返しのつかない損害を与えうるものとして含まれている。

----
世界終末時計(せかいしゅうまつどけい、Doomsday clock)、核の時計とは核戦争による地球(人類)の滅亡を「世の終わり」(終末)になぞらえて、その終末(午前零時に設定)までの残り時間を象徴的に示す時計(実際の動く時計ではない、時計の45分~正時の部分を切り出した形状)。」(出典:『ウィキペディア』)

時計は、アメリカの科学誌「原子力科学者会報」(Bulletin of the Atomic Scientists) の表紙に掲載されている。

この時計、最悪の1953年には「あと2分」までなったので、5分といえばまぁまぁ・・・などとのんきなことは言っていられない。この時計が初めて掲載された1947年、人類滅亡をもたらす脅威は「核兵器」一辺倒だったはずだが、今や、異常気象や人口爆発の脅威が核兵器に迫る勢いである「真夜中まであと5分」のページには「 Nuclear(原子力)」「 Environmental(環境)」「 Emerging Technologies(新技術)」という見出しが並ぶ。

さて、来年、この表紙には、あと何分の時計が掲示されるのだろうか。

----
"Doomsday Clock" Moves Two Minutes Closer To Midnight1(終末時計が真夜中に2分近づく) 過去の記録
人類滅亡あと5分 核や気候変動…終末時計2分進む(東京新聞1月18日)
----
現在、ウィキペディア日本語版には約314,874本の記事があります。
756052 submission
IT

英語版ウィキペディア、2006年中もっとも引用された項目は? ・・・に悲惨なミス

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
英語版ウィキペディア、2006年中もっとも引用された項目は?
http://srad.jp/article.pl?sid=07/01/11/1051235
をyooseeさんに採用してもらったんですが、悲惨なミスが発覚しました。

Anonymous Coward のコメント: 2007年01月11日 23時13分 (#1090275)
Re:206件って
>いろいろと調べてみたところ、平均スコアが100になるように調整された指標(Index)のよう。
http://srad.jp/comments.pl?sid=347147&op=&threshold=0&commentsort=0&mode=thread&cid=1090275

AnomalousCoward (32957)のコメント: 2007年01月12日 0時32分 (#1090324) いわく
206件・・・?
>おいおい、計数そのものじゃなくてindex(指標)じゃないか。
http://srad.jp/comments.pl?sid=347147&cid=1090324

あわをくって見直すと、まさしくそのとおり。つまり

>2006年1月1日から12月10日の間にもっとも引用された英語版 Wikipedia の項目は「Web2.0」で、206件だったとのこと。

じゃなくて

>2006年1月1日から12月10日の間にもっとも引用された英語版 Wikipedia の項目は「Web2.0」で、206件だったとのこと。index(指標)は206だったとのこと。

でした。自分でも「206件」???とひっかかりながら、なぜ見直さなかったのだろうかと、穴があったら入りたい思いです。すみません。私の馬鹿サ加減がばれるのは仕方ないんですが、見当違いの情報が独り歩きするのはまずいので、なんとか訂正お願いします。
756056 submission
日記

英語版ウィキペディア、2006年中もっとも引用された項目は?

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
ニールセン・メディア・リサーチ社発表の
Nielsen Issues Most Popular Lists for 2006(ソースは Nielsen BuzzMetrics)によれば
2006年1月1日から12月10日の間にもっとも引用されたウィキペディア項目は「Web2.0」の206件だったとのこと・・・(ただし英語版ね)・・・。この数字、多いのか少ないのか、筆者的には迷うところであるが、確かにこの項目、あちこちで使われる割に既刊の百科事典には載っていなさそう。ウィキペディアの面目躍如というところである。これ以外でも、紙の事典・辞書にはあまり載ってなさそうな語がトップ10の中で幅を利かせている。

IT用語ぽいブログが 147件で4位、AJAXが 133件で5位、ウィキが 129件で9位、RSSが 122位で10位だった。

また、ニュースや映画に関連する語としては、Steve_Irwin(161件)、Mark_Foley_scandal(142件)、 Snakes_on_a_plane(126件)。

132件、8位のミームは、オンライン辞書や最近出版の辞典にかろうじて載るレベル。(Britanicaには…載ってるだろうか?)

紙の辞書や百科事典でも必ず載っているであろう語は
World_War_IIの 143位、ただひとつだった。
Web 2.0 || || 206
2 || Steve Irvin || http://en.wikipedia.org/wiki/Steve_Irwin || 161
3 || Mark Foley Scandal || http://en.wikipedia.org/wiki/Mark_Foley_scandal || 142
4 || Blog || http://en.wikipedia.org/wiki/Blog || 147
5 || Ajax || http://en.wikipedia.org/wiki/AJAX || 133
6 || World War II || http://en.wikipedia.org/wiki/World_War_II || 143
7 || Snakes on a Plane || http://en.wikipedia.org/wiki/Snakes_on_a_plane || 126
8 || Meme || http://en.wikipedia.org/wiki/Meme || 132
9 || Wiki || http://en.wikipedia.org/wiki/Wiki || 129
10 || RSS || http://en.wikipedia.org/wiki/RSS_%28file_format%29 || 122
Source: Nielsen BuzzMetrics
Note: Data from Jan 1 – Dec 10, 2006-->


関連ページ
Long Tail World:Wednesday, January 03, 2007 2006年ウィキペディア引用数トップは「Web 2.0」
PatioTalk
----
現在、ウィキペディア日本語版には約311,912本の記事があります。
756154 submission
日記

寄付募集目標150万ドルまで あと半分

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
12月16日から始まった、ウィキメディア財団のFundraising、寄付募集推進期間であるが、丸2週間で、目標150万ドルの半分、75万ドルを突破した。

現在の寄付総額はこちら。日本円にして約9千万円である。

この数字にはいくつか理由があると思われる。まず、クリスマスシーズンはキリスト教圏ではチャリティの季節であったこと。これにあわせて理事長フロランスは"Give the gift of knowledge"(すべての人に知識の贈り物を)とアピールした。

くわえて、ウィキメディア財団は「マッチング・ドネーション」を今回初めて取り入れた。これは、一般からの寄付額に応じて、支援企業や団体が同額を寄付するというシステム。自分が1万円寄付したら財団が2万円受け取ることができる、と知って、この際、少し奮発するか!という心理が働いたことも想像に難くない。

これは、企業などからの支援を一方的に受けるのとは異なる。寄付の主体はあくまで個人であり、それに応じた額を賛同企業・団体が支援するというもの。広告を排し、特定企業や国のひも付きにならないための方策である。

寄付の状況 12月分を見ると、マッチングドネーション初日には1日で総額78,533.16ドルの寄付が集まったことが分かる。20日から24日までの期間中に集まった寄付額にあわせて、"An anonymous friend"は12月27日22:17に286800.00米ドルを寄付している。また、28日には Virgin Uniteから1日限りのマッチグ・ドネーションがあり、一般からの寄付はやはり4万ドルを超えた。

集まった莫大な寄付は何に使われるのだろう?

>ウィキメディア財団は2005-06年度にハードウェアに43万ドル、インターネットのホスト費用に20万ドルを費やしています。(ウィキメディア財団の寄付FAQより)

ウィキメディア関連プロジェクトは今も急成長を続けている。今集まっている75万ドルも2007年度分のハードウェアとホスト費用を賄いきれるかどうかわからない。それこそ、目標の150万ドル丸々必要かもしれない。

ウィキペディアは最初、創始者ジミー・ウェールズのポケットマネーで運営されていた。だが、他に類を見ない巨大なプロジェクトに成長した現在、プロジェクトの存続と成長持続のためには、財政基盤の安定が不可欠である。150万ドルは、こうしてみると、ごく控えめな目標であったわけだ。

オフトピ
財団の運営などに関する活動を行うメタ・ウィキメディアにある寄付関連ページ Fundraising sitenotice 2006 Q4ではウィキペたんも頑張っている。
----
現在、ウィキペディア日本語版には約306,423本の記事があります。
756207 submission
日記

Wikiあさり

タレコミ by Nemesis
Nemesis 曰く、
The Timesは12月23日いわく、
ウィキペディアの創始者ジミー・ウェールズがYahoo!やGoogleの向こうをはるサーチエンジンを計画していると語った。Amazonを巻き込み、来年第一四半期にも開始予定。

ウェールズの計画では、ウィキペディア同様にユーザーの力をベースにしたサーチエンジンで、名前は「Wikiasari」。「ウィキアサリ」?
  
  「Wiki」(ウィキ)+「asari(あさり/漁り)」

ウィキ」に“rummaging search”(引っ掻き回して探す)の意味の日本語「あさり(漁り)」wo
くっつけたものである。

ウェールズは、Googleは有用だがスパムや屑ばかりヒットして役に立たない場合も多く、ページのよしあしの判断に関しては、ページランク方式は人間の判断にはかなわない、と考えている。

ウィキペディアと同タイプのユーザー・コミュニティとソフトウェアを開発して、新しいサーチエンジンを構築すれば、ウィキペディアで培った評価とサーチ結果の透明性で、彼のサーチエンジンは信頼され広告による収益を上げることもできるようになるだろう。

とはいえ、先発のサーチエンジンに追いつくことは容易ではないとウェールズも認めている。

ウェールズはウィキペディアの理事長の座を他の理事に譲り、活動の軸足を「Wikia」(ウィキア)に移しつつある。Wikiaの次の一手が「人知を結集したサーチエンジン」ということになるのか。

さて、ウィキペディアで大成功を収めつつある誰でもOK方式がサーチエンジン構築に応用できるものなのか、興味深いところである。

関連ページ
Founder of Wikipedia plans search engine to rival Google(The Times December 23, 2006)
Jimmy Wales が Google 対抗の検索エンジン “Wikiasari” を来年立ち上げ(Raruru Blog)

-----
現在、ウィキペディア日本語版には約303,975本の記事があります。
typodupeerror

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

読み込み中...