パスワードを忘れた? アカウント作成
15212416 journal
変なモノ

Ryo.Fの日記: みょーな匿名の臆病者さん 7

日記 by Ryo.F

mars12の日記: 森さんでよかったのに』より、『Re:何の問題もなかった (スコア:1)』あたりの一連のやり取り。
他人様の日記のコメント欄を使ってやるほどの事でも無いので、こっちに書く。

この匿名の臆病者の頭の悪さって何なのかな?

森元会長は有能な人なんだろう。実際、首相にもなっているし、スポーツ界でも力を持っている。
問題視しているのは、なんで言わなくても構わないことを言って言っちゃって失敗すること。それも何度も。

女が居ると議論に時間がかかる、というのはまあそんなこともあるだろう。
ただ、これは価値観の多様性によるものであって、女に限ったことではない。
似た価値観のメンバーだけで構成されるコミュニティに、異なった価値観を持ったメンバーが入れば、当然コミュニケーションコストがかかる。
議論をすれば、価値観の違いをすり合わせるのに時間もかかる。
そう言う理屈。
この匿名の臆病者が「全文読めば何の問題もない発言」と言っているのはそう言う意味かも知れない。

しかし、だから時間制限する、という話に持って行くのが良くない。
制限ではなく、事前に論点を整理して議論の時間を短縮できる様に工夫する、みたいな方向で言えば良かった。
会合で、議論の濃さが同じなのなら、時間は短い方が良いに決まっている。今どき、直接対面の会合であれば特にそうだし、リモートでも長いよりは短い方が良い。

以上は当たり前の事なんだから、表現の仕方ひとつ。それができないのが森元会長の一つ目の問題。

そもそも、女性理事のことは質問されたわけでも無いのだから、自分から言い出す必要は無かった。
ちょっとした言い方の一部を切り取られて批判される、ってことを知ってるんだから、なおのこと黙っているべきだった。
なのにわざわざ発言して失敗。危機管理能力が無さ過ぎる。
これが森元会長の二つ目の問題。

この二つの問題に目を瞑って「全文読めば何の問題もない発言」の様に擁護するのはスジが悪い。
せめて、上の様に分析すべきだろう。

で、この匿名の臆病者は、非常に頭の悪いことを言っている。

それから「科学的根拠もなく」って話だが、発言の根拠全てが科学的に立証されていなければならないという認識がおかしい。

アホである。
「発言の根拠全てが科学的に立証されていなければならない」と言う主張はだれもしていない。
性差別の様な微妙な問題については、もし差別を肯定すると思われかねない発言をするのであれば、慎重にしなければならない。
その慎重さの一つが、明確な根拠を挙げることだし、その有効な手段が科学である、というだけだ。
森元会長の発言には、その慎重さが無かった。

性差の話を避けてはならないということ、その過程で科学的根拠を必須にしてもならない、このことはジェンダーの講義で最初の時間に学ぶこと。

この匿名の臆病者が、もし本当にジェンダーの講義を受けていたとしても、おそらく成績は良くなかっただろう。
性差別議論では、科学的根拠があれば差別が許される、という議論は排除されねばならない、とするのが普通だろう。
例えば、男よりも女の方がおしゃべり好きで、会議の時間が長くなりやすい、という科学的事実が仮にあったとしても、女を委員選任しない、と言う事は許されない。
そう言う意味で、「科学的根拠を必須にしてもならない」とは言えるかもしれない。
しかし、それをもって今回の森元会長の発言を擁護するのは無理筋。

ましてや、

こと男女の問題を語るにあたり、男女の性差という明白な事実を正しく認識しなければならないし、性差に関する科学的知見は万全ではなく日常の経験を重視するべき。

みたいなアホな意見を導くのはなおさら無理。
女がいる会合の時間が長い、というこの匿名の臆病者個人の「日常の経験を重視」して、会合から女を排除する、みたいな議論は、科学的ですらなく、成り立たない。
こんな議論が成り立つなら、あらゆる性差別が「日常の経験を重視」して温存される、と言う事になるだろう。

それを分かってないと性差を語ったから、あるいはそれに科学的根拠がないからと言って「男女は平等なはずなのに性差を語った!差別!」みたいな頭の悪いことを言い出す。

アホの極みである。
「日常の経験を重視」した結果、偏見を十分排除できていない「性差」を観測して、それを元に意見を言う事を肯定している。
これこそ性差別以外の何物でも無かろう。
この匿名の臆病者が受けたと言っている「ジェンダーの講義」では、この程度のことも教えなかったのか?
この匿名の臆病者が理解できなかった可能性の方が高いし、本当は「ジェンダーの講義」なんか受けたことも無い、と言う可能性の方がもっと高そうではあるが。

一方、科学的事実に基づく性差を理解しておく必要がある、と言うのなら正しい。
なぜなら、上で述べた通り、科学的事実を性差別を肯定する理由として許すわけでないからだ。

政治家や政治家出身者の大きな存在意義は選挙による承認から抑圧されがちな発言が可能である点だ。
基準は叩く馬鹿が居るか否かではない。
主張が結果的に正しいか、理論武装云々でもない。
有用か否かの一点で、この発言は十分に有用だ。

この「有用」さをまったく理解できないが、仮に有用であるとしよう。
であればなおさら、マスコミの揚げ足取りで有用な意見を潰されてはならない。
不用意な発言で、「有用」な意見を潰されてしまった、ということも森元会長の問題だと言えるだろう。

で授業の話だが、講義内の討論やディベートを経験したことないの?
意見としてはなんの問題もないよ。

アホである。
ディベートの練習では、正しくない意見を主張する側になる場合がある。
ディベートの練習としては、それで「なんの問題もない」のだ。練習なのだから。
なので、ディベートの練習で「なんの問題もない」意見だからと言って、それ以外の場で問題がないわけではない。

競技ディベートの感覚だと証拠資料さえあればもっとラディカルな意見も普通に出すね。

この匿名の臆病者が「競技ディベート」など経験しているわけが無い。
経験していたとしたら、連戦連敗は必至。

そもそも日常の経験にも多少は立脚するのが科学だよ。
反証主義って考え方があるから調べてみると良いよ。

もう何を言っているのか解らない。
たぶん、この匿名の臆病者本人にも解っていないだろう。

ちなみに、この匿名の臆病者は、科学的事実を欠片ほども挙げていない。

この議論は、Ryo.F (3896)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...