パスワードを忘れた? アカウント作成
13850465 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 【映画】金子文子と朴烈

日記 by Takahiro_Chou

誉めるべき点しか無いような映画だが、日本映画には、ちょっと居ないようなタイプのヒロインが魅力的。それを、ちゃんとネイティブの日本語にしか聞こえない日本語をしゃべる役者さんが演じているので、日本人にしか見えないのに、日本の映画にも居ておかしくないにも関わらず、何故か、あまり居ないキャラ、と云う不思議な感覚を味わう事になる。
そして、もちろん、悪役の水野錬太郎も清々しいまでの小悪党ぶり(他の日本の閣僚から「お前、朝鮮総督の時にポカやった私怨で動いてるだろ」とツッコミが入る始末)。最後に、2人の主人公の片方の朴烈を、わざと死刑にしない事で世の中から忘れ去られようと目論むが……当然、あの時に、まだ20代初めだったヤツを刑務所の中で飼い殺しにしようとすれば、言うまでもなく、そいつが生きてる内にアレが有る訳で、三池崇史版「十三人の刺客」の最後のオチにも似た「あ〜あ……」な結末となってしまうのであった。

typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...