パスワードを忘れた? アカウント作成
14123740 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 2020年2月に観た主な映画

日記 by Takahiro_Chou

「無垢なる証人」

バトルもの/ヒーローものでは「主人公が一度、ドン底に落ちる」展開が定番だが、この手の作品(感動作/ヒューマンドラマ)でも、そう云う展開が必要になるのが良く判る。
……とは言え、予告と違って、しっかり推理ものだったけど。

「ナイブズ・アウト」

配役を見た時点で真犯人が判る映画。
しかし、ある意味、今、この配役でやってこそ意味が有る。
真犯人が仕掛けた罠を、主人公が「まるで真犯人役の役者(早い話がクリス・エヴァンス)を代表する役(早い話がキャプテン・アメリカ)」のような行動を取る事で、結果的に回避する(真犯人の仕掛けた「ゲーム」を碁盤を引っくり返すように無効化する)。
あと、ネトウヨのガキが、トイレで阿呆twしながらオ○ニーって、有りそうで嫌過ぎる。
これ以上に「有りそうで嫌」なのは、「ネトウヨの中高年が阿呆twしながらオ○ニー」ぐらいだ。(そして、あのクソぞろいの一族にして、あのクソガキ有り)

「ジョジョ・ラビット」

「ジョジョ」シリーズ史上、最もマズいスタンド「アドルフ・ヒトラー」。
とは言え、このタイトルで、あんな話をやられたら、日本のマンガの方の「ジョジョ」シリーズでは、「主人公が精神的に成長したら、逆にスタンドが消える/不要になる」と云う展開はやれなくなったかも。
あと、主人公の母親が、妙に印象にかっこいい靴を履いてるな……と思ったら……あぁ、たしかに、あの時代のドイツであんな事してたら、ああなる危険性は有る。

「AI崩壊」

AI/IT描写のドイヒ〜さは予想以上。逆に知識・経験と云う枷が有る者には思い付けないパッチの当て方(誉めてません)。
ついでに、何で、「日本のデモのシュピレヒコールの歴史」みたいな特集をやったラジオ番組に何度も出演してる映画監督が撮った作品のデモ描写が、あんなにステレオタイプなんだ?? SEALDsなんかがやってた「コール&レスポンス式のシュピレヒコール」にしただけでも、かなり印象が変った気がするんだが……。
「ナイブズ・アウト」と同じく「配役の時点で真犯人が誰か判る」映画だが、「ナイブズ・アウト」が「まぁ、キャプテン・アメリカなら、普通はひょこひょこ信じちまうよね」だったのに対し、EXILEのガンちゃんは、「旬の役者だけど、これと言った色が無い」せいで、「見るからに真犯人」と云う感じしかしない。
あと、安倍晋三が嫌いな俺でも、自民党改憲案っぽい法案をゴリ押ししてる副総理の名前が「岸」なのは、ちょっと安直だと思った。

「リチャード・ジュエル」

流石に「偏見のせいで犯人に仕立て上げられる主人公」「プロファイリングとは偏見に根拠を与えるニセ科学ではないか??」と云うテーマの映画で、「女性のステレオタイプ化」と云うのは、かなり痛い欠点。
御存知の方も多いだろうが、劇中で悪役として描かれている女性記者がリチャード・ジュエルの無罪を確信しただけで終っているが、現実ではあれには続きが有った。あの地元紙の女性記者は、リチャード・ジュエルの冤罪疑惑を真っ先に報じた記者でもあるのだ。
「アイドル・オタクだったせいで、女性アイドルが被害者の犯罪の容疑者に仕立て上げられた男の話」が萌えオタへの偏見丸出しだったり、「twitterに『幼女犯したい』とかtwしたせいで、幼児への性犯罪の容疑者にされた奴を描いた話」が今時有りか??級の同性愛者への偏見丸出しだったりしたら……と云う感じの何とも困った映画。最大の問題は、作り手の無意識の偏見がダダ漏れなのに面白い事。
あ、1つだけ誉めておくと、主演俳優デブかわいい&「ナイブズ・アウト」と並んで「主演俳優がこれまで演じてきた役を逆手に取った配役」。

「恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!」

ああ、俺も人間やめて、恐竜になりたい……。
早く、人間絶滅して、再び恐竜の時代が来ないかなぁ……。

「チャーリーズ・エンジェル」

出来は悪くないし、この映画の責任では無いが、この1ヶ月で「配役の時点で真のワルモノが誰か判る」映画、これで3本目。

「Cats」

元になったミュージカルについては、何も知らずに観に行った。
それなりに楽しめたが、何か変なモン観た感もハンパない。
例えば、EXILE映画の「HiGH & LOW」のつもりで観に行ったら、延々と各チームのテーマ曲を歌ってるシーンを観せられたり、アイマスとかラブライブみたいなものだと予想して観に行ったら、延々と各キャラが持ち歌だけ歌うシーンを観せられた、と云うか、そう云う感じ。

typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...