パスワードを忘れた? アカウント作成
14222832 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 【映画】暗数殺人

日記 by Takahiro_Chou

新型コロナ絡みで閉ってた映画館が再開してから最初に見た映画。主演は韓国映画好きには『「牛骨で撲殺』のミョン社長」として有名なキム・ユンソク。悪役は「アシュラ」(2016年)以降、「イケメンの悪役」を演じる事が多いチュ・ジフン。

主人公である麻薬取締を担当するキム・ヒョンミン刑事は、情報屋として使っているヤク中の紹介で、カン・テオと云う男から担当外の筈の「金をもらって死体遺棄をやった」と云う事件の告白を受ける。
しかし、何故か突然、カン・テオとの待合せの場である食堂に、日本で云う捜査一課の刑事達が現われ大立ち回り。
どうやら、カン・テオが「金をもらって埋めた」と言っている死体は……カン・テオの恋人で、殺したのも、カン・テオらしい。

だが、今度は、留置中のカン・テオから、「殺害時に使った縄とテープ」の在処の告白を受ける。
確かに、カン・テオの告白通り、縄とテープは、その場所に有った。……しかし……問題は、既に殺人事件担当の部署が、別の縄とテープを証拠として確保していた事だった。
その結果、裁判では、警察が証拠の捏造をやった事にされてしまい、カン・テオは減刑される。

ところが、更に、キム・ヒョンミン刑事は、服役中のカン・テオに呼び出され「実は、今まで殺したのは7人だ」と云う告白を受け……一体、カン・テオの狙いは何なのか??

中盤までで、主人公が悪役に利用されドン底に陥いる理由と、終盤で主人公が逆転する理由が、同じと云う脚本は見事。

typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...