パスワードを忘れた? アカウント作成

TransPawさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

483921 journal

TransPawの日記: Atashi Wa Ne

日記 by TransPaw

# あたしはね。As for me. 別に英語にするこたないんですが。

☆ ずーっとね。あれってね。やれたらいいなーって思ってたの。
いや、色んな人たちがやっててカッコいいなーってね、
思ってたんですよ。

... なんだよ、ただの真似っこかあ、ってことになると
copycat ならぬ copybat のそしりを免れえない、となると。

Just one copy is not enough かなあ。
まあ、more than once というカウントも可能かなあ、という気も
してるんですが。

Just one more is not enough でございましょう。

まあ、やるとなったら multiply していきたいものでございますね(^^*)

やりゃあいいってもんじゃないって? そうですねえ。そこは気をつけますよ。

でもまあ、ワタクシのような、蝙蝠は飛んでナンボでございます。
というわけで、またちょっと、飛んできます♪

500145 journal

TransPawの日記: 魔女の計算

日記 by TransPaw

☆にがつはにげる、と言いますが。あっという間に3月ですねえ。
ひな祭りも過ぎちゃったしねえ。水星逆行もそろそろ終わるかなあ。
先月はねえ、お友達の素敵なお祝いパーティに行ったりね。
ずーひるぎろっぽんの近くの超豪華なところで久々にbla bla とやって恥ずかしくなっちゃって、
頬が桃色に染まるどころの騒ぎではなく顔から火を出したりしてました。
#焦げたワタクシに気づいた方、あれは見なかったことにしてください。
#関係者の皆様、ありがとうございました+おつかれさまでした。

☆パタパタ飛んで、いろんな人のお手伝いとかしてるとね、
「TPさんに前世があるとしたら、メディチ家の人かもしれないですね」とか
「TPさんは、無償の愛の人ですね」みたいなことを言われることがあるんですけど。
いや、メディチ家ほどのお金持ちだったらここまで必死に飛んでません(汗)!!
そして、ワタクシは天使じゃなくて、魔女を目指しているのです。
魔女たちの間では「人が人に対して行ったことは、よいことも悪いことも3倍になって返ってくる」
と言われているんだそうです。
だから「ワタクシの愛は無償じゃなくて、3倍返しの愛なんです」と答えます。
すると「意外と腹黒いのね」とニヤリとされたり、がっかりしたような反応をされたりするのですが。
その反応を見て、ワタクシもちょっとニヤリとしたり、ちょっと気がかりに思いながらもそのまま
失礼したりしています。

☆この言葉の中の「3倍」という数字は、象徴である、と言われている、と聞いたことが
あったんですが、今ソースがわかんない...ウィキペディアでは"比喩"ってなってますね。
ま、数値化できるという意味ではない、と言われてるんでしょう。
面白い考え方だなあ、と思います。
たとえば、何かを与えたとき、その行為が無償である、ということがあるんでしょうかね。
誰かに何かを1つ与えるとき、無償で与えることができるのでしょうか。
まず、自分が何かを与えられるということ自体が嬉しいですよね。与えられるものがあるということが嬉しいし。
受け取ってくださる方がいる、ということ自体も嬉しいことです。
さらに喜んでいただいたりしたら、その喜びはどれくらいになるでしょう。軽く100くらい嬉しいじゃないですか。
ゆえに、私がチロルチョコを1つあげたとしても、チロルチョコ3つのお返しを期待しているというわけではないのです。

既に逃げ去った二月に、乙女の真心を受け取ったラッキーな殿方の皆様。
俗に3倍返しと言われているそうですが、そこに真の愛が込められているのであれば、
それは量でも金額でも計れますまい。
ゆえに、魔女を目指すワタクシとしては、何をどれだけ返す返さないではなく、
自らの心のままに、新しく与える楽しみと喜びを存分に堪能なさることをお勧めさせていただきます。

#ま、真の愛以外のものが込められてるブツを受け取った場合については、魔女の範疇外なので
#通常の計算機で計算すれば宜しいかと。ほほ(^^*)

420382 journal
アップグレード

TransPawの日記: February in Blue

日記 by TransPaw

# あおい にがつ

☆えっ うそ。二月なの(・・;)。 新月も過ぎちゃいましたねえ。えーっと。前のエントリは。
納豆の話でしたか。ぬぅ。でもって、その後、大豆を鬼にぶっけたり、カカオ豆磨り潰して
練ったりしたのをアマアマにして あーしてこーして いちゃいちゃ べたべた ねえ(^^*)、って
行事があったりするんでしたっけ。うーん、日本人てば 豆が好き。違うか。
ワタクシはどの豆にもあんまり関係ない日々を過ごしてましたよ。
節分もバレンタインデーも何やってましたっけ(・・;)??? マジで記憶がないぞ。
仕事か...寝込んでたか...恐らくどっちかですね (゚-゚)

☆ いやね、まあ、そこそこパタパタ飛び回ってはいるんですよ。相変わらずね。
あれですよ。ワタクシにとって2月ってのは"暦は春♪"とか"ハートも春♪"みたいな感じ
じゃなくって、あれですよ、あれ青色申告 の時期なんでございます。
今年はゴテゴテになってるので頑張らなくちゃ。さらに体調もやや低空飛行が続いてまして....
いや、通院って時間とお金と元気がないとできないよなあ(;_;)なんてね。
いや、大事には至っておりませぬ。そこそこ元気です。やや青息吐息。の2月です。

ま、L'oiseau bleu est à côté de toi.でございますからね。
身近なモノゴトやヒトサマの温かいお情けに熱く熱く感謝しつつm(__)m 頑張りたいと思います。
...って、あのぅ...一応公然の匿名日記で今更な感じですが、これくらいぼかしておかして
欲しいなという感じで、甚だぼやけて遅くて恐縮ではあるのですが何卒ご容赦のほどを...

☆ ...こんなに勢いがないワタクシではありますが、締めはいい感じで。
極楽鳥や孔雀も真っ青の六弦界の怪鳥ロプロス、日比谷カタン氏(むしろロデムか?)の
衝撃のライブ映像をLIVE cheers!さんで無料でチェックできます♪
ただし★要登録★です!
ちゃちゃっと登録してログイン→「再放送」のところで「三軒茶屋 Grapefruit Moon」をクリック
→「2/11」のところをチェックしてみてください。る*しろう、Djamra という対バンの方々もカッコ良いです♪

アコギ弾き語り?いいんじゃない? なんて方、お気軽にお楽しみください。
ギターの弦を張り替えたことがある方、見て聴いてびっくりしてください。
オイラ/アタイはギターの腕には自信があるのさっ☆という方、
...周囲半径1Mくらいに固いものとか尖ったものがないことを確認してから心を落ち着けてご覧下さい。
...なーんて、どなた様にもめちゃくちゃお勧めの映像ですよん(^^*)
氏は日本、いや世界の宝であります(断言)。今後、ギザ要チェキでございますよ。

504811 journal

TransPawの日記: Tell Me Why 2

日記 by TransPaw

# ナゼダカ オシエテ
★ タイトルは"何故に泣いたの 何故に嘘をついたの"... と言う歌い出しのBeatlesの曲より。
涙の理由を問う と言えば、北原白秋の"曼珠沙華"がありますねん。
#ごんしゃん こんしゃん なしなくろ。ってヤツですね。
#...妙に語呂が良い感じがして、お子様の頃勝手に節を付けて歌ってましたねん。
何、別にそんなロマンチックだったり、ミステリアスにポエティックだったりする理由が
知りたいのではなく。ワタクシが知りたかったのは、そう、例のブツ、納豆に何が起きていたのか。
それはナゼなのか、ということだったのですが。

スラドの皆様の日記で例のブツへの言及を目にして、新月の辺りに「おおお。そういうことだったのか! 」
というエントリを書こうと思ってたんですけどね。1日2パック食べたら痩せるとか言う話だったんですよね?!
私の場合、普段が小食なので、むしろ体重増加したりして?! なんて興味深く思ってたんですけど。
あらあら まあまあ、これまた予想外の展開。実際のところ効果ってあったんでしょうかね?
...でもまあ、納豆1パック多めに食べたところで太ったりはしないからいいのかなあ...
売り切れ続出だったよねえ...この手の話題ってすごい影響力があるんですねえ。

なんか「納豆で痩せる」という話とともに、メガマックの話題も結構耳にしたので、
「納豆2パックとメガマック食べてたら大変そうだなあ」とか勝手に想像して面白がってたんですけどね。
メガマック、まだ実物見てないんですが。この間、手違いでビッグマックをいただいてしまって、
半分で挫折したワタクシとしては、今後も決してこの手にとることはないブツでしょう。

★ そうそう、やっぱりBeatlesの曲に"ねえ聞いて、涙についての甘い理由"
...みたいな感じのAsk me whyっていう曲もありますねん。
別にBeatlesとか涙とか甘さには関係ないんだけど、去年のクリスマスストーリーを書くに至った
背景についての覚書をアップ☆してみました。
去年、ズタボロのストーリーを読んでくださった心の広い方、よろしければどぞ。
# いやあホントはストーリーのほうを手直ししたいんですけど。書き散らす時間しかなくって。

Beatlesって言えば、去年リミックス? みたいなのが出たそうですねえ。
アタシはお子様の頃からオリジナル聴き込んじゃった派だからなあ...
"LOVE"でしたっけ?聴いてないです。チラチラと断片的に聞こえてくるモノに対しては、
極めて複雑な気持になります。
そんな複雑な心境を上手く言語で表現できようもないはずですが、あえてやろうとすると
「無理」という一言にまとめられるでしょう。あえてもう一言で表そうとする「無体」でしょうか。
さらにもう一言付け足すと「無茶」でしょうか。なぜにああいう形にしたのか正直よくわからんです。
だってさあ... いや、この手の理由は上手く説明できないですけどねえ...
# むしろ、オリジナルをあんまり聴いたことない人には、すんなり受け入れられるのかもね。

506338 journal

TransPawの日記: 年初の満月

日記 by TransPaw

#ああ、あっという間に2007年になっちゃいましたね。
#昨年中は大変お世話になりました。本年も何卒よろしくお願いいたします。

☆ 毎月ね。新月のアファメーションをやってるんでね。
年初の抱負、という感じというよりは、いつもの延長という感じですが。
自分の力を、自分にも他の人にも最良の形で活かせるようになりたいなあ、と考えております。
もう、これは1年の抱負というよりは、人生のテーマかもしれないですねえ。

そのためには自分の力についてよく知って、
出力先についての情報とか経験値を蓄積して、分析する必要があるから。
となると、とるべき行動は... まずは、あれかなあ、これかなあ、ああ、あれもやりたんだけどなあ。
という感じですねえ(゚-゚)... はははは。まあ、こうやって、私は年を重ねていくのでしょう。

☆昨年末に妖怪トシマタギーが出てるので、今回は特に年末年始感は薄いんですよ。
どうも12月後半から、逃避行動として「スケジュール帳の表紙が異様に重く感じられる」という現象が...
うう、でも、せっかくゲットしたクリエイターズダイアリーですからねっ。有効に活用しなくちゃ。
っていうか、見たいモノが多すぎてねえ。
...あらあ。ひさびさのエントリで、前と変わらないようなこと書いてますねえ(^^*)。

☆ 満月だとねえ、どうも気分がふるふるになりやすいんですよ。
今日はねえ。全身 ねずみ色を着用して ちゅーちゅー な感じでやりすごしてたんですけど。
なんか ふるふる だなあ、と思って、やっぱり ねずみ色で防寒して、ひさびさのお月見散歩に出かけてきました。

出かけるつもりでいたのに、一歩外に出たら、目の前に月があった感じで。
なあんだ、探す気満々でいたのに、待たれてたのね。

空全体を雲が覆い尽くしている感じでね。雲の形は見えないんですよ。
満月は、それはもうぼんやりと美しく霞んで見えました。
冷たく曇った空に浮かぶ滲んだ月光は、ちょっと寂しげだけど穏やかで優しい印象。
道を歩くと、滲んだ月は、電線に沿って私よりちょっと先を進んで、先導してくれるみたいに見えて。
電線越しに見る満月は、タブ譜をうろうろしている光みたいに見えました。
広い場所に行ったら、今度は空っぽの曇り空。こうなると月はぽつんと独唱です。
ちょっと道を曲がったら、木の枝の影が見えまして。
そこでは、丸い光は、細かく複雑な先端にちらちらとひっかかっては遊んでいるみたいでした。
最後に、今度は、私が月より先を歩く感じで、また電線に沿って歩いて帰ってきました。

はて、滲んだ満月と私は、冷たく曇った夜空にどんな曲を鳴らしてたのでしょうね(^^*)

506850 journal

TransPawの日記: Wish upon a Smile 1

日記 by TransPaw

# 微笑みによせる 願い

★ はて、もう1年すぎちゃったんですねえ... はやー (・・;)
スラド日記へのエントリは10月頃から激減しましたねえ。
今年、ワタクシはバルサミックムーンに突入したんで。できるだけオトナシクするんだあ(^^*) とは思ってるんですけどね。
いやー 動き回っています。色々と。
バルサミックらしいというか、腐乱ギリギリの発酵って感じ...の忙しさでありましたねえ。これからどう熟成されるんだろ。おそろしや。

★前回こっそりアップしてたクリスマスストーリーは、色々とあって周囲から刺激を受けて、
ちょっと頑張ってみちゃうかなあ、なんて感じの勢いで エイヤと書いてまして。
特に主張とかあるわけでなくって、枠組みに合わせて超適当に書いたんですが(ま、大体いつもそうなんです)。
ちょっと無意識的な勢いの結果である出力を後から自己分析してみると、
クリスマス後、新年前という時節に影響されたのか「願い」にまつわる個人的な想いが
意識しないうちに出てきてたんだなあ、と思います。

私はあらゆる表現において"他者の表情"に関する表現に「ぴく」と反応する傾向があるのです。
「泣きなさい」「笑いなさい」なんて、これを説得力ある形で表現できる表現者というのは、スゴイと思うんですけど。
「笑って」「微笑んで」っていう歌とか、少なくないですよね。
でも、「あなたに笑っていて欲しい」って願いは、よおく考えるとちょっと大変だという感じがして。
"泣いてるあなた"はダメなの?とか人生って微笑みだけで満たされるのが良い事なんだろうか。とか。
そこら辺をしっかり考えてあるんだろうな、という表現者の表現に引かれる傾向があるんですの。

★「あなたが笑ってくれますように」って願いは、たぶん「私は笑ってるあなたが好き」ってことだろうし
「私はあなたの苦しみが最小限であって欲しいと願ってしまう」ってことなんでしょうね。
でもまあ、それもね。自分のこと考えたら「そこそこ泣いたから、この程度のバカさ加減でおさまってるんだろうな」
って思うことがあるんで。的外れな願いなのかもしれないな、と思うことがあるんですよ。
じゃあ、「あなたのために笑っていたい」って願いなら的外れじゃないかっていったら。
別に、「あなたのため」なんて言われたほうだって、頼んだわけじゃないしぃ、って言われて終わりかもしれないしな。
ってことで、多分、やっぱりちょっと的外れなんだろうなー とか思うんですよ。
だから「私にとっては、あなたという存在自体が私の歓びで、私はあなたという私自身の歓びのために笑うのよ」
ってのが、ぶっちゃけ全部とっぱらっちゃった後に残るモノなんだろうなー とか、
できるだけ思考をフワフワとは反対方向に向けて考えたりすることもあるんだけど。

まあ、結局はワタクシという人間はフワフワした人間なので。
なんだかんだ言って「私はあなたのために微笑んでいられる自分でいたいの」とかって言っちゃいたくなるんだろうな。

なんかさ。そういうことって、自己欺瞞とか偽善とか、そういうコマゴマとした複雑そうな感じじゃなくってさ。
ときに、本気で、そんなフワフワしたことをあったかい感じの気持でうっかりぽろっと言っちゃいたくなるのが...
まあカミサマではないイキモノってことなんじゃないかなあ。なんて今のところ思っちゃうのであります。

# ま、人は1人じゃ生きられないよね、ってことかなあ。なんて思ってるんですけどね。

400968 journal

TransPawの日記: Where's the party?

日記 by TransPaw

# 宴はいずこへ。って、すみません、おそいんですよね(-_-*)
# 終わっちゃいましたねクリスマス。

...って、くぅぅぅぅぅ、 クリスマスストーリーが間に合いませんでしたorz 無念!

あのー...
慌てて書いたのでえ...
出来が悪いんですがあ... 一応、縁起物として(?) アップ☆しておきます。

誤字脱字もヤヴァイレベルなんで、まあ、その何です、
ほら、終わっちゃったけど、クリスマスの精神で...
かなり寛容で物好きな方だけ、どぞ。

#あうう、ダメだ。今見ただけでも、描写が抜けてたりダブってたりします。
#とってもはじゅかしい(-_-*)ので、多分、わりとすぐに手直しすると思います...って
#書いていつも放置なのだが...ほほ。でもこれはホント酷いのでもう一回見直します。

が、そんなガサゴソでズタボロ状態でも こそこそアップする理由はですねえ。

月闇夜さんに"「不幸せな王女」の話をクリスマスストーリーにするんだー"
と宣言してしまっていたからなのでしたー!
というわけで、このお話は、月闇夜さんに捧げます♪

390503 journal

TransPawの日記: not from textbooks

日記 by TransPaw

# "教科書からではなく"...ひゃー ひさびさ(・・*;)!! 1か月以上 間が空きました
# その間、移行もありましたね。中の皆様、いつもありがとうございますm(__)m。

★前回(って1か月前だけど(^^*))、漫画「真由子の日記」を思い出しましたのでね。
その後、つらつらと少女漫画とか少女性についてね、考えていたんですよ。1日3秒くらいの割合で。
ワタクシ、最近の少女漫画読んでないんですよねえ...今と昔じゃ 相当「少女」の描き方が
違うんでしょうねえ...や、読んでないから比較できないんですけど。

多分ねえ、ワタクシが最初に買ってもらった少女漫画って、藤原栄子の姫子シリーズだと
思うんですよねえ(・・;)。内容ほとんど覚えていないんですが、あの絵は覚えてます。
逆に題名とか忘れたんですけど、強烈に覚えてるのが、KCなかよしかなんかので。
やたら教育的な内容のお話が入ってたの。スポ根モノで。「清く正しく美しく強く」みたいな。
病弱なお姉さんを持つヒロインが、警察官のお父さんに剣道を教わってがんばるみたいな。
で、このヒロイン、中学生か高校生って設定だったかなあ...子供の頃、周りの人がみんな
病弱なお姉さんばっかりかまうのが面白くなくてヒネてたんだって。
その頃を自ら振り返って、自嘲気味に言う台詞が
「子供って馬鹿ね。可愛いと言われなければ可愛がられていないと思い込んで」みたいなヤツで。
で"今ではわかる。あの厳しさが父の愛だったのだ"みたいな流れだったんですけど。

★当時お子様だった私は、この「子供って馬鹿ね」という台詞に「うぉおお。 おとなっぽい!!」と
猛烈に衝撃を受けたんですよ。
なんたって、どっちかというと「可愛い」より「可愛くない」と言われることが多かったワタクシ。
その意味するところは大きかったのであります。
いや、「可愛くない」って言われるってのは、見た目云々じゃなくって、こう...リアクションが
相手の予想通りじゃないときに「もうー あんたってば可愛くない」って言われたりするでしょ。
あの状態を作り出すことが、我ながら少なくない子供だったような(・・;)。

★ この台詞の教えに従って、どこかワタクシはヒトサマのリアクションに頓着しない子供として
成長しました。「"可愛い"って言われなくてもいいんだもん。だって、あたし、大人だもん。」という感じで。
...こうして書いてみると、まーこれぞまさに子供っぽいひとりよがりという気がいたしますが(-_-*)。

や、ここのところ「ウルトラマン」とか「トムとジェリー」とかにまつわる訃報が多かったのでね。
やっぱりそれなりにいちいち思いを馳せる部分がありまして。
教科書以外の、こういう子供向けの色んなモノから、随分色々と影響受けたり考えさせられたりした
ものだなあ、なんて。思っているところであります。

# "ねえ ムーミン。" (゚-゚)★

typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...