パスワードを忘れた? アカウント作成
13160681 journal
日記

akiraaniの日記: イトメンのチャンポンめんの話

日記 by akiraani

 東京に越してきて食生活でなにが変わったかと言われると、一番大きいのはイトメンのチャンポンめんが入手できなくなったことだろうと答えると思う。

 イトメンのチャンポンめんとは、兵庫県播州地方を中心に販売されているローカルのインスタント袋ラーメンで、あっさり風味の粉末スープに乾燥させた桜海老としいたけが付いているのが特徴。
 麺はインスタント特有のふにゃっとしてのび易いタイプ。無塩製麺という宣伝文句がつけてあって麺の塩分は控えめらしいですが、麺が美味しいかと言われると普通のインスタントとしか言いようがないです。スープまで含めると麺の塩分なんて誤差の範囲内だろうし、麺に特筆すべき点はないと思ってます。
 しかしながら、基本的にインスタントラーメンって、スープが本体だと思うんですよ。生めん風味の高いやつも食べたことはありますが、生めんだから美味いというのがそもそも幻想なのではないかと主張したい。
 なぜなら、ラーメンにおける味付けの主体はスープと具材であって、麺ではないから。白米と同じで、麺にはむしろ主張し過ぎないほうが望ましい。どちらかと言うと麺にスープがしっかり絡む、もしくはしみこんでくれるほうが美味しいと思ってるんですが、生めんはそのあたりがちょっと弱い。

 さて、そのイトメンのチャンポンめんのスープですが、基本的に薄味で桜海老としいたけの出汁の風味なんかがポイントになります。あっさり風味ながら出汁の味がしっかり付いてる感じ。素のまま食べるとそこまで美味しいというわけではないんですが、卵とわかめとの相性が非常によくて、卵を落とすだけでスープ単品でも美味しくいただけます。
 個人的鉄板の食べ方は 常温ラーメンの話 参照。日記ではインスタントラーメン全般に適用する前提で書いてますが、あれはもともとイトメンのチャンポンめんを美味しく食べるために編み出したやり方です。

 基本的に名物とされるラーメンって、大体がこってり濃厚とか、背脂とか、ピリ辛みたいな刺激の強いものが多く、インスタントラーメンも全般的に味が濃い傾向にあります。スガキヤみたいな和風出汁がきいたあっさり風味のラーメンが好きなんですが、そういうのはあんまりないんですよね。
 ちなみに、なぜか天下一品のこってりは結構好きだったりしますぱよ。あれスープがどろっとしているだけで味そのものはそんなに濃くないし、脂分もさほどではないんで。
 そんなわけで、あっさり風味のスープが美味しいイトメンのチャンポンめんを兵庫に住んでる間はけっこう愛食していた、というわけです。冷やしにしても美味しいので、季節問わず食べれるところがよかったんですが……。
 もっとさかのぼると、小中学校の頃は京都生協の白湯(パイタン)ラーメンが定番でした。モノホンの白湯はちょっとこってりしてますが、安い粉末スープ特有のなんちゃって感がいい感じにあっさりしたものになってて美味しい買った記憶があります。ただ、こちらもローカル商品らしく地域が変わると売ってないようです。全国区で買えるものだとエースコックのワンタンメンが比較的あっさり風味でいいです。

 ぐぐってみたところ、イトメンのチャンポンめんは関東でもドンキホーテの一部店舗で扱っているという目撃証言があるようです。が、どうも割高っぽいですね。あれ地元だと5食パックが300円くらいで庶民の味の代表格みたいな存在なんですけどね。
 でもまあ、所詮インスタントラーメンだし、わざわざ売ってるところを探してまで買おうとは思わないかな。どうしても食べたくなったらメーカー通販使えばいいわけですし。

追記:散歩がてら近所のドンキに行ったんで、ついでに食品コーナー覗いてみたら本当にあった……。5食パック400円とやや割高だったけど、まあこれくらいなら許容範囲かな。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...