パスワードを忘れた? アカウント作成
13530284 journal
日記

akiraaniの日記: プロゲーマー認定制度の色々怪しいお話 14

日記 by akiraani

 以前のねためものコメントでもいろいろ情報いただいてたのでさっくり調べてみたら、新たな展開があった模様。

JeSUがついている重大なウソがほぼ確定(カジノ合法化に関する100の質問)
プロ認定制度の「中の人」の悲痛な叫び(カジノ合法化に関する100の質問)

 日本eスポーツ連合にプロ登録した場合に、協賛する大会では景表法に引っかかってプロ大会にふさわしいだけの高額賞金が出せないという問題ですが、一応回避はしているようです。

 どういうロジックなのかというと、大会にプロオンリーの日を作って「プロモーションイベントの出演者の給金」としてお金を出す、という形で回避していることが判明した、という。

 で、ですね、これの何が問題かというと、一般に説明されている内容との二枚舌。実はこの説明、表立ってはこれまでされていませんでした。
 ゲーム会社自身が高額賞金を拠出することを可能とするプロ認定制度の仕組みとしてプロライセンスを提唱しているわけですが、この方式で回避するんだったら大会ごとに大会主催が出場者と労働契約結べば良いわけで、JeSUの存在意義ってないんじゃないのか、という話になるので、そりゃあそんな話は出来ないでしょう、という状況。

 さらにここで出てきたのがやまもといちろう氏のこのツイート

消費者庁の部門担当者、浜村通信さん以下jesuに公式でそんなこと言った記憶無いそうですよw

「プロ認定の有無なんてうちとは関係ありませんし、何ですかね?」っとのこと

 いやはや、めちゃめちゃきな臭いです。やまもといちろう砲まったなしか、という感じ。

 とまあこの辺まで調べて思い出したのが、ももち氏の出した疑問。
「この制度でプレイヤーはハッピーになれるのか」 トッププロゲーマー・ももちがライセンス制度に関する声明(ITmedia)
日本国内におけるプロゲーマーのライセンス制度について(忍ism)

もともとは自分たち自身が「プロゲーマーとは?」という定義の部分で苦しんだ経験もありますので、良い方向でプロゲーマーの定義の議論が進んだり、定義が明確になることについては自分も望んでいるところです。しかし幾つか気になった点があります。それは、

「なぜ新設される予定の特定の団体に“プロを定義”する資格があるのか」

ということです。今までその定義を自分たちなりに模索してきて、今現在も現在進行形で探し続けている自分からすると「あなたたちは誰ですか。ゲームが好きな方々なんですか。」という思いが生まれてしまいます。

 今のところ、残念なことにこの懸念はずばり的中している、としか言いようのない状況のようです。

 まあ、今後なるようになるんじゃないかと思いますが、それで闘会議とかが巻き添え食ったりするとドワンゴ川上会長というきわめて発火性の高い燃料に着火してしまうかもしれないわけでして……。

 さて、こっからは私見です。

 結局のところ、プロゲーマーって「プロゲーマーのプレイ風景を観客が楽しんで、広告ビジネスなりスタジアムビジネスなりで収益を得る体制」が確立してなんぼなのではないかと思うわけですよ。
 テニスや野球はもちろん、将棋やら囲碁やらマージャンやらすべては「プロプレイヤーの給料の源泉」は試合の鑑賞から得られる利益なわけで、プロプレイヤーを成立させるならそれが一番健全な形なのではないかと。

 必要なのは「ゲームの大会を主催するのはメディアなどの外部スポンサー」という形式を確立することであって、そのための最短手段は「ゲームのプレイ風景を映像メディアとしてマネタイズすること」ではないかと思うわけですね。
 プロゲーマーライセンス制度を作って、ライセンサー組織が自ら大会を開くのは良いですが、ゲーム開発会社がスポンサーなのでは何も問題は解決しないのではないかなぁ。と……。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Ryo.F (3896) on 2018年02月19日 19時31分 (#3363933) 日記

    テニスや野球はもちろん、将棋やら囲碁やらマージャンやらすべては「プロプレイヤーの給料の源泉」は試合の鑑賞から得られる利益なわけで

    それは間違っている。

    様々なスポーツ・競技に様々なプロがいて、必ずしも試合鑑賞の利益から収入を得ているわけではない。
    解りやすいのは、ゴルフのティーチングプロ。
    似ているのは、格闘技のプロ。
    一部のトッププロ以外は賞金だけでは食っていけないので、技術を教えて収入を得ていたりする。

    他にもティーチングプロ制度があるスポーツは少なく無くて、テニスとかがそう。
    サッカーはプロという名前ではないけど、指導者ライセンスがある。

    野球やサッカーのトッププロは、試合鑑賞の利益から収入の大部分を得ているけれど、スポンサーからもらっている契約料なんかでも収入を得てるね。
    そっちの方向の最も極端な例が、モータースポーツのプロ。
    大抵賞金だけでは食ってなくて、スポンサーからの収入の比率が大きい。
    むしろ、スポンサーがいなければ競技を続けられないってくらい。
    まあ、スポンサー収入は、試合が鑑賞されることを前提に支払われるわけだから、試合鑑賞の利益と言えなくもない。

    上に挙げてある麻雀のプロなんかは、まあ賞金だけから収入を得ている人はいないんじゃないかな。
    大抵は、雀荘を経営しているとか、雀荘に雇われているとか、(賭け麻雀でなく)イベントで素人と打って金をもらったりとか。
    この辺り、日本のプロボーラーと似ているかもね。

    純粋に試合鑑賞の利益だけで収入を得ている(割合が高い)のは、公営ギャンブルの選手くらいじゃないですかね。

    マネタイズとか言うんだったら、もう少し広い広い視野を持つべきだろうね。
    トッププロの高収入を支えるには、広い裾野が必要。
    広い裾野を維持する方法は、柔軟に考えていく必要はあるだろうね。

    ちなみに、柔道にはプロは(今のところ)無いけど、ティーチングプロはいるわけだよね。

    • ティーチングやらマネージングのプロは、プロプレイヤーではないよね……。
      大会の賞金も「試合という興業」にたいしてスポンサーがつくから得られるものでしょ。

      相変わらずピント外れなツッコミをする人だなぁ……。

      親コメント
      • by nemui4 (20313) on 2018年02月20日 7時22分 (#3364144) 日記

        業界か協会かそれなりの団体からその道の技能保持者と認定されている「プロ」が指導したり競技を観覧させているのに対価を払ってるんじゃないの?

        親コメント
      • by Ryo.F (3896) on 2018年02月20日 8時13分 (#3364165) 日記

        相変わらず、他人の指摘を自分のためにできない人だねえ。

        ティーチングプロとプレイヤーのプロを兼任する人は多いんだよ。
        多くのスポーツ・競技では、プロと言っても他の職業との兼業か、ティーチングプロとプロプレイヤーの二足の草鞋だ、ってこと。
        最近流行のヒップホップダンスのプロなんか見てみなよ。
        子供相手のダンススクールがあっちこっちにあるだろ?
        学校教育にも取り入れられているけど、あれは彼らの優れた努力の結果なんだよ。
        で、ダンススクールの先生もやりながら、ダンサーとしても活躍できている。
        これらをプロダンサーでない、とは言わないね。
        # ちなみにこれは、プロを持たない柔道のやり方と似たところがあるわけ。

        おそらく、eスポーツも他のスポーツ・競技と同じようになるだろうね。
        競技を見せて金をとることだけ考えてたって、eスポーツのプロはやっていけないだろうし、高い競技レベルを支える裾野も育たない。

        もう少し、他のスポーツ・競技のプロってものをよく見ないと、「マネタイズ」とやらは上手くいかないよ。

        親コメント
        • やっぱり本筋見ない人だなぁ。
          「プロプレイヤーが成立する場合に収入の原資になっている収入は何」って話題だってわかってます?
          いや、指摘してるつもりなんだったらそれで良いですけど、指摘になってないって指摘にもちょっとは耳を傾けましょうね。

          親コメント
          • by Ryo.F (3896) on 2018年02月20日 12時55分 (#3364350) 日記

            「プロプレイヤーが成立する場合に収入の原資になっている収入は何」って話題だってわかってます?

            そう言うプロプレイヤーが成り立つためには、その裾野と、それを支える収入の手段も必要になるよ、って言ってるわけ。

            で、実際、

            テニスや野球はもちろん、将棋やら囲碁やらマージャンやらすべては「プロプレイヤーの給料の源泉」は試合の鑑賞から得られる利益

            ではない、ってことは解ったかな?
            少なくとも「すべて」ではない。

            指摘になってないって指摘にもちょっとは耳を傾けましょうね。

            キミの指摘なら読んだよ。
            まあ、結局キミはその程度の範囲から出られないのかな、とは思うよ。

            で、キミは他人の指摘に耳を傾けてるのかな?

            親コメント
            • ああそうか、すべてって単語のかかる場所がわかりにくかったのか。
              紛らわしい書きかたしてもうしわけなかったですね。

              プロプレイヤーが成立しているすべての競技って意味で、収入のすべてって意味じゃないんですよ。

              親コメント
    • by Anonymous Coward

      パチプロは誰が認定してるんやろ、けいさつ?

  • by Anonymous Coward on 2018年02月19日 11時37分 (#3363728)

    21世紀に入ってからできた日本の資格で
    まっとうなものがあったか
    と問われれば思い当たらない

  • by Anonymous Coward on 2018年02月19日 15時08分 (#3363781)

    まさにこれが賭博になってしまうんでダメですよ、という問題なので、
    ・・・ねぇ?

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...