パスワードを忘れた? アカウント作成
13713025 journal
日記

akiraaniの日記: カップ麺をどんぶりに移しかえる話 12

日記 by akiraani

このコメント関連の話。まさかのスコア5でびっくり。

そもそもカップ麺自体をめったに買わないんだけど、なんかの気の迷いでカップ麺を買ってきたとき、カップにそのままお湯を注ぐという食べ方はほとんどしない。
一番大きな理由は、コメントにもあるようにゴミの分別のためカップを洗うのが面倒だから。
そもそも使わなければ洗う必要もないので、食べるときはカップから麺もスープも具も全部取り出してカップはそのままプラゴミに捨てる。

さらに、お湯も沸かさない。どんぶりに移し替えて水と中身を入れて、レンジで加熱する。こうすると、具のちょいたしがやりやすい。やりやすいというか、ちょいたしできる具材の幅が広がる。
例えば、刻んだ白菜とかを入れても、そのままお湯をかけただけだと生のままの白菜を食べることになってちょっとあれなのだけど、水からレンジで加熱するならちゃんと加熱される。
もともとカップ麺を食べるときに編み出した手法ではなくて、レンジ用のラーメンどんぶりを使って普段からやっているものをカップ麺でもやってるだけ。

さらに、余ったスープも冷蔵庫で保存して、後日肉やら野菜を足して食べるとかもよくやる。
考え方としては、カップ麺に具をちょいたしするのではなくて、カップ麺のスープの素を使って煮物を作り、ついでに麺もいれておくか、という感覚。
煮物の再利用と考えるとそんなに突飛な話ではなし、一人暮らしだとこういうの結構やってる人いるかと思ってたけど、そうでもないのかねえ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...