パスワードを忘れた? アカウント作成
14020774 journal
日記

akiraaniの日記: 国家は人なり、の時代は終わるのか 10

日記 by akiraani

 すいません、なんかそれっぽいタイトルで始めたかっただけでそんなに深い意味はないです。

 資本論的な世界では人は力だった。なぜなら生産能力が人の数に依存していたから。しかし、そのような時代はAIが進歩すれば終わってしまうだろう。
 国は人を養う一方で、人が力を生み出す唯一無二の存在だったからこそ、国家は人なりという言葉は成立する。人が力でなくなったとしたら、国を支えるものは何か。

 唯一無二ではないだけで、力であることは当面変わりがないので、少なくとも我々が生きている間に国家は人なりの時代が終わることはないだろう。
 しかし、人ならざる力のみをもって国家に相当する何かが生まれてしまったら、どうなるのか。
 まあ、SFのテーマとしては面白いと思うし、むしろ多数の作品ですでに語られていることだろうと思う。

 ただ、現実として人に寄らない国家にに類する存在が生まれるとすれば、それは今現在豊かで、かつ人口が急激に減りつつある国で起きるのではないだろうか。
 世界中を見渡して、そんな状況に陥っている国はそんなに多くはない。1億を超える人口と先進国と呼ばれるだけの技術力を有し、しかしながら出生率が低かったり海外に流出したりで人口減少に悩んでいる国でもあればそういうことも起きるかもしれないなぁ、という与太話でした。

  • by Anonymous Coward on 2019年10月09日 15時58分 (#3698537)

    大事なのは消費と供給のバランスなので、消費が人依存である限り相変わらず人isぱぅわー。
    日本とか超わかりやすい。高い消費が見込める海外ばかり見て日本のラインナップはついで感全開な日産の存在とか。

    #生産力だけが強い国も、消費力だけが強い国も、結局他国(の人)に命綱握られてることに変わりはない。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      消費力だけが強い国って、資源国でもなければ、消費する金が無くてすぐ死亡するわけだが。
      アメリカみたいに他から見て消費が強い国はあるが、生産を軽視してるわけではないね。
      ちょっと前はけっこう軽視してたが。

      生産力だけ強い国は輸出依存でありうるから困る。でも今の時代長く続かないというサンプルが日本じゃろ。ほんと内需を徹底破壊してそのあとどうする気なのか。

    • by Anonymous Coward

      「国民に拠らない生産性の高い国」ってのは「国民による一般的な国家」と同等の権限が認められる物なのだろうか?
      ならず者的なグローバル企業は結局はそこそこの規制を受け入れないといけない様に、社会が人間を前提とされている以上は自由度の制限は行われるのじゃないだろうか?

      最悪、軍事的に侵略されてもそれは占領でなく盗難扱いになるのじゃないかと思ったり。

  • by Anonymous Coward on 2019年10月09日 16時02分 (#3698543)

    その為に国民から権限を仮託されている訳で。
    民主種主義国家であればそこは何も変わらないのではないかな。

    非民主的国家であれば国民からの税金で国民の経済活動の競合的な事をやろうとするかもしれないけど、それを行うのに国家である必要性は有るのかな?
    人権的考えが残っている限りは無駄に外患を呼ぶだけの行為とも思えるが。
    多分前提的に、国民を食わすよりもAiの方が生産性が高いって前提なんでしょ?

    蟹工船よろしく、公海上でAIにより資産を生み続ける、何処の国にも属さない何かってのが出てきたりするとちょっと面白いかもとかは思うけども。
    仮想通貨とかブロックチェーンの技術って、そういう根無し草なんだけど一方向には巨大な何かの存在にはそのまま使えそうな気もする。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年10月09日 16時23分 (#3698559)

    映画 ウォーリーの宇宙船のような、機械が働き人間はホバー椅子に座って移動し食って遊んで寝るだけの社会はまだか。

    (ゴミだらけになった地球は捨てたんだけど・・・)

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      子供の頃から食って遊んで寝るだけの大人を見て育つのも
      それはそれで苦痛な人生かもしれんけど

  • 国家が細胞分裂して個人になるのではなく、主体的な意志を持った個人が集まって国家を構成するものである以上、どちらが主でどちらが従であるか、民主主義社会にとっては自明の理でしょう。人が必ずいつか死ぬように、国家だって永遠にして不滅のものじゃない。国家なんてものは単なる道具にすぎないんだ。

    誰の言葉か言うまでもありませんね。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年10月09日 20時10分 (#3698707)

    国家は人なりじゃないですかね。AI使うにしても技術者はいるし。ただ、労働力が人数に比例しなくなるだけで。
    それと、AIは考えはしない。ただ過去の事実に学び、適用されたものの最適解を示すだけ。想像力や意思なんかとは似て非なるもの。なので物事の主体は人にありAIではない。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      〉ただ過去の事実に学び、適用されたものの最適解を示すだけ。
      これの不完全なものが想像力や意思と呼ばれてるものだったりして

      • by Anonymous Coward

        あぁ、それもあるかもしれませんね。
        あれしたい、こんな事いいなって思ったのがそれじゃないとは言い切れませんね。
        ただ、AIに喰わせるデータやお題目は人間が選ぶんですよね、現状。それができるようになればやばいですけど。

typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...