パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

10572786 comment

ampleAmpのコメント: 仕様の変化 (スコア 2) 72

> このeneloopは日本で以前販売されていたパッケージ変更前の「第3世代」のもの

新eneloopは旧eneloopより電圧が低いなどという話もありますので、
むしろ「第3世代」の仕様の方がうれしい人もいそう。
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/kdnreview/20130919_615910.html

10572669 comment

ampleAmpのコメント: Re:ブランドについてくる信用や信頼 (スコア 3, 参考になる) 72

デザインというのは、単に見映えをよくすることだけではありませんよ。
「eneloop=充電池」ということがせっかく一般に広く浸透しているのに、
eneloopであることが一見して分かりづらいデザインにわざわざ変更したわけですから。
普通の電池と間違って捨ててしまう人が出かねません(まさかそれを狙ってる?w)。

それに充電池は充電する手間がありますから、交換時以外にも目に触れる機会は多いです。
普通の電池よりも見た目にこだわりたいという需要はあるでしょう。

10470167 comment

ampleAmpのコメント: Re:30kgだと厳しいのでは (スコア 3, すばらしい洞察) 66

作業者がみんな充分な体力を持つ人とは限りませんし、
長時間の作業や、何度も安定して上げ下ろしせねばならない状況では
30kg程度といっても無視できない重量ですよ。

実際、パワードスーツの研究は
農業や介護をターゲットにしたものが多く存在します。
http://www.wakayama-u.ac.jp/~eyagi/roboticslab/asist.html
http://www.cyberdyne.jp/customer/index.html

今回の「パワーローダーライト」は、災害・原発、将来的には宇宙・深海と、
どちらかといえば非日常な用途を挙げているという印象ですね。
量産化の恩恵をすぐに受けられそうなのは
農業・介護・建設のような日常の作業ではないかと思うのですが、
そこをはずしてきているということは、
デザインの問題か、耐久性の問題かがあるのかな?と勘繰ってしまう……。

10469430 comment

ampleAmpのコメント: Re:どうにも (スコア 1) 24

by ampleAmp (#2521943) ネタ元: しぶんぎ座流星群、1月4日4時ごろ極大

私自身は「輻射点」と言った方が馴染みがありますが、
あんまり天文詳しくない人に説明するときは「放射点」と言っちゃいますね。
輻射という言葉はあまり一般的ではなく、複写とかと間違われやすいので。
メディアで「放射点」が優勢なのも、たぶんそんな理由かと。

10356819 comment

ampleAmpのコメント: 赤くない赤本 (スコア 3, 興味深い) 21

1960年代前半までは赤くなかったんですね。なんだか新鮮。
http://www.akahon.net/akahon60/history/
「赤本」という愛称は、自然発生的に読者から呼ばれて定着したものだとか。

#赤本がいつのまにかA5判になっていたことを知らなかったのでID。

10356491 submission

伝説のマイコン「Altair8800」互換の8bitマイコンキット「Legacy8080」製品化へ

タレコミ by Anonymous Coward
あるAnonymous Coward 曰く、
株式会社 技術少年出版のサイトの発表によれば、 1975年に発売された歴史的コンピュータ、 Altair8800 や IMSAI8080 と互換性のある学習用マイコンキットを製品化するとのことだ。Altair8800 は Intel 8080 CPU と Microsoft のはじめての製品だった Altair BASIC を搭載して大ヒットし、マイクロコンピュータ革命の火付け役として知られている。

サイトではこの Legacy8080 自体の他、元となる Altair8800 やビルゲイツの逸話なども紹介されている。

「ビル・ゲイツや2人のスティーブを目指そう!」

とのことなので、お子さんの学習用にいかがだろうか? もちろん自分で遊んでもいい。

10356442 submission
暗号

Google社所有ドメイン向けの不正証明書が発行される

タレコミ by Motohiko
Motohiko 曰く、
ITmediaエンタープライズの記事より。Google社の所有する複数のドメイン向けの、不正な電子証明書が発行されていたことが12月3日に発見されたとのこと(Google Online Security Blog)。影響するドメインはgoogle.comyoutube.com.google.co.jpなど広範囲に及ぶ。各ブラウザーベンダーは既に対応を表明しているので、更新情報には注意して欲しい。

情報元へのリンク
10288972 comment

ampleAmpのコメント: NHKスペシャル (スコア 5, 参考になる) 35

by ampleAmp (#2503214) ネタ元: 消えたアイソン彗星、実は消えてない?

12月4日に放送予定のNHKスペシャルは、
タイトルを「遭遇! 巨大彗星アイソン」から
「宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎」に変更して、
アイソン彗星に何が起こったのかに迫るとのこと。
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/1204/

太陽に突っ込んで崩壊というのは、彗星ではよくあることなので
(今回は“世紀の大彗星”という前評判だったので騒ぎが大きいだけ)
落胆して終わるのではなく、こういう番組で掘り下げてくれるのはグッジョブ。

ジャコビニ流星群の予想が外れたのをきっかけに天文の道に進んだ
渡部潤一国立天文台副台長という例もあることだし。

10288948 comment

ampleAmpのコメント: Re:肉眼での観測は困難 (スコア 5, 参考になる) 35

by ampleAmp (#2503205) ネタ元: 消えたアイソン彗星、実は消えてない?

ラブジョイ彗星(C/2011 W3)や池谷・関彗星(C/1965 S1)のように
核の崩壊や分裂後にも観測できる可能性は一応残っているとはいえ、
肉眼で容易に見える明るさはもう期待できそうにないですね。

なお、ラブジョイ彗星(C/2013 R1、上記の2011年のものとは異なる)が
明け方の空でそこそこ明るくなってきているので
心を慰めたい方は観測チャレンジしてみるのもよいかと。
双眼鏡が必要ですし、天体導入経験がないと厳しいかとは思いますが。
(彗星は見た目の面積が広いので、同じ等級の恒星よりずっと暗く見える)

10288028 comment

ampleAmpのコメント: Re:まだ生きてるようです (スコア 1) 6

by ampleAmp (#2502940) ネタ元: アイソン彗星消滅?

残念ながら、それは昨日までのニュースでして……。
その後、近日点通過(太陽への最接近)を経て、
消滅の可能性が高いという発表が出ているというのが現状です。

双眼鏡をお持ちでしたら、
ラブジョイ彗星(C/2013 R1)でも探して心を慰めましょう……。

10218290 comment

ampleAmpのコメント: 監督脚本山崎貴か…… (スコア 1) 46

by ampleAmp (#2495985) ネタ元: ドラえもんが3D化

山崎貴といえば、監督デビュー作「ジュブナイル」は
ファンの二次創作による“ドラえもんの最終回”をヒントにした映画。
http://www.neoutopia.net/interviews/yamazaki_01.htm
10年以上のときを経て、ついに本物のドラえもんですか。

ただ、山崎貴の藤子・F・不二雄愛はガチだろうとは思うのだが、
ALWAYSが大当たりして以降、どうにも泣き偏重な映画ばかりで、
今回の映画も、予告編を見るかぎりではそういう路線に見える。
せっかくの3DCG映画なんだし、大長編ドラえもんみたいなのを徹底的にやってほしかった。
#まぁリターナー(監督第2作のSFアクション)はあんまり評価高くなかったわけですが。

10124312 comment

ampleAmpのコメント: Re:おいくらまんえんですか? (スコア 5, 興味深い) 67

補足。
カタログを元に計算してみました。

http://www.oreilly.co.jp/catalog/
398冊(ロゴ入りバックパックは省いた)掲載されています。
価格を単純に足すと、136万3593円。

今回の大人買いは、現在稼働しているもの約350点ということですので、
やはり1セットあたり100万円ちょっとで済みそうですね。

9391569 submission
人工知能

理系的発想力を問う文学賞「星新一賞」が創設、人工知能の応募作品も受付ける

タレコミ by ampleAmp
ampleAmp 曰く、
理系的発想力を発揮した物語を対象とした文学賞「星新一賞」が創設された。
一般部門とジュニア部門(中学生以下)の2部門から成り、応募受付は2013年7月25日~10月31日。応募規定には「人間以外(人工知能等)の応募作品も受付けます」とあり、どのような作品が集まるのか興味深い。
人工知能による小説といえば、まさに星作品を題材とした小説の自動生成研究「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」(過去のストーリー)があるが、このプロジェクトも協力団体として名を連ねている

また、審査員の一人であり、途中まで実行委員会の一員でもあった瀬名秀明氏のブログにて、賞設立のこぼれ話や、制限字数10000字の由来などが語られている。

情報元へのリンク
typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...