パスワードを忘れた? アカウント作成

anqmbさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

504736 journal

anqmbの日記: ためしに帰ってきてみました 1

日記 by anqmb

・ミクシィでも日記は全体に公開していた
・ミクシィ自体が巨大化しすぎて、あんまり内輪的でなくなってきた
・ミクシィでリンクを張ろうとすると無料じゃなくなる

などの理由で、ためしにスラドに帰ってきてみました。
気になる不便な点があれば、ミクシィ日記に戻します。

ヘルシア緑茶に関する日記(1)とかあって懐かしいな。

  1. ガツンx3な緑茶飲料って (04-02-14 5:58)
601404 journal

anqmbの日記: 半田屋、東京進出

日記 by anqmb

いかさんの好きそうなネタを一つ。

一昔以上前、仙台で学生やってたときによく食べに行っていた半田屋(以前の「めしのはんだや」)が東京進出だそうで。その後、イメージチェンジしたことはネットで知っていたが、かつてのはんだやユーザとしては、すこし奇妙な感じがする。あと、仙台駅前店の聖地呼ばわりもな。

公式(1)はアクセス殺到なのかちゃんと見えなかった。びっくりドンキーのFCもやってた(6)のは意外。

  1. 半田屋公式サイト
  2. 大衆食堂半田屋北池袋店スレッド
  3. めしのはんだや&半田屋【本店】15杯目
  4. めしのはんだや愛宕店 ~そして半田屋へ~
  5. 大衆食堂「半田屋」レポート
  6. エイブリックNET:半田屋
417275 journal

anqmbの日記: 端的に

日記 by anqmb

2番目のリンクのさらに先から、「「痴呆」の呼称の見直しに関する要望書」の一部を引用

「痴」と「呆」の個々の言葉のいずれも、蔑視的な意味合いが含まれており、「痴呆」についてもこうしたニュアンスが感じ取られます。

 したがって、この際、できれば呼称の見直しを希望するところであります。

言わんとすることはわかるけど、そうした状態を「痴」「呆」という字を使って表現してきたのだから、言葉狩りをしたところで歴史は繰り返すだけだろうに。「白痴」・「精薄」→「知障」然り。

たとえば程度によって「認知障害」と「記憶障害」と呼びかえたところで、「認障」「記障」が新・蔑視語となるだけ。いまの「池沼」という単語のネットでの使われ方と同様に「人称」「気象」なども汚染されるに過ぎない。

であるなら、端的に「痴呆症」あるいは「ぼけ症」などと呼ぶ方がまだましなのではないか。でも、厚労省の挙げた候補にはこうした言葉は含まれていない。

[2004-11-20追記]結局「認知症」という呼び名にするようだ。
http://www3.nhk.or.jp/news/2004/11/20/d20041119000215.html

450873 journal

anqmbの日記: プライバシーがらみで有名人を叩く日刊ゲンダイのおかしさ

日記 by anqmb

「さすがに今回は法務省の役人が気の毒になります。彼女はプライバシー侵害だから名前を出すな! 関東在住の夫婦と匿名で発表しろ! と言ってるらしいが、子供のプライバシーを散々利用してきたのは、あなたでしょう」(女性誌記者)

このようなことを女性誌記者に匿名で言わせて矛盾をついたつもりになっているらしい、日刊ゲンダイ。ここは以前にもフリーターがらみでおかしな記事を書いていたので、別に驚くには当たらない日常の一こまとして、今回のおかしな記事も位置づけるべきかも知れない。

この日刊ゲンダイの記事のどこがおかしいか。一個人が懸賞に応募する例で考えてみよう。

  1. 懸賞に応募するのは何かが当たらないかと期待するから、つまり私利私欲のためだ。
  2. 一個人の個人情報が勝手に(週刊誌や新聞やネットなどの)メディアにさらされるのはプライバシー侵害である。これも異論はないだろう。
  3. では、懸賞マニアの知人に対してはプライバシー侵害をしてもいいか。もちろんそんなことはない。たとえば懸賞マニアの個人情報を懸賞サイトから入手して、その友人関係について公表するのは問題になるだろう。たとえそのサイトで、友人を紹介すれば懸賞に当たるチャンスがアップとかやっていて、件の懸賞マニアが積極的に友人を売っていたとしても。
  4. で、今回の自称?「関東在住の主婦」さんは代理母出産を公表し、子供を生む行為と生まれるべき子供の存在について晒してきた。あまつさえ、そのことで金を稼いだ。代理母を募集したりするためにいろいろ費用が必要だったのだろうが、まあ私利私欲のためと見ることも出来る。
  5. でも、だから法務局は子供のプライバシーを晒していいかと言えば、とてもそうは言えない。生後6カ月の赤ちゃんにすぎない、まだ国内法的には赤の他人、もっと踏み込んでもせいぜいが付き合いの深い知人レベル(どう考えても感覚的には違和感ありまくりの解釈だが、出生届を受理しないとはそういうことだ)の別人のプライバシーを晒すに足る理由は、見あたらない。

出産の事実をもって母とする解釈を頑固に貫き、知人を生んだと主張していると見なして、出生届を不受理にして法的に筋を通したはずの法務局の行動はいきなり矛盾しているし、そのことは批判されるべきだ。

にもかかわらず、作家(下請け業者?)を使って人格攻撃までしている日刊ゲンダイ。どうしてそう変な記事を書くのか。プライバシー権の行使とは、結局は個人情報を意図した形で公表する権利。さまざまな個人情報について、公表するかしないかを自らが決定するということ。そこをはき違えてはいけない。

617370 journal

anqmbの日記: 京ポン

日記 by anqmb

いまごろになって、友人の某氏とその天敵だった某氏が、先月のほぼ同時期に京ポンを買っていることに気づく。
そういう私もようやく、同期の課長を騙して、もとい説得して業務で京ポンを確保してもらう予定。早く来ないかな。

450353 journal

anqmbの日記: p2に乗り換え

日記 by anqmb

ずっと2chビューアはホットゾヌだったのだが、Sleipnirを使いだすとタブ型の似たようなブラウザを2種切り替えなきゃいけなくて不便。

…ということで、p2に乗り換えたのだった。うちの貧弱環境じゃ少しもたつくけど、快適。
移行もそれなりに簡単だった。移行が完了した気はしないけれども。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...