パスワードを忘れた? アカウント作成

aruto250さんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

14996695 journal
日記

aruto250の日記: 令和のああっ女神さまっ『おとなりに銀河』1巻

日記 by aruto250

『甘々と稲妻』の雨隠ギドの新刊『おとなりに銀河』の1巻を読んだ。前作は妻を亡くした男性の子育てを描いた作品だったが、今回は親を亡くした青年が年の離れた弟妹を育てる話ということで、こういうのが好きな作者なんだろうか。主人公はアパートを経営しつつ漫画家(しかも高校生デビュー)として生計を立てており、アシスタントが独立して人手が足りず困っていたところへ有能アシスタントとしてヒロインが現れるという導入だ。このヒロインは離島に住む一族の「姫」をやっていて不思議な力を持っているのだが、アクシデントにより主人公と「契約」をしてしまう。本来は婚姻の相手と交わすはずの「契約」の力により、主人公とヒロインは離れられない強制力に縛られることになるが、ヒロインは元々主人公の漫画のファンで満更でもなく…という、この流れにはどうしても『ああっ女神さまっ』を思い出さずにいられなかった。ただ主人公がやっているのがバイクいじりでなく漫画というのが80年代と令和の時代の差といったところか。しかしこのヒロインの造形がとても好みなのだけど、改めてどうも自分はお嬢様キャラクターが好きなのだなあと思わされるなあ。それこそ昔好きだった女神さまっの影響だろうか。それともさらに昔に読んだ少女漫画の影響か。だが∀ガンダムではディアナ様よりソシエ派だったのできっと自分はショートカットの次くらいに好きな属性のだろう。話がそれた。

ともかく主人公が住み込み大家をやっているアパートにこのヒロインが入居してきて、一緒に買い物したり、強制力の性質を確かめる実験として離れたりくっついたりするなどして距離を詰めて来るのに対して好意を抑えようと苦悶する主人公なのだが、1巻の残り1/5辺りからの畳み掛けが激しく、ヒロインが主人公の幼馴染みへの嫉妬を自覚するところから緊張感の堤防がガラガラと決壊していく。このあたりは2巻への「引き」というか、興味を持続するための盛り上がり、あるいは1巻からすでに中だるみし始めてしまったことへのテコ入れなのかも知れない。ヒロインはお嬢様タイプのキャラクターで、先に書いたように個人的には好きな造形なのだが、お嬢様以前に漫画家気質というか、昨今流通しているいわゆる「オタク同人女」的な振る舞いが多く描写され、「これが○○…!」とニマニマしたり、憧れの漫画家を前に取り乱してどもったりしている。こうした描写はおそらく同人活動をしている人には同人あるあるとしてウケるのかもしれないが、自分としてはその取り乱す様を可愛いなと思うくらいで今一つノリ切れなかったので、1巻の中盤にテンションを感じ取れずに中だるみを感じてしまった。こうした「同人あるある」を読み手の素養に前提として求められるというのはとても現代的で、今一つ乗れない自分が既に古い世代になってしまったと実感させられた。

そんな感じで色々考えさせられるところはあれど、ともかく1巻終盤からのヒロインの可愛さは素晴らしい。特に「今夜はこの素晴らしい気持ちのままでいたいのです」には初々しい恋愛のリリックを感じて、また咄嗟にそういう反応をできるヒロインの性格に、とてもうれしい気分になった。そうだよねえ、その気持ちは大事にしたいよねえ、と。またその時の記憶をを意識しないようにしても勝手に思い出されて焦る主人公の描写も、なんだかとても分かる感じがして微笑ましい。この先、同人あるあるネタを中心に展開されると付いていくのが難しくなるかも知れないけれど、その見極めも兼ねて、2巻が楽しみになる作品だった。中年の枯れた心に一瞬、恋愛のトキメキを思い出させてくれた漫画でした。

14085006 journal
日記

aruto250の日記: あけましておめでとうございます 2

日記 by aruto250

なんだかここ数年は年初の挨拶しかしていない気がする上に、もはや松の内さえ過ぎてしまっていますが…。
一年前はRaspberrypiに手を出しましたが、今年はArduinoに挑戦しようと正月休みに買ってきました。さてどんなものを作ろうかなと思案中です。

しかし今の主な活動場所のTwitter、完全にアンチフェミ垢と化してしまい、これで良いのかと悩むことが増えてきました。いや本当はもう少し違うアカウントになるはずだったんだけど、やはりヒトの活動の最前線、社会の変質の最前線は生殖活動(いや現代社会においてはイコールで生殖を意味しなくなったわけですが)の中に現れると思うと、どうしてもそこに言及してしまうんですよねえ…。

13972221 journal
日記

aruto250の日記: 新人賞の(小川一水さんの)選考基準 14

日記 by aruto250

「新人賞の選考をしている」という小川一水さんの発言にこんなものがあった

曰く、

小川一水
  @ogawaissui

今日も新人賞応募作を読んでたんですが、現代では当然のフェミニズム的価値観を、未熟な新人の作品にどのていど求めるかどうかというのは、前回から引き続き悩ましいね。
20:24 - 2019年8月1日

小川一水
  @ogawaissui

「性的不均衡に関心が高いし、面白い」だったら悩まない。「性的不均衡に関心が高いけど面白くない」も、まあそんなに悩まない。しかし「面白いけど性的不均衡に無関心」というのは悩むし、実際これが多い。
20:26 - 2019年8月1日

小川一水
  @ogawaissui

別に完璧を求めはしないんですが。自分だってそういう点で完璧な話は書けてないし、完璧なんかどこにあるという話にもなる。だからその種の関心があるていど見えていれば、まあ汲み取る、ぐらいの感じ。
20:27 - 2019年8月1日

いや、SFというものは未来予想図であるからして、多分に思想的な表現物である、ということは分かる。多分ハヤカワのコンテストか何かだから名の知れた出版社の責任というものがあることも分かる。

が、しかし、現役のクリエイターが、創作物に対して、楽しさだけでは不足で、特定の思想が表現できている必要があるということを表明するというのはちょっと衝撃だった。

よりによって、20年近く前からずっとファンだった小川一水が無警戒にこんなことを言うようになってしまうとは…いや確かに、そういう信念を折りに触れ出してくる作風ではあったけど、ここまでとは……。

13809005 journal
日記

aruto250の日記: 2019明けまして&書き初め

日記 by aruto250

明けましておめでとうございます。
2019年の書き初めはpythonでの顔認識とcec-clientの呼び出しによるTVコントロールでした。TVの視聴時にあまり近付いて観ていると一定時間で消える仕組みです。SONYの新しめの機種には最初からこの手の機能があるらしいですが…。

去年からようやくRaspberrypiに手を出しましたが、今年の目標はインテリジェントな監視&通知システムの制作ですかねえ。家電のコントロールとかは面白そうですがあまり必要性を感じないというか、もしやるなら施錠やシャッター、各部屋のドア開閉と合わせたスマートハウスでないと使いにくそうではあります。

あとは、去年は1ヶ月ほどTwitterから離れたら精神的にすごく良かったので、今年もそうした期間を設けようと思います。

今年も一年よろしくお願いします。

13705281 journal
日記

aruto250の日記: 上澄みの物語 相田裕「イチゴーイチハチ!」 4

日記 by aruto250

前回の日記でサディストの描く平穏な漫画の例として引き合いに出した「1518!」は、気になりつつも作者の印象が最悪で手を出していなかったところ、日記での言及で関心が閾値を越えたので買ってみたら大変に良い漫画だった。
中学の硬式野球でエースだったが肘を壊して野球ができなくなり失意のまま高校に進学してきた男の子が、その少年に憧れていた女の子と同級生として出会い、生徒会活動とその女の子の献身的な明るさで立ち直っていく成長物語なのだけれど、この男の子である烏谷くんに注がれるみんなの視線が大変に暖かい。烏谷くんが前向きに新しいことに取り組み、喜びを得るたびに、周囲の人も一緒に喜び、時には嬉し涙を流す。そういう気持ちの動きを丁寧に描いているから読み手の心まで暖かくなる。そして烏谷くんのほかにも挫折を経験した人々がいて、その立ち直りを丹念に描いているから、主人公一人の成長物語としてだけでなく、とびきりの青春群像劇になっている。
とまあ、烏谷くんのことばかり書いているけど、メイン主人公は烏谷くんを立ち直らせるために構いまくる可愛い系ヒロインの丸山さんの方なんだよね。丸山さんは最初から烏谷くんへの好意MAXで、だけど色々と無意識で無自覚なのでラブコメにはならないという。まああれだけの好意を向けられてさらりと流せる烏谷くんも只者ではないが。それでも途中から意識し始めてしまい、そこからはトントン拍子で進む様子。個人的に好きなのは烏谷くん周辺の、生徒会紹介の動画をお父さんに見せた辺りとか、チェンジ・オブ・ペースの話とかだし、烏谷くんと丸山さんがくっついたらすぐに話が終わりそうだしで、恋愛はあまり進まない方がありがたいのだけど、これは本を売る方にしてみれば恋愛メインの方が売りやすいだろうし難しいところなんだろうな。
ともかく、丹念に描かれる高校生たちの心、眼差しに加えて、時々織り込まれる「高校生らしい」ちょっとしたイタズラ心が、リアリティのある高校生活として読み手の想い出を刺激する、出色の作品になっていると思います。個人的にも事前にKindleのサンプルを読んで、これは紙で揃えるべき漫画だと思い買い揃えたけど、結局Kindle版にも手を出してしまったほど。

で、この作品の陽のあたる部分を上げればまだまだキリがないのだけど、陽のあたるものが言外に語ってしまうものも意識せずにはいられないわけで…。
まずこの松武高校は「県下トップの公立高校の併願校」と語られていることから、舞台となる埼玉県のトップ公立高校が偏差値72、3なのでコースにより70から65くらいか。作中で「進学で負けた」とか言いつつも、学力上位2~7%の人々の物語なわけだ。そのなかでも主人公が関わっていくのは生徒会であり、その世界は生徒会役員、部長、委員長といった、リーダーの資質を備えた人たちで構成されている。上澄み中の上澄みが集まって初めて成立する特殊な世界の話なのだ。
さらに登場人物が全員理性的すぎる。自己抑制能力が異常に高いか、衝動性が抜け落ちた特殊な人間ばかりなんだろうか。烏谷くんなど、中学の3年間をオレ様系エースとして過ごしておきながら「野球ばかりやってたから女の子を好きになるってどういうものか分からない」という奥手ぶりだ。それともこれが上位一桁パーセントのリアリティなんだろうか。血統もいい。烏谷くんは両親とも陸上経験者で兄が箱根駅伝の選手なのだそうで、フィジカルエリートな上に頭もいいわけだ。丸山さんは大宮の住宅地で延べ床面積が200㎡くらいの家に住んでおり、祖父は余裕のありそうな工務店の社長をやっている。上位数パーセントの頭を持った子が産まれるのも納得の家系だ。
そして、そもそも主な登場人物は運動系部活動の出身者が多く、挫折を経験しても前向きになり乗り越えていく精神は優れた身体あってのもなんだろう。スポーツマンはスポーツを取り上げてもなおスポーツマンなのだなあ。軟弱な人間ではこうはいくまい。

なんだかすっかりルサンチマンの分量が多くなってしまったけど、優れた人間たちによる美しい物語に、それを支えるだけの現実的な背景を用意すると、まあこういう容赦ない感じになるしかないんだなあと納得せざるを得ない。

13689874 journal
日記

aruto250の日記: 「のりなよ」という漫画 9

日記 by aruto250

自転車が今みたいなブームになる少し前、MTBでクロスカントリーをやっている知人に聞いた話なのだけど、山中のクローズドでないコースでは、しばしば自動二輪のオフ車に出くわすのだという。オフ車は激坂の常として、スロットルを開けて土をはね飛ばし轍を掘り返しながら登っていくのだが、そんなとき知人やその仲間の自転車乗りは、腕を組んで道の両脇に立ち、怒りと殺意を込めた視線でオフ車乗りを睨み付け続けて、オフ車が走り去るか引き返すまでプレッシャーをかけ続け、絶対に休憩なんかさせないのだそうだ。山の中のバイクは道を荒らす敵だから死ねばいいと思っていると、楽しそうに語っていた。

自分はバイク乗りではあるけれど、子供の頃に父親に連れられて何度も山登りをし、山道を荒らすことへの禁忌をしっかり教えられたせいか、恥ずかしげもなく道を削るオフ車の走り方は正視に堪えないくらいではある。けれどそれでも、この知人から聞いたエピソードの、バイクへの敵意とかそういう次元ではないあれこれが、自転車乗りの類型として自分の中にずっと留まっている。

いやKindleで「のりりん」の1、2巻が無料だったので読んだんだけど、あれは本当に布教漫画だよなあ。「自転車乗り界隈には色々思うことはあるだろうけど、一度乗ってみなよ世界が変わるから」という導入とメカに関する蘊蓄で、実際あの漫画を読んで自転車に乗り始めた人もいるだろうと思う。そして、一度中に入ってしまえば、自転車乗りの世界が居心地よく感じる人もいるだろうなと。特異な世界に抵抗を感じていた人ほど好きになるかも知れない。自分だって、仲間に入れてもらえさえすれば、嬉々として山中のオフ車を睨み付けるだろうしな。

とりあえず、のりりんは続刊も買ってみようと思う。自分も元々は自転車は嫌いじゃなかったのだし、きっと楽しめるだろう。
(2018年08月23日 8時25分)

追記
結局Kindleで全巻購入して読んだ。いや結構面白かった。主人公の謎のモテ具合はもはや作者の側も投げやりになっている感がしなくもなかったのと、終盤はやや駆け足で畳んだ気配がなきにしもあらずだったのは少し残念だったけれど、きれいに終わってひと安心。
しかしレースに出場するときのチーム名が「チームKANPAI」という、社会人サークルにありがちすぎる(そして個人的に嫌いな)ノリで笑ってしまった。そうなんだよなあ。こういう、平均より上の連中の余裕、みたいなものが、そして趣味の本体以外の「飲ミニケーション」がたっぷり付属してくるところが嫌いだったのだ。

13680856 journal
日記

aruto250の日記: word2vecというものを初めて知った 3

日記 by aruto250

10年くらい前に人工無能を作りたいと思っていたとき浮かんだイメージに、単語が多次元の空間に存在していて、単語同士の距離や方角みたいなものがあり、その空間に死や生、喜怒哀楽といった身体的な価値観を包含させることで感情的な反応を持たせることができるのでは…とか考えていたんだけど、この多次元空間に浮かぶ言葉のイメージ、既にword2vecという実装まで出来ていたのだな。文系素人な自分の妄想と違ってちゃんとした理論に基づいた実装で、これ使い方によってはすごいものが作れるんじゃないか?何なら分析させるものが言葉や文章じゃなくても良さそうだしな。類義語には強いが対義語の区別がつかないという弱点も、確かに言葉だけ分析しているならさもありなんだけど、このあたりは何らかの「価値観」みたいな尺度を持たせないと区別できないのだろうな。

13679632 journal
日記

aruto250の日記: 少女漫画の天然系女子「僕と君の大切な話」

日記 by aruto250

ヒット作を出した作家の次回作ということで割合注目されていた漫画だけど、実は2巻まで買って以降、購入を見送っていた。いや主人公の東くんが2巻までの描写だと「独特の理屈をまくし立て、四角四面で融通が効かない」上に成績は底辺という、予後が絶望的な人物に見えて辛かったからなんだけど、最新刊4巻の誘惑に耐えきれず買ってみたらラブコメが大変に盛り上がっており、あまりにも楽しかったので3巻も買って全巻揃えてしまった。
ラブコメとしては既に3巻から盛り上がっていたようなのだけど、東くんの描写もまた情報が追加されて「独特の理屈を振り回すが知人に対してはそれなりに融通が効き、友人は多くクラスでも立ち位置を確保しており私服のセンスもいい」にアップデートされており、成績が良くないのも小説か何かを書くことに打ち込んでいるから、という、逆に置いてきぼり過ぎて辛くなる人物になっていた。

しかしこの作品、男性受けも意識しているのか、出てくる女子がことごとく可愛いのはまあ良いとして、もう一人の主人公である相沢さんの造形が、どこかお嬢様っぽい言動の天然ボケ美人という、本来の読者であろう女性からしてみたら反感を覚えられてしまうのではと心配になるレベルなんだけど…いや、もうこうした男性受けのいい女性に反発するということ自体が古い世代の行動なのであって、メインの読者層であろう若い女性にとってはもはやどうでもいい事なのかも知れないな。
そしてこの相沢さん、その美少女さと妄想と赤面もさることながら、台所用給湯器がシンクの上で火を焚くタイプが付いているような古いボロアパートに住んでおり、日々の食糧事情もギリギリで特売のパンが生命線、ここ一番という非常時にお婆ちゃんからもらえたお小遣いも200円、服は中学以来買ったことがない、というかなり貧しい生活でありながら、小さい頃にはゴールデンレトリーバーを飼っていたり(ということはさすがにアパート住まいはないだろう)、小学校まではピアノを習っていたり、お婆ちゃんも明らかに良家の大奥然としていたりで、何か没落を感じさせるところが気になるのだけど、作中ではそうした事情には全く触れられておらず、非常にミステリアスな感じになっている。本筋ではないところに気になる設定がありそうなのだけど、今後語られることはあるんだろうか。無さそうだが…。

13675647 journal
日記

aruto250の日記: ネットに必要な気力 6

日記 by aruto250

先月から仕事の現場が変わったり、個人的にあれこれあったり、年単位で上下する気分の谷間が重なったりしたところに、Kindleで安くなっていたヤマケイ文庫の遭難シリーズを読んだら精神力が底をついてしまい、ネットで活動できなくなってしまった。特にTwitterは厳しくて、ROMることさえできない状態だ。この数年は比較的余裕のある時期が続いていたから忘れていたが、やはりああいう輝くような人々が沢山いるところへ出入りするのは気力がいる行為なんだなあ。有名人とかではない、名も無き人々ではあるけれど、その名も無き人々があれほどまでに眩しいという…。

まあ、SNS絶ちの良い機会と思って積ん読を数冊消化したので、まずまず良い一ヶ月ではあった。いやまだ沢山積まれているのだけども。あとは、油断したらKindleの購入数が増える増える。平均すると毎日一冊以上のペースで増えていく。あまりKindleには金をかけたくなかったんだが、本屋の開いている時間に帰れなかったり、本屋に行く気力がなかったりするとつい手が出てしまうんだよなあ。

13516464 journal
日記

aruto250の日記: 日記書初め

日記 by aruto250

一月も最後の最後にようやく初日記になってしまった。日記のネタは無くはないんだが、Twitterで小出しに吐き出してしまうのでなかなか日記にならなくなってしまったなあ。
こちらの日記向けトピックとしては、カバー曲目当てにアイマスのCDを買いあさっていたものを、路線を変えてダイレクトに80年代の音楽に手を出してみたら思いのほか良かった、というところかな。80年代洋楽のベスト盤、みたいなものを聴いてみたところ、懐かしさもあって毎日のように聴いている。主にローテーションしているのは「Danger zone」「Girls Just Want To Have Fun」「BAD」あたりか。これはTwitterにも書いたんだけど、80年代はなんだか「カル~くやろうぜ!」という、軽くやることを全力で頑張っているような、洗練が始まったばかりのような独特の雰囲気があって、それがダサカッコいい感じになっているよな。
その流れで最近は80年代の邦楽にも少し手を出し始めているんだけど、やっぱり文化の転換点で言えば、「脱80年代」と言えそうなのは90年代も後半に入ってからだなあ。「YAH YAH YAH」のPVなんかを見ても、ダボダボのジャケットに太いズボンの男が、ランニングシャツの上にコートを羽織った男が歌いながら踊っていて、80年代と全然変わってない。これが96年とかになると、安室奈美恵のブームなんかと一緒に女子も男子もシャープになっていくんだもんな。
そう考えると、バブル崩壊から本格的な不況に突入した実感が湧いてくるあたりで文化が方向転換したのかも知れないなあ。

typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...