パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、asaniziさんのユーザページですよ。 ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

1301531 journal
日記

asaniziの日記: スラッシュドットの Facebook のファンになりましょー?

日記 by asanizi

って云われてもなぁ。
私は顔本やってないし…ってここまで書いておいて、「そんなのスルーすればいいだろw」っていう声が聞こえてきそうだけど、
若干命令口調っぽいのが気になったのかな、と。

>スラッシュドットの Facebook は[こちら](http://faceboooooook.com/slashdot/)

みたいに((Markdown 風味なリンク))すれば気にはならなかったかもしれない。

414094 journal
日記

asaniziの日記: しんゆーあい

日記 by asanizi

新しい UI になって、HTML とか、TEXT とかのコンボボックスが無くなったんだねw
とりあえず、TEXT もーどで書いてみるてすと。

プレビュったら、書いたまんま表示されたのでちょっとつまらないw
って思ったら、空行挟んで書いたら表示されないwww
ということで、HTML に直してプレビューしてみると…
表示された!

326271 journal

asaniziの日記: これ思い出した(16r0d

日記 by asanizi

8. 自分で正しいと思うことのために戦うこと。しかし負けは潔く認めること。

ジェラルド・ワインバーグの「エゴレスプログラミングの十戒」第 8 項目
via:http://www.aoky.net/articles/jeff_atwood/top_6_list_of_programming_top_10_lists.htm

319839 journal

asaniziの日記: 高額所得者による上空からの放水(めっ(ry 16r0c)

日記 by asanizi

メインパソコンに窓際族と Ubuntu を同居させようと思ったら手違いで Windows を全部上書きしてしまってから 2 ヶ月(おそらく)が経ちました。
みなさん、お元気ですか?
私は Ubuntu で毎日楽しいついったー生活をしています。

Firefox の Echofon がビドビドしてたので、Chromium の TweetDeck を使っていたのですが、最近ビドビドするのがすっかり直っているのが分かり、
今では Firefox の Echofon を使っています。
Firefox 4 の Foxdie もいい感じです。

248432 journal

asaniziの日記: しぃ モンキー(め(ry 16r0b) 2

日記 by asanizi

とある旅行者がシリコンヴァレーのペットショップをのぞいていると、別の客が入ってきて店員にこういった。
「Cモンキーを一匹お願いします」
店員はうなずくと、棚のかごから猿を一匹取り出した。店員は、首輪とひもを猿に付けると、お客に渡した。
「50万円です」
客は金を支払うと、猿を連れて出ていった。

びっくりした旅行者は、店員にたずねた。
「そりゃまたえらく値の張る猿ですねぇ。普通猿は数万円ぐらいのものでしょう。なぜそんなに高いのですか」

店員は答えた。
「あの猿は、C言語でコードが書けるんです。非常に早く、タイトでバグなしのをね。値段に見合うと思いますよ」

旅行者は、かごに入った猿をしみじみと見始めると、店員にこう言った。
「この猿は、さらに高いじゃないか。100万円!こいつは何ができるんだい」

246030 journal

asaniziの日記: めたもでってたー 16r0a

日記 by asanizi

メイドさんマスター適性テスト[kantei.am] やってみた。

asaniziさまがマスターとして適合する割合は74%です。
ランク: A (A〜E)
偏差値: 51.9
順位: 52,169位 (101,397人中)

総評
メイドさんのマスターに相応しい人物です。
一度に大勢のメイドさんに仕えてもらうこともできるでしょう。
公平な判断ができればよりよいでしょう。まさにメイドハーレム。

メイドさん同士のコミュニケーションも滞りなく円満な生活が送れそうです。
一度仕えてもらったメイドさんは長く勤め上げる傾向にあります。
メイドさんもマスターを心より信頼し、忠義を尽すでしょう。

短所としては規律が厳しすぎてついていけなくなるメイドさんもでるかもしれません。
たまには無礼講でブレイクタイムも入れてあげるといいでしょう。

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...