パスワードを忘れた? アカウント作成
5425272 journal
日記

beejay_anikiの日記: ザクマシンガン 7

日記 by beejay_aniki

唐突だが、ザクマシンガン(M-120A1)の形状について考えてみた。
ザクマシンガンは、口径120mm、レシーバー上面にドラムマガジン(本来、この様な形状のマガジンはパンマガジンと呼ばれているが、設定はドラムマガジンで一貫されている)を装着、スコープ状の照準装置はマガジンを避ける為か左側にオフセットして配置され、フォアグリップは左側に折り曲げて(未使用時は正面を向いており、プラモ等を見る限りでは右にも折り曲げる事ができる=アンビ化されているようだ)使用される。
ストックは固定のスケルトンタイプで、銃口には円錐状のフラッシュハイダー、銃身にはハンドガード(あるいは放熱板か?)が備えられている。
作動方式は不明だが、シーンによっては射撃時に銃身が後退する様が描写されている事、及びガスチューブらしきものが見当たらない事(ハンドガード内にあるのかもしれないが)から反動利用式ではないかと思われる。
(あるいは他の作動方式+駐退機かもしれない)
大きさは別にして、ザクマシンガンが実在の人間用銃器と最も違っているのは、フォアグリップの向きではないだろうか。
人間用の銃器ではフォアグリップは下向きが普通であり、横向きのものを私は知らない。
(映画等で、ステンガンの様に横方向に突き出したマガジンを持つ銃を、ザクマシンガンの様な撃ち方をしている場合があるが、あれは非推奨な撃ち方らしい)
大きめの電動ドリルには、ザクマシンガンの様に横に向いたフォアグリップ(?)を持つものが多いが、これはドリルのトルクに抗する為のもので、銃のそれとは掛かる力の方向が違う。
そして何より、実際にフォアグリップを横向きに付けた銃は持ちにくい。
(実際にエアガンで試してみたが、プラ製の軽い銃はともかく、金属製のパーツを持つ重い銃では、手首への負担が下向きのそれに比べて非常に大きい)
では、何故にザクマシンガンのフォアグリップは横向きなのか?
これは私の想像で公式な設定でもなんでもないが、MSは人型ではあるが腕関節の稼働域が人間より狭い為ではないだろうか。
MSは機械なので、手首や肩を回転させる等といった人間とは違う動きが可能な半面、装甲で鎧われている為に柔軟性が皆無で、人間には可能でもMSにはできない姿勢があるのかもしれない。
その為に人間用銃器では存在しない、ザクマシンガンの様なフォアグリップが横を向いた銃が造られた、と考えられる。

まあ、実際には見栄えとか玩具の都合なんでしょうけどね。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 昔のプラモデルを組み立てたことがあれば一発なのですが、あれは思いっきりおもちゃの都合なデザインですね。

    ザクに限った話ではないですが、当時のプラモデルは可動範囲がかなり狭いです。肩は90度前方までが限界で、右腕を正面より左にまで曲げたり、左腕を正面より右にまで曲げたりできない。
    だから、手首を正面に持ってこようとしたら、肘で曲げるしかない。そうなると手首は体に近い部分に位置することになり、正面前方に突き出すことができないわけです。

    そんなわけで、フォアグリップが下向きだと、銃口を前方に向けて構えることは不可能で、銃口はほとんど横向きになってしまいます。
    フォアグリップを横向き(実際には、前方から横に曲げるという可動ギミックを生かして、斜め前方向きだったりしますが)にすることで、わずかながらも銃口を前に向けることができ、ポーズがさまになるんです。

    こちら [fc2.com]に旧キットの作例がありますが、のマシンガンとバズーカ(こっちはフォアグリップも下)を持ったときの違いを見るのがわかりやすいんじゃないでしょうか
    マシンガンは、ぎりぎり「スコープを覗いてる」っぽいポーズにできますが、バズーカの方はまったくそう見えない感じになってしまいます。

    まあ「おもちゃの可動域の狭さ」という話は、そのまま「MSの可動域の狭さ」という理由付けにしてもいいかと思いますね。
    最近のプラモデルは外見のデザインを無視したような二重関節になってたりしますけど、実際の「人型機械」を作る場合には、そこまでして自由度を増やしたりしないでしょうし。

    #ていうか、ファーストガンダムの作中では、可動部のないところがゴムのようにねじれてポーズとってたしなぁ…

    • やっぱりそうですよね。
      最近のアニメはともかく、ファーストガンダム当時のロボットアニメだと、最初に玩具ありきでアニメはそのCM延長の様なものでしたし。
      劇中のポーズを再現できる玩具の方が、遊ぶ方としても楽しいでしょうしね。

      それにしても最近のガンプラは凄いなぁ。
      用途にもよるのでしょうが、実際に人型機械を作る際にはガンプラの関節構造を参考にする、といった事も有り得るかもしれませんよ。
      親コメント
      • by minet (45149) on 2012年07月19日 18時29分 (#2196197) 日記

        可動戦士シリーズの「ザクのスカートは軟質材料」「ガンダムの腕の関節は引っ張ると伸びる」という解決策は恐れ入った。
        確かに、そうでもしなきゃアニメの動きは再現できないけどさ。

        #未来のロボットは、ガンプラよりFigma系になるんじゃないかと思ってます。

        親コメント
  • by PEEK (27419) on 2012年07月19日 21時01分 (#2196331) 日記

    ガンダムのころはプラモデルになる(しかも敵のロボットが)っていうのはとても珍しい時代だと思ったけども。

    で、超合金とかのオモチャは主人公ロボットだけ。

    さらに武器も手の穴に差し込むだけ、って時代なんでザクマシンガンはオモチャの都合って線は薄いんじゃないかな?

    --
    らじゃったのだ
  • by Anonymous Coward on 2012年07月19日 13時59分 (#2195914)

    あなたが指摘しているようなステン等を参考に深く考えずデザインしただけ、単なる考証不足でしょう。
    銃器に限らず、よく知らない人たちが外見だけ真似たつもりでトンデモ描写をしてしまうなど、
    現在に至るまでよくある話です。

    • by Anonymous Coward

      さすがはいつもの天才博識のAC様、自分だけがいつでもすべてを知っているというわけですね。

      • ロマンアルバムだったかな。似たような話は当時の資料でも指摘されていて、
        巨大な薬莢がゴロンゴロンと落ちてくるのはおかしいとか、
        照準器には独立したカメラを設置して、その画像データだけを送れば良いとか、
        そういうことは書いてあります。(Z以降は照準器はそっちの方式になってるはず。)
        #復刻版だけどこれかな?
        http://www.amazon.co.jp/dp/4197202202/ [amazon.co.jp]
        #一時期、初版にはすごいプレミアが付いてた。

        なぜ、そうしなかったかというと、これはそういう風に見せた方が視聴者にとって自然に見えるから。

        「アポロ計画で月面に立てたアメリカ国旗が、風にたなびいてるように見え

typodupeerror

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

読み込み中...