パスワードを忘れた? アカウント作成
5622237 journal
日記

beejay_anikiの日記: [映画]スターシップ・トルーパーズ インベイジョン

日記 by beejay_aniki

ネットで映画関係のサイトを何気に見ていたら、スターシップ・トルーパーズ(以下ST)の新作を発見。
TV等でCMを観た覚えも無く、(シリーズはともかく、今作に関しては)ほぼ予備知識ゼロで映画館へ。
始まってすぐに、シリーズのこれまでのものと違うフルCGアニメ作品である事に驚く。
(映画シリーズ以外では、STクロニクルというフルCGアニメが存在してました)
今作の機動歩兵は、全員パワードスーツ着用で前3作での生身感は全くなく、火力もアップしているらしく、物語序盤の戦闘ではウォリアー・バグを難無く制圧!
(パワードスーツのデザインはクロニクルのものとは全然違い、HALOのマスターチーフをゴツくした感じ)
前作で登場し、「コレジャナイ」感が半端なかったマローダーもデザイン一新して格好良く再登場。
1、3作目に出ていた仲良し(?)3人組が今作にも出ているが、全員が出世しており、リコは将軍、カールは超能力関係機関の大臣、カルメンはより大きな艦の艦長になっている。
話のすじは、戦局に大きな影響を与え得るあるモノを運んでいた宇宙船が行方不明になり、それを探しに行くというものだが、非常に先の読みやすい展開(死亡フラグの立った兵士が予想通り死んだり等)で、ある意味安定して観ていられた。
それもスタッフロールのほとんどを日本人名が占めているのを見て納得。
つまり、この映画はバーホーベン(とニューマイヤー)監督の作った設定、世界観を使ってはいるが、映画版FFやバイオハザード ディジェネレーションに連なる作品、だったという事だ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...