パスワードを忘れた? アカウント作成

bochanさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのRSSを取り込んでみよう。

470079 journal

bochanの日記: 1年前と一変

日記 by bochan
2007年度は激しかったです。。
えー、会社で半期毎に行ってる1年の活動報告をするのですが、
何と全国大会まで進出しまして、明日の発表会でケコーン発表してみようと企んでますww
これも作戦のうちで。

問題は今朝から風邪気味であるということ。。
明日は夜行バスで実家に帰る予定だったりとイベント盛りだくさんなのだが・・・

ユーザ名忘れててずっとログイン出来なかった・・・(^^;
そしてHTMLタグを打たないと改行されないこともすっかり忘れてた。

507493 journal

bochanの日記: InterBase/Firebird(3)

日記 by bochan
参考までに、InterBase 6.0.2とFirebirdのパフォーマンス比較。
とあるアプリでDUnitで自動テストやってます。
バージョン別に自動テストに掛かる時間を計測してみました。
(厳密にDBのパフォーマンスとは言えませんので、参考程度ですが。)

InterBase 6.0.2:100(基準値)
Firebird 1.0.3:591
Firebird 1.5.3:62
Firebird 2.0.0:(エラーにより計測不可)
(数値が小さいほど処理が早い)

Firebird 1.0はInterBase 6と完全互換をうたってますが、その分パフォーマンスにかなり影響出てますかね。
これまで数秒だったアプリの起動が10数秒も掛かるようになって、、ちょっと苦しいです。
1.5になって、CからC++で書き換えられたお陰もあるのか、レスポンスはかなり改善されていました。
2.0はエラー多発で計測不可。処理時間は1.5と大して変わりませんでした。
2.0はリリースされたばかりってのもありますしね。取り合えず今はFirebird 1.5が一番良いんじゃないでしょうか、という結論に至りました。

ちなみに、Firebird 1.0から1.5になって、一部のSQLでエラーが出るようになっていました。
GROUP BYとORDER BYのルールが微妙に?変わってるみたいです。

507494 journal

bochanの日記: InterBase/Firebird(2)

日記 by bochan
原因判明。やっぱりdllでした。
C:\Windows\system32\gds32.dll(Windows XP SP2の場合)
のファイルがFirebird 1.5以降についてバージョンが違っていました。
なので、
Firebird 1.5以降のバージョンを一度インストールした後に、Interbase 6.0.2またはFirebird 1.0をインストールする際は、gds32.dllのバージョンも戻さないといけないわけですな。
ちなみにFirebird 1.5以降をインストールした後に、InterBase 6.0.2をインストールしてもgds32.dllのバージョンが戻らないみたいです。
そのため、isqlが落ちたり、IBConsoleで繋がらなかったり、firebird.logってファイルが出来たりしてたようです。

InterBaseのインストールでは駄目ですが、Firebird 1.0をインストールする際に、gds32.dllを上書きする事が出来ます。
インストール中(ファイルのコピー中)に、

The exsiting file is newer than the one Setup is trying to install.
It is recommended that you keep the existing file.
Do you want to keep the existing file?

というメッセージが表示されますので、「いいえ」を選択することで、gds32.dllを古いバージョンに書換えます。

まぁ、InterBase~Firebirdネタなんてマイナーですが、、生きた証として残しときます。

507516 journal

bochanの日記: InterBase/Firebird

日記 by bochan
検証のためInterBase 6.0.2とFirebird 1.0、1.5、2.0のそれぞれのインストール・アンインストールを繰り返すと、InterBaseとFirebird 1.0が動かなくなる事がある。
動かないというのは、IBCosoleでサーバにアクセスが出来なくなるということ。
isqlを起動すると突然落ちたりする。

インストールされたフォルダを見てみると、InterBaseをインストールしたはずなのにfirebird.logというファイルを見つけた。Firebirdをアンインストールした時にはすべてファイルも消してゴミ箱も空っぽにしてるはずなのに。。。
レジストリも除いてみたけどそれらしいものは見つからず。
多分インストールする段階で何かおかしいのでしょう。
Windowsの奥深くにあるdllあたりとか悪さをしてるんでしょうかねぇ。
今のところ何度インストール・アンインストールを繰り返しても、一度もInterBaseが起動出来ませぬ。。(´д`)
色々ググってますが、、全然分かりませぬ。。

511015 journal

bochanの日記: NUnitASP + NUnit

日記 by bochan
久しぶりにNUnitASPとNUnit触りました。
もう構築してから3年も経ってるので最新版バージョンアップしてみることに。
でもこれが以外に上手く行かない。自動テストしようとするとエラーが出る。。
色々試した結果、どうやらNUnitASPとNUnitそれぞれ最新のバージョン(1.5.1と2.2.8)を使っていたのだが、
どうもNunit.framework.dllのバージョンが2者で合わないのが悪いみたい。
あんま内部的な事が分からないので詳しい事はこれ以上よく分からないけど。。

結局、NUnitのバージョンを、NUnitASPの最新バージョン(1.5.1)にバンドルされてるNUnit(2.2.0)にすることで無事稼働。
NUnitはどんどん新しいバージョンが出てるが、NUnitASPはサッパリ止まっちゃってるみたいね。理由まで調べてないけど。。
いかに浅い知識でやってるか痛感(^^;

ちなみにNUnitのバージョンが上がって、Assertionクラスが「使わないで下さい」って言われるようになってた。
無理やり自動テストさせると劇重くなってた。。一応動いてるみたいだけど。
あちこちソース修正せなあかんのが面倒やなぁ。。

試行錯誤の証を記録してみた。

typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...