パスワードを忘れた? アカウント作成
347162 journal

bugbirdの日記: Lion を飼う

日記 by bugbird

まとまった時間がとれるようになったので、Lion を色々と試しながら生活環境(MacBook pro) とバックアップ環境(MacBook (kuro) )に導入してみた。

App Store からのダウンロードは、契約したばかりの e-mobile Pocket WiFi で快適に落としてやろうと思っていたのだが、途中でデータ量制限時間帯に突入して残念。うーん。夜中のメンテナンス作業には使えないなぁ。これ。

とりあえず、気をとりなおして WiMax とバックアップ環境の App Store で延々と時間をかけてダウンロードした 4G弱のインストーラを USB に保存して、生活環境にもコピー。まずはバックアップ環境でインストールを実施。ハードディスクがクラッシュした場合のリカバリを考えて、TheNet でチェックしていた方法でブータブル DVD を作成。その DVD でブートできることを確認してから、生活環境のインストールを開始。

まず最初に戸惑ったのがスクロールのジェスチャ。マルチタッチなスクロールの方向がデフォルトになっているのね。これはさすがにたまらんので、レガシーなスクロール方向に設定変更。あと、いくつかの画面操作関係がマルチタッチに依存するようになっているので、MacBook (kuro) だとそれらが使えなくてずっこけるのが悲しい。バックアップ環境をクリーンインストールする機会があったら Snow Leopard に戻して、そのまま最後まで使う事になるのかも

ブートとシャットダウンは Windows 系 OS 並に重くなったかなw まぁ、Mac OS X はリブートする機会はほとんどないので、実害は無いでしょう。インストール直後はもっさり感があって「あらら」と思いましたが、これは Spotlight など mds なプロセスがガリガリとディスクをなめていたのが原因で、今はどうと云う事無し。

まぁ、他にもいろいろと検証( a.k.a. 余計なこと)をしたものだから、結局丸一日 Lion と戯れていたことになるな。

追記:
ツイッターの TL などで話題になってますが、"Mac OS X Lion インストール.app" をダウンロードできるのは、Snow Leopard の App Store でダウンロードするときだけです。このインストーラを「パッケージの内容を表示」で開き、「Contents」,「SharedSupport」フォルダの中にある InstallESD.dmg からブータブルな DVD を作成する事ができます。

以降、リカバリパーティションから OS を再インストールする場合などは、インストーラという形態でのダウンロードは行われませんので、このインストーラを消してしまうとブータブル DVD は作れなくなってしまいます(唯一、Snow Leopard をクリーンインストールし、ソフトウェア・アップデートをして、App Store が使える状態にしてから Lion をインストールしようするとインストーラを入手することができます)。どうぞ、ご用心のほど。

この議論は、bugbird (4706)によって ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

読み込み中...