パスワードを忘れた? アカウント作成
12512736 journal
日記

chusaの日記: メシマズ嫁日記 23

日記 by chusa

以前、kazuhixさんの日記にも書かせていただいたのですが、メシマズ嫁(自覚あり、納得はしていない)として、「ハウスバーモンドカレー甘口が辛口になる」という衝撃の出来事があったのでなんとなく報告します。
実家からにんじんをもらい、玉ねぎと冷凍の豚肉があったのでカレーを作ろうと私が言い出したのですが、じゃがいもはなく、玉ねぎも少ないのにカレーを一箱使ったので、「食べられないほど辛い甘口カレー」が出来上がりました。
しかもにんじんは火が通っていなかったので、肉のカレー和えが8人分くらいできました。
私しか食べませんがまだ4人分くらいあります。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by miyuri (33181) on 2015年09月13日 12時38分 (#2881646) 日記

    余計なモノを入れた可能性が非常に高い。

    • by Anonymous Coward

      というか、過去に「色が変わるほど煮込むのは嫌い」とおっしゃるような方が
      なぜカレーという煮込み料理を作ろうなどと考えたのか理解に苦しむ

      #具なんぞなくとも水足してさらに煮込むだけでまともなものになるんじゃないかね

      • by miyuri (33181) on 2015年09月13日 13時33分 (#2881665) 日記

        市販の弁当のように色が変わるほど煮込んだ煮物や塩味しかしない塩鮭みたいなものが苦手なので、味覚音痴というか、味覚が中央値からずれている自覚はあります。

        という事だから、

        食べられないほど辛い

        という感覚が大きく異なるのかも。
        水溶きバーモンカレー甘口(ハウス食品)を煮詰めたくらいで、そこまで辛くはならない。

        親コメント
        • by chusa (27150) on 2015年09月13日 16時15分 (#2881710) 日記

          コメントありがとうございます。

          カレーを作ったのは今まで一度も失敗したことがない、得意料理だったからです。(過去形です!)
          カレーに太田胃散を入れるのがおいしいとかいうTwitter情報は大変気になりましたが、私がやると大惨事になりそうなので余計なものは何も入れてません。
          前にTwitterで見かけたとうもろこしご飯を作った時も評判悪かったので…。
          バーモンカレー、ご指摘ありがとうございます!
          食べられないほど辛くはなかったかもしれませんが、まずかったのは確かです…。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            なるほど、甘口でもぎりぎり、ちょっとでも辛さが+されるとアウトってことなんですかね。
            ご本人だけならそういう食事をとればいいだけですが、周囲にふるまう立場となれば大変ですね。

            となればメシマズというより味覚の差のほうが大きいと思いますので、
            自分用とそれ以外で2種類作るようにするしか方策がないのではないでしょうか…。

  • by Anonymous Coward on 2015年09月13日 11時54分 (#2881627)

    なんでカレーを作る前に足りない材料を買いにいかないのか、
    材料が足りてないのに作ってしまうのかが理解できません……

    • 煮込み系で火が通ってないんだと
      ・具が大きすぎた
      ・単に煮込み時間が足りない
      かな

      具材が足りてないのに調味料(ルー)入れ過ぎてるのは、経験と学習が足りなかったり、調理には味見という工程が必要だというのを理解できていないのかな。

      書いてたらうちとほぼ似てるかもという気になってきた。
      うちは、料理には味付けが必要だというのに気がついてくれるのに二年以上かかりました。

      がんばってください。

      親コメント
      • >煮込み系で火が通ってないんだと
        >・具が大きすぎた
        >・単に煮込み時間が足りない

        大きさが不揃いですがそれが何か?と思っているシェフがやった
        そもそも野菜の芯まで火が通ったか否か大して気にしていない
        そもそも火が通ったということを何で判断するのか知らない
        煮込み不足でもルーを混ぜてから3分くらい強火で用が足りると思っている
        でも強火だと鍋が焦げるから焦げる前に加熱を終了する
        せっかちな人はとろ火弱火で…ということを宗教上の理由でげふんげふん

        ついでに宗教上の理由でジャガイモをカレーに入れない
        競泳用眼鏡など思いつかないからタマネギはすずめの涙ほどしか使わない

        計量が大事だと主張する人をバカだと思っている。
        そもそも料理なんか大嫌い
        料理道具の手入れも料理後の後始末も大嫌い

        こんなところでどうでしょう?

        親コメント
      • メシマズが加速する可能性が微妙にあるが、煮込み料理にはシャトルシェフを買ってやれ。 一煮立ちさせた後に、シャトルシェフに鍋を入れてから、ご飯を炊けばまずカレーには失敗しない。だがシャトルシェフは冷めるまで放置すると食中毒培養鍋になるのでメシマズ嫁には危険かもしれ無い。
        親コメント
        • カレーやシチューや煮込み料理って、クーリングサイクルも必要なんだなと思ってました。
          おでんが特にそうらしいけど、加熱して組織細胞が拡張されて緩んでるところが冷えて縮んで行く時に調味料が染み込みやすいんじゃないかなと邪推してた。
          時々テレビ番組とかでそんな検証もしてたっけ。

          親コメント
          • by Anonymous Coward
            煮物野菜は冷ますときに味が染みるのはそうですね。

            時間が無い時、冷蔵庫だか冷凍庫に入れて冷ましても効果があるかっていうのはテレビで見たことあります。
            (たしか効果ありという結論だった)

            無論そのあと温めるために再加熱はします。
            # あたりまえだけど日記が日記だけに。
            • たくさんのコメントありがとうございます!

              ちなみに、一応パッケージ裏面の説明通りの水の量、火加減、煮込み時間をきちんと守って、アクをちゃんと取って、にんじんは箸を刺してみて少し固かったので3分追加までしています。
              なので生煮えのにんじんについては「にんじんが悪かった」と思ってます…。

              材料が足りないときに買いに行くのは大事ですね。
              新婚当初、長ねぎのないすき焼きを作ったら夫に「すき焼きにねぎは必須」と言われて仕方なく買いに行ったのを「新婚ならではのほのぼのエピソード」だと思っていたのですが、もしかしたら普通の家庭では当たり前だったのかもしれませんね…。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                なので生煮えのにんじんについては「にんじんが悪かった」と思ってます…。

                犯人は「水」とか?
                硬水のミネラルウォーター使ってるようなら、軟水で試してみるとか。

              • 水道水です…。
                自分の失敗なのは重々承知してるのですが、にんじんについては実家の家庭農園産なので、市販のにんじんと同じ気分で料理しちゃいけなかったのかなという気はしています。
                収穫が早すぎる/遅すぎる/品種の違いなんて可能性もあるかなあと。

                親コメント
    • by Anonymous Coward

      なんでカレーを作る前に足りない材料を買いにいかないのか、材料が足りてないのに作ってしまうのかが理解できません……

      カレー・シチュー系は具が多過ぎなければ、それで大丈夫。
      極論すれば具無しでも飲める物になる、水分とルー・フレーク・粉の、メーカー指定配合比さえ守れば。
      後は具を予め炒めたり、茹でる事をきちんと行い(でかい具は相応の時間がかかる)、蒸発水分の補充・推定を行い、水分の補充、ルー・フレーク・粉量の調整を行う。
      但し世の中には、火加減と云う物が理解出来ない=常に火力全開な人がいて、焦がしたり、水分量が狂う(蒸発・溢れ)事があるのは、承知していますが。
      まあ昔の消火ガス遮断機能のないガスコンロで育った人間には、とろ火は怖いのかも知れませんが。

  • by Anonymous Coward on 2015年09月13日 18時21分 (#2881754)

    >生煮えのにんじんについては「にんじんが悪かった」と思ってます

    ユーモアのセンスがあるだけ私の嫁よりましですよ。
    手ごわいニンジンならば圧力鍋を用いれば簡単に攻略できます。
    水分が飛びすぎて塩辛くなることもないです。
    カレーを作るにならば便利ですよ。

    #問題は圧力鍋の取り扱いに不安が...

  • by Anonymous Coward on 2015年09月13日 19時12分 (#2881775)

    何でも意識してうす味にすることです。
    カレーにしても味が薄ければルーを足せばいいのですが、濃かったらどうにもなりません。
    水を入れればいいという人もいますが、うちの父ですが、調整の手間をかけるなら、出来上がりの分量が予定通りになる薄→濃を選ぶほうが合理的です。
    濃→薄は鍋があふれたり、物理的に実行不可能なこともありますから。調理器具の容積は有限なのですよ!

    一度、出汁もなにも入れずにたまねぎ、じゃがいも、にんじんを入れたスープを作ってその味を覚えてください。
    私はセイヨウニンジンを生で齧れます。サラダも基本的にドレッシング使いません。野菜って甘いですから要らないんです。

    >世の中の「不味い」って素材の味がすることを指してることが多くありませんか?
    たぶん、この一文にメシマズの原因が凝縮されてます。
    食材そのものの味を知らないでしょう? 素の味がわからないで正しい加工方法がわかるはずもありません。

    • なるほど、そうすると書いてある分量より多めの水を入れるってことですかね。
      なんか不安ですが、今度やってみます。
      味付け無しの野菜スープは失敗の予感がするので勇気が必要ですね。
      ちょっと食べてからお味噌汁にでもしちゃえばいいかな。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        いえ、水を大目にではなくて調味料を少しずつ味を見ながら入れていくんです。入れすぎると取り除けませんから。
        野菜のスープは味付けなしでも味が出ます。野菜は意外と甘いんです。
        おっしゃるようにちょっと味見してからお味噌汁にしてもいいです。
        野菜スープは具の量の割りに薄味に作れるので、バリエーションのベースに便利ですよ。
        たとえば豚肉を入れて味噌を溶かせばトン汁、カレールーならカレー、シチューの素ならシチューになります。
        野菜の切り方を作りたいものに合わせて、味噌汁ならイチョウや短冊。カレーやシチューなら乱切りにするとそれっぽくなります。
        あ、たまねぎだけはalwaysみじん切りで。

typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...