パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13975604 comment

clayのコメント: Re:食中毒 (スコア 1) 38

一旦生産された毒素は加熱しても失活しないものもある。
加熱で菌を殺せば良いってのは、ヤバイ考えですよ。
その考えに則れば、腐った食物も再加熱で食用に戻せる。

モデレーター諸氏は、決して参考にしないように。

https://www.iph.osaka.jp/s008/030/010/050/050/20180107060000.html
>セレウス菌が作る毒素は嘔吐毒あるいはセレウリドと呼ばれ、極めて耐熱性の高い物質です。細菌が死滅する高圧蒸気滅菌(121℃、20分)でもこの毒素は壊れないため、通常の加熱調理で壊れることはまずありません。

13975345 comment

clayのコメント: Re:食中毒 (スコア 1) 38

>この温度で調理する限り、色は茶色にならなくても殺菌は進んでいます。

理屈と事実をごっちゃにしておりませんか?
この温度で調理されている保証が無い(コントロールされていない)条件で製造された
赤いままの肉は、殺菌されている・いないの判断が付かない、という意味です。
逆に、この手法でも茶色くなっていれば、殺菌されたと判断可能。
あまり違うことを言ったつもりはないのですが、、、、、

>温度計を使っていないとはいえ、安全を無視した無闇な基準で実施されているわけではなさそうです。

人それぞれでしょうが、私は温度計を用いて無い時点で安全性を無視していると思います。
(かなり怪しい)理屈だけで、一般人でも可能な簡単な検証すらしていないのですから。
また決して清浄空間とは言えない車内に裸の肉を置く時点で、私はNGですね。
最低限、食用アルコールで肉と機材をあらかじめ殺菌して、
車内に放置の間は透明な蓋などがされてなければ、私は食べないです。

13974816 comment

clayのコメント: Re:食中毒 (スコア 1) 38

同意

肉の中心部はともかく、表面には雑菌が多量にいるため、この条件だと雑菌が大量発生する悪寒。
雑菌を殺すにはタンパク質が変性する温度(70-80℃位でしたっけ?)が必要だが、
この条件だと、雑菌を殺すのと増殖を促進するのとギリギリのラインに見える。
肉の表面が茶色く変性してなければ、当然タンパク質の変性温度に達してないわけで、、、、
写真を見る限り極めて微妙な状態かと思われます。

レポートだと、最後に表面だけ焼いているようなので
せめて表面だけは焼いて殺菌してからダッシュボードという工程の方が良いかと思われます。

識者の方、どうなんでしょう?

13972923 comment

clayのコメント: Re:新しい取材スタイル (スコア 1) 103

本当の友人ほど沈黙を守り、友達かどうかも怪しい奴に限って適当なことペラペラ喋りそうな気がする。
取材側は見極め大事になると思います。本当の友人からコメント取れなかったからって、適当な人選するようだとヤバイ。

13972375 comment

clayのコメント: Re:中身が減る (スコア 1) 107

>ある物質濃度が、ペットボトルの中より外の方が「少しでも」高ければ、均一化に向かって進むのよ。
>「多量・高濃度」である必要はない。

また同じような説明をさせるのでしょうか?自覚がないなら、詭弁のガイドラインを読むことをお勧めします。

理解できてないようなので、省略した箇所を括弧で囲い補記ますよ。

ペットボトル、以下PBに有害物質が入り込むには、(PBの中の有害物質と比較して外のそれが、少しでも・相対的には)多量・高濃度である必要があります。

貴君の主張となんら変わりませんね。
定性的な話をしているのに、オレオレ定義かつ中途半端な定量的議論に持っていくのはやめましょう。
細かい正確性を気にする割には、自身の発言の不正確さに気づいていませんね。

で、(有害物質が規定されていない状態では正確なことは言えませんが、PBは比較的小さな分子である水ですら、
10年レベルの年月で保持できるほどのバリア性を有しております。
(全く揮発しないと言ってませんよ。少しは揮発しますが、開放系と比べれば僅かでしょう。)。)

(これだけのバリア性を有するPBに対して、有意な量の有害物質を取り込ませるには、大気中に相当・超)多量・高濃度の有害物質が無いと(実現不可能と想像されます)。

(こんな条件を想定した場合、PB内の有害物質の存在を気にするくらいなら、大気中の有害物質を気にした方が良いですね。
物質が規定されておりませんので、なんとも言えませんが、物質によっては、大げさに言えば)死にますよ。

窒息云々も、だれも皮膚からとは書いておりません、不正確かつ誤解を招きそうなことは私自身が認めておりますが、勝手に皮膚を想定しているのは貴君です。

貴君が知識豊富なのはわかりましたが、相手の発言内容を読み解き、オレオレ定義を控えるといった、知恵をつけたらいかがでしょうか?
あと、むやみに草を生やした文章は、幼稚に見えるので控えることをお勧めします。
実際、草の多いコメントでまともなのは、ほとんど見かけません。

13971749 comment

clayのコメント: Re:中身が減る (スコア 1) 107

>だから巨視的に量だけ見ると、足し引きされて中から外へ出ていくということになるが、
>外から中に入る水分子はないというわけではないんだ。

うん分かっている、だから
>「ほぼ」一方通行で外に出て行きますね。
>分子レベルでは多少の入れ替わりはあり得ますが、
>「巨視的な」視点では、出て行くほうが「圧倒的に優勢」。
と、書いてます。貴君のコメントはただの言い換え。

>だから水以外の分子の均一化は、ペットボトルに内に水以外の分子が増える方向に働くわけ。
>水がぱんぱんに詰まってさえいれば、隙間があっても他の物が入り込むことはないというわけではないんだよ。

うん、こちらも分かっている。だれも入り込まないなんて書いてない。
>ペットボトルの外に「多量・高濃度の」有害物質が存在する必要があるので、
って書いている、つまりペットボトル内よりも濃度が高ければ入りうるってことよ。
こちらもただの言い換え。
(ペットボトルの中に、有意な影響与える量の有害物質が入るには)
ペットボトルの外に「多量・高濃度の」有害物質が存在する必要があるので、
てわざわざ書かなきゃ理解できませんかね?

他のコメントでもサブジェクト使ってまで反論書いている人いたけど
元コメには
>初期の細菌量を「ほぼゼロ」にすれば防げます。
と書いている。全くのゼロなんて最初っから主張してない。

文脈無視した極論でマウントとる人間多くないか?

#窒素云々は、まぁ与太話なのは認めるが、ぜひコメント欲しいね。

13971549 comment

clayのコメント: Re:中身が減る (スコア 1) 107

自分も皮膚からとは思えないので、かなりボカして書いてます。
(表面積も少ないですしね、、、、)

おそらく普通に口と鼻を塞いだくらいでは、
(水中に比べて)十分に気体の出入りはあるってことだと思いますが
それ以上は突っ込まないでください、、、、、

13971521 comment

clayのコメント: Re:中身が減る (スコア 1) 107

>袋を開けてないのにおせんべいがしけってたとか、
>開封してないのに、油が酸化してお菓子の味が落ちてるとか、
>品質に害が及ぶ物質が入るって、普通だよね?

食品を劣化させる主要因として
1) 水分、2)酸素による酸化、3)細菌増殖による腐敗 があります。

1)今回の場合論じるまでも無い

2)水は極めて酸化が困難な物質です、
 酸化とは極めて大雑把には燃焼ですが
 酸化が困難な故に消火剤として利用できます。

 水の酸化を実現している系としては光合成があり
 水の酸化が容易にできれば、エネルギー革命が起こせます。

3) 細菌の増殖には、適度な水・酸素・栄養が必要ですが
 酸素は極めて遅いですが、究極は大気と同じ濃度になり得ますので、
 細菌増殖の2条件は揃う可能性はあります。
 ただし、そもそも細菌が居なくては増殖できませんので
 初期の細菌量をほぼゼロにすれば防げます。
 栄養素(単純には砂糖を想像してください)も
 積極的に入り込む余地はありませんので
 封がちゃんとされていれば、理屈上は細菌増殖も非常に低確率です。

水で大丈夫だと言っても、栄養素や酸化されるような物質が多量に入っている
ジュースやコーヒーなどは、かなり注意が必要ですね。
それでも細菌と酸素の初期量を可能な限り低減させているので、
室温で数ヶ月は腐敗しないのですが、、、、

13971504 comment

clayのコメント: Re:中身が減る (スコア 2) 107

>微妙に中から外に漏れるんだったら、外から中にも入り込む可能性があるんじゃないの?

単純に平衡とかエントロピーの問題です。
通常の系では、2つの相の間で、物質の濃度が同じようになる力が働きます。
野菜に塩を振ると水がしみ出すのは、野菜の中/外とで塩の濃度を一定にする力(浸透圧)が働くからです。

ペットボトル中の水と外気の水では、圧倒的にペットボトル内の水濃度が高いので、
ほぼ一方通行で外に出て行きますね。
分子レベルでは多少の入れ替わりはあり得ますが、
巨視的な視点では、出て行くほうが圧倒的に優勢。

>何かしら品質に害が及ぶ物質が入り込むことはないんだろうか?
上の理屈に従えば、ペットボトルの外に多量・高濃度の有害物質が存在する必要があるので、
ペットボトルの水を飲む前に死んでますよ。
(ペットボトルが選択的に有害物質を吸収する能力があれば別ですが、、、)

別コメの
>袋を開けてないのにおせんべいがしけってたとか、
>開封してないのに、油が酸化してお菓子の味が落ちてるとか、
こちらも、初期状態では袋の中が乾燥していたため水分が入るし
同じく、初期状態では酸素が無いため酸素が入り品質低下を招きますので、
選択的に有害な物質が入り込むわけではありません。

ちな、
大気中の酸素濃度が極めて低い環境に人体を置くと、
身体中の酸素と外気酸素濃度を合わせる力が働くので
あっという間に窒息して死に至ります。
よくある事故で、液体窒素を撒いて窒息死ってのがありますが、
気化した窒素がどんどん体内に入り込み、酸素が抜けるので
一瞬で意識を失い、、、、、 てやつです。

水中なら1分程度は息が保つから窒息しないという思われますが、
人体における気体の出入りは、水中ではほとんどない(極めて遅い)バリア性を有しますが、
気体中では、スッカスカなのであっという間に平衡に達するのです。
この辺の勘違いが、上記のような事故を招くのですよね、、、

13965785 comment

clayのコメント: Re:禁止の対象に (スコア 1) 214

>男女間に格差があるのはいけないので平等にしよう
>現状ではまだ男性優位なのでイコールにしよう
>って目的のため
のウーマンリブやフェミニズム  ですよね?
私も大きく異論はございません。

これが先鋭化するとmanもwomanなどを用いるな、
と主張する人が出てきている。

でそんな人たちの行動がWomen'sであったり
Feminin (女性的)であるってのが矛盾してませんか?

個人的には、女性扱いするな!というフェミニストって
清純派AV女優くらい違和感があるのだけど、、、、
何か別の呼び名があるのでしょうかね?

13960999 comment

clayのコメント: メディア側の責任は? (スコア 2) 66

忖度も含めジャニーズ事務所の意向に屈したのが事実なら、
TVを中心とするマスコミは報道機関とは名乗って欲しく無い無いですね。
たかが、いち芸能事務所の圧力に屈するようなら、国家的な犯罪や陰謀などを報道できる訳が無い。
NHKの場合、これに加担していたら、もはや公共放送では無いな。

メディアの危機と思うのだが、報道しない自由を駆使するのでしょうかね?

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...