パスワードを忘れた? アカウント作成

cyber205さんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13810711 journal
日記

cyber205の日記: Twitterの詫び老人みたいなやつかな 1

日記 by cyber205

日本でもレンタル家族サービスが普及している
以前に田中邦衛が(無責任な)父親役をやってた、家のショールームで家族団らんの時を見学者に見せるお仕事のドラマを思い出した。(タイトル何だったっけ)
検索してみたら「砂の上のロビンソン」っていうドラマだったらしい。
オープニングでは彼ではない人物が、明らかにキョドりながら父親役をやっていて、ずっと見ているとこれが本当の父親ではない、ということが分かる。
本当の父親が捨て台詞を吐いて失踪してしまったので、あわてて住宅会社のほうから代役の父親が送り込まれた、という話になってた。
あんなの実際にやったら大変だろうな~と思ったが。

以前にTwitter社がやってた「詫び老人」みたいなのもあったよね。
クレーム対応部署って大変だから、アウトソーシングはアリなのかな。

わざと技術のことが分からない人間を矢面に立たせて責任を回避するというのは、マツダでユーノス・ロードスターに高価なダブルウィッシュボーンの足を奢る理由について開発チームが上から説明を求められた時にも行われた手口だそうだ。
サスペンションの専門家が正直に答えたらどう考えてもこの案は通らないので、専門家は出さず、サスペンションは専門外の上司(主査)にお願いして「この車に絶対必要だから何としても押し通せ!」と頼み込んで通させたとか。
確かにこれで正解だったんだけど、

13804000 journal
日記

cyber205の日記: 車載カメラで道路のヒビ割れを見つける件(表の記事) 1

日記 by cyber205

車載カメラで撮影した映像からリアルタイムで路面状態を検知するシステム
これね、スポーツモデルでガチガチの足を入れてる自動車なら、カメラなんか使わなくても振動、加速度センサー積んでモニタするだけで、嫌でも分かるんじゃないのかなーという気がしている。
もちろん、タイヤがそこを踏まないといけないわけだけど。

13803382 journal
日記

cyber205の日記: CINEBENCH R15@Acer ゲーミングノート

日記 by cyber205

Twitterで広告出してたAcerのアレ
Nitro5 AN515-52-F58G
以前にEeePCでWindows10(32Bit)を使っていて「もう限界、いいパソコンあったら欲しい」って言ってた知人のために購入。とりあえず延命ってことでEeePCにSSDを入れてみたものの、本体CPUがあまりに遅すぎてロクにスピード上がらなかったらしい。

今年、クリスマスセールで10万円前後のノートPC、特にGPUを積んだゲーミングノートが出ては消え、出ては消えを繰り返してたので、MSIを逃した後Acerが出してきたモノに飛びついたのだけど、よく見ると8GB積んでてメモリスロットも2本あるから、16GB化は容易だし、意外と拡張性ありそう。
Corei5なのがちょっと気になったが、CPUパワーでいくと古い世代のCorei7ぐらいの性能は出てるみたい。

とりあえずシネベンチしてみたけど、
OpenGL 93.19fps CPU 847cb
なかなか速いようだ。
nVIDIAのドライバを更新して再度挑戦。
OpenGL 94.95fps CPU 824cb
う~ん、こんなもんかな。

3DMarkのTimeSpy(無料でやれる範囲のベンチ)では10fpsぐらいで、これはゲームするならかなり覚悟要るな、と思ったけど、FF XVベンチやってみたらそこそこ見られるぐらいの滑らかさで動くようだ。(最終評価:普通 だった)

WinXp機で展開済みのFinalRealityをコピーして動かしてみたら驚いたよ。
標準機(S3 ViRGE)と比較して、スコアが50倍。2Dに限って言えば100倍。
もちろん表示できずに落としたフレームなど1枚もない、すげっ。
飛行機のレンダリングでだんだん処理を重くして回していく部分のデモ、
テクスチャマッピング(マット)> 環境マッピング(液体金属ぴかぴか)> テクスチャ&環境マッピング(ツヤツヤピカピカ)ときて、最後に大物として「透明処理付きマッピング」ってのがあって、これまで持ってた全てのマシンではデモ中に、ここだけコマ落ちしてたのに、このノートPC、コマ落ちが感じられない。
これは凄い、化け物だ。(デスクトップ機の更新をずっとサボってたせいでもある)

13800917 journal
日記

cyber205の日記: WindowsエクスペリエンスインデックスはWindows10でも測定できる。

日記 by cyber205

実はWindows 10にも“Windows エクスペリエンス インデックス”が搭載されている!

C:\hogehoge\fugafuga> winsat formal
でベンチマーク計測。

C:\hogehoge\fugafuga> Get-CimInstance Win32_WinSAT
これで表示、らしい。

CPUScore ____________ : 9
D3DScore ____________ : 9.9
DiskScore ___________ : 8
GraphicsScore _______ : 6.4
MemoryScore _________ : 9
TimeTaken ___________ : MostRecentAssessment
WinSATAssessmentState : 1
WinSPRLevel _________ : 6.4
PSComputerName ______ :

へー、こんな値だったのか。
しかし、Win32のパフォーマンスチェックみたいだから
64bitで動く部分の速度を測定してるわけではないんだろうな。

13782881 journal
ロボット

cyber205の日記: 本当に踊るドールを作ってる人いるんだ

日記 by cyber205

2年半かけて手作りしたという真広テクノロジーのST-01

いやぁ、サーボが塊になってやっと二足歩行できるようになった頃の時代から
witchさんあたりが作ろうしてたのは見てたけど、本当に出てくるとは。
技術はちゃんと進歩してるんだな。

13714649 journal
日記

cyber205の日記: 久しぶりに今使ってるマシンでFinal Realityを動かしてみた

日記 by cyber205

軽すぎるしスレッド対応してないだろうから、あんまりベンチマークとしてはよろしくないのは分かってる。
以前にやった時の結果がこれ
当時は自作でいろいろ組んでたからベンチマークが楽しかったが、今やSandy Bridgeが載ったこのマシンは時代に取り残されようとしている。
例の脆弱性対策ができるまで、しばらくIntelで組む意味は見つからないから、インテルインサイドな自分のデスクトップで取るベンチは、しばらくこれ以上のモノが出ないはず。
(一応、消費税増税の時に駆け込みで買ったHaswellノートもあるけど)
Database_Entry_

Benchmark_results:
Radial_blur,_____________5A,___7.23,_rips,__1.000,_Rmark
Chaos_zoomer,____________5A,__20.58,_rips,__1.000,_Rmark
25_Pixel,________________5A,__31.29,_kpps,__1.000,_Rmark
Robots,__________________5A,___3.86,_rips,__1.000,_Rmark
Fillrate,________________5A,___4.62,_MPps,__1.000,_Rmark
City_scene,______________5A,___4.03,_rips,__1.000,_Rmark
Video_card_bus_transfer,_5A,__31.41,_MBps,__1.000,_Rmark
Direct3D_bus_transfer,___5A,__11.70,_MBps,__1.000,_Rmark
-----------------------------------------------------------------------------
Visual_appearance,____________74.07,_percent
-----------------------------------------------------------------------------
Overall_3D,___________________1.000,_Rmark
Overall_2D,___________________1.000,_Rmark
Overall_bus_rate,_____________1.000,_Rmark
-----------------------------------------------------------------------------
OVERALL_SCORE,________________1.000,_Rmark
-----------------------------------------------------------------------------
932211530

Database_Entry_
Benchmark_results:
Radial_blur,_____________5N,_362.76,_rips,_50.174,_Rmark
Chaos_zoomer,____________5N,_1933.35,_rips,_93.943,_Rmark
25_Pixel,________________5N,_2158.26,_kpps,_68.976,_Rmark
Robots,__________________5N,_109.29,_rips,_28.313,_Rmark
Fillrate,________________5N,_107.04,_MPps,_23.170,_Rmark
City_scene,______________5N,_145.74,_rips,_36.164,_Rmark
Video_card_bus_transfer,_5N,_2773.01,_MBps,_88.284,_Rmark
Direct3D_bus_transfer,___5N,_398.29,_MBps,_34.041,_Rmark
-----------------------------------------------------------------------------
Visual_appearance,___________100.00,_percent
-----------------------------------------------------------------------------
Overall_3D,___________________6.906,_Rmark
Overall_2D,__________________72.059,_Rmark
Overall_bus_rate,____________72.011,_Rmark
-----------------------------------------------------------------------------
OVERALL_SCORE,_______________36.218,_Rmark
-----------------------------------------------------------------------------
2505366752

36倍速か。AGP速度は16MBで207.5images/sとなっており、あまり速くない。
オンボードビデオがあんまり性能良くないのはIntelの持病なんだっけ。
特に3Dは不得意みたいね。2Dもバスの転送速度がそのまま速度に反映されたようなスピードなので、これでAGPの速度があまり出ないというのは不思議だ。
Pentium4(2.4GHz) Onboard i865G 9倍速 252.07images/sec
3.1GHz-Core2Duo GeForce7600GS 27倍速 417.53images/sec
Core2世代はCoreiシリーズと比べてメモリの接続方法が違うけど、劇的に速くなったりはしていないように見える。空きスロットあるからビデオボード入れてみようかな。

13709867 journal
日記

cyber205の日記: Raspberry Pi Model3B+でも、ブラウザ上で動画ストリーミングは難しいっぽい

日記 by cyber205

速いな、凄いなパソコン並みだな、と書いておいてなんだが、VivaldiのARM版を入れて、動画ストリーミング見て、残念ながらコマ落ちしてた。
限界か。やはりここまでやらせようとすると速度的に辛い。

また、FirefoxESRとVivaldi(ARM版)の両方を起動してスワップがフルに使い切られたのを確認した。メインメモリには空きがあったが、おそらくシステム保護のためだろう。
本当はChromeも使いたかったが、ChromeのAMD64版はあっても、ARM版はリリースされていなかったようだ。
(Raspberry PiのRaspbianはChromiumを標準搭載)
むしろなんでVivaldiはARM版(.deb形式)をリリースしてるんだ?
こんなのラズパイ上ぐらいでしか使う人いないだろうに。

Chrome積んでメモリ9GBぐらい食わせて常駐させてるのが通常の使用形態なので、きっといつものようにたくさんタブ開いたら凄いことになっちゃうな。

メモリをたくさん積んでいるほうでも最大で1GBなんだから、分かっていたことだが安いマイコンボードに多くを期待してはいけない。SO-DIMMのメモリスロットが欲しいぞ。

パソコンはやはり偉大だな。
CPU換装も、メモリやストレージの増設も簡単に可能だし、拡張性が高いうえに高性能なんだから。

13709421 journal
日記

cyber205の日記: UnixBench on Raspberry Pi Model3 B+

日記 by cyber205

BYTEBENCH の派生タイプUNIXベンチマーク。新しくラズパイを入手したので動かしてみた。
もう初代の頃にあったような遅さは感じなくなって、普通にミニPCとして使える。
この書き込みも現在、ベンチマークに使ったマシン上のFirefoxから書き込み中

___BYTE_UNIX_Benchmarks_(Version_5.1.3)
___System:_raspberrypi:_GNU/Linux
___OS:_GNU/Linux_--_4.14.62-v7+_--_#1134_SMP_Tue_Aug_14_17:10:10_BST_2018
___Machine:_armv7l_(unknown)
___Language:_en_US.utf8_(charmap="ANSI_X3.4-1968",_collate="ANSI_X3.4-1968")
___CPU_0:_ARMv7_Processor_rev_4_(v7l)_(0.0_bogomips)
___CPU_1:_ARMv7_Processor_rev_4_(v7l)_(0.0_bogomips)
___CPU_2:_ARMv7_Processor_rev_4_(v7l)_(0.0_bogomips)
___CPU_3:_ARMv7_Processor_rev_4_(v7l)_(0.0_bogomips)
___09:50:48_up__8:06,__1_user,__load_average:_0.50,_0.30,_0.21;_runlevel_5
------------------------------------------------------------------------
5千円ぐらいで買えるマイコンボードに、1GHzオーバーの高速でブン回るプロセッサ(1.4GHz)を4コアも積んでる。
21世紀に入るか入らないかの頃は1GHzを超えるプロセッサが出現しただけでビッグニュースだったのに。
GbEに2.4GHz/6GHzのWiFi、BTにGPIO、カメラポートも装備。
もう、遊びでUNIX使うだけならx86である必要ないな。これってスマホ用プロセッサだっけ?
------------------------------------------------------------------------
まずはシングルコア性能
------------------------------------------------------------------------
Benchmark_Run:_木__9月_06_2018_09:50:48_-_10:19:04
4_CPUs_in_system;_running_1_parallel_copy_of_tests
Dhrystone_2_using_register_variables________4736332.5_lps___(10.0_s,_7_samples)
Double-Precision_Whetstone_____________________1075.2_MWIPS_(10.9_s,_7_samples)
Execl_Throughput________________________________822.0_lps___(29.8_s,_2_samples)
File_Copy_1024_bufsize_2000_maxblocks________133582.5_KBps__(30.0_s,_2_samples)
File_Copy_256_bufsize_500_maxblocks___________41891.9_KBps__(30.0_s,_2_samples)
File_Copy_4096_bufsize_8000_maxblocks________317229.2_KBps__(30.0_s,_2_samples)
Pipe_Throughput______________________________294369.9_lps___(10.0_s,_7_samples)
Pipe-based_Context_Switching__________________51445.5_lps___(10.0_s,_7_samples)
Process_Creation_______________________________1624.1_lps___(30.0_s,_2_samples)
Shell_Scripts_(1_concurrent)___________________1913.2_lpm___(60.0_s,_2_samples)
Shell_Scripts_(8_concurrent)____________________556.8_lpm___(60.1_s,_2_samples)
System_Call_Overhead_________________________598853.3_lps___(10.0_s,_7_samples)

System_Benchmarks_Index_Values_______________BASELINE_______RESULT____INDEX
Dhrystone_2_using_register_variables_________116700.0____4736332.5____405.9
Double-Precision_Whetstone_______________________55.0_______1075.2____195.5
Execl_Throughput_________________________________43.0________822.0____191.2
File_Copy_1024_bufsize_2000_maxblocks__________3960.0_____133582.5____337.3
File_Copy_256_bufsize_500_maxblocks____________1655.0______41891.9____253.1
File_Copy_4096_bufsize_8000_maxblocks__________5800.0_____317229.2____546.9
Pipe_Throughput_______________________________12440.0_____294369.9____236.6
Pipe-based_Context_Switching___________________4000.0______51445.5____128.6
Process_Creation________________________________126.0_______1624.1____128.9
Shell_Scripts_(1_concurrent)_____________________42.4_______1913.2____451.2
Shell_Scripts_(8_concurrent)______________________6.0________556.8____928.0
System_Call_Overhead__________________________15000.0_____598853.3____399.2
___________________________________________________________________========
System_Benchmarks_Index_Score_________________________________________296.7

------------------------------------------------------------------------
そして4コア並列運転した時の性能
------------------------------------------------------------------------
Benchmark_Run:_木__9月_06_2018_10:19:04_-_10:47:24
4_CPUs_in_system;_running_4_parallel_copies_of_tests

Dhrystone_2_using_register_variables_______16506360.9_lps___(10.0_s,_7_samples)
Double-Precision_Whetstone_____________________4117.9_MWIPS_(9.9_s,_7_samples)
Execl_Throughput_______________________________2201.2_lps___(29.9_s,_2_samples)
File_Copy_1024_bufsize_2000_maxblocks________214451.0_KBps__(30.0_s,_2_samples)
File_Copy_256_bufsize_500_maxblocks___________58974.3_KBps__(30.0_s,_2_samples)
File_Copy_4096_bufsize_8000_maxblocks________526484.5_KBps__(30.0_s,_2_samples)
Pipe_Throughput_____________________________1130803.7_lps___(10.0_s,_7_samples)
Pipe-based_Context_Switching_________________209719.8_lps___(10.0_s,_7_samples)
Process_Creation_______________________________4304.1_lps___(30.0_s,_2_samples)
Shell_Scripts_(1_concurrent)___________________4287.3_lpm___(60.1_s,_2_samples)
Shell_Scripts_(8_concurrent)____________________545.6_lpm___(60.1_s,_2_samples)
System_Call_Overhead________________________2243881.7_lps___(10.0_s,_7_samples)

System_Benchmarks_Index_Values_______________BASELINE_______RESULT____INDEX
Dhrystone_2_using_register_variables_________116700.0___16506360.9___1414.4
Double-Precision_Whetstone_______________________55.0_______4117.9____748.7
Execl_Throughput_________________________________43.0_______2201.2____511.9
File_Copy_1024_bufsize_2000_maxblocks__________3960.0_____214451.0____541.5
File_Copy_256_bufsize_500_maxblocks____________1655.0______58974.3____356.3
File_Copy_4096_bufsize_8000_maxblocks__________5800.0_____526484.5____907.7
Pipe_Throughput_______________________________12440.0____1130803.7____909.0
Pipe-based_Context_Switching___________________4000.0_____209719.8____524.3
Process_Creation________________________________126.0_______4304.1____341.6
Shell_Scripts_(1_concurrent)_____________________42.4_______4287.3___1011.2
Shell_Scripts_(8_concurrent)______________________6.0________545.6____909.4
System_Call_Overhead__________________________15000.0____2243881.7___1495.9
___________________________________________________________________========
System_Benchmarks_Index_Score_________________________________________725.5

むちゃくちゃパワフルじゃないですか。
こうなると、I/Oまわりがパソコン並みの高速バス(PCI Express)じゃないのがもったいないね。
残念ながら有線GbE接続はUSBの下にブラ下がっているのだそうだ。

13700687 journal
Intel

cyber205の日記: PC-LL750DS6アップグレード作戦(2) 1

日記 by cyber205

CPUはおそらく中古がある、ということで検索したら楽天がヒットした。
Intel Core i7-2620M (4M Cache, up to 3.40 GHz)(8,800円)

メモリはAmazonから。
アドテック DDR3 1333/PC3-10600 SO-DIMM 8GB ADS10600N-8G
あれれ、今物凄い値段になってるけど、先日まで半額ぐらいだったと思うぞ。

SSDもAmazon。
もっと安いのもあったけど、壊れるとマズいデータがあるので、ある程度信頼性のあるやつを選ぶ。
HDDの時代からストレージが本業の会社ならおそらく問題あるまい。
最近は3D-NANDってのが流行りらしいね。
WD SSD 3D BLUEシリーズ/3D NANDフラッシュ採用/3年保証 (23,798円)
正直、コレが一番高かった。

CPU交換はソケットだったので楽勝。
SSDは厚みが薄すぎてスカスカだったので詰め物をして固定。
メモリは到着が遅れたけど全交換で問題なく稼働。
OS起動時間をチェックしてみたが、投資しただけあって驚異的に速くなった。
最近のパソコンって起動に1分かからないんだ。30秒以下で起動したよ。

ノート用のCore i7が2コア2スレッドだと知ったのが一番の驚き。
あれって4コアじゃなかったんだ。

13700542 journal
Intel

cyber205の日記: PC-LL750DS6アップグレード作戦(1)

日記 by cyber205

ターゲットとなる実家マシンのスペックはこれ
OSは以前の強制アップグレードキャンペーンでWindows10にアップグレード済み。

グラフィックコアを内蔵したCore i5-2410Mプロセッサ(Sandy Bridge)にIntel HM65 Expressという当時としてはかなり高級なチップセットが組み合わされ、メモリは増設済みで4GB+4GBの8GB構成。
ディスクドライブは750GBだったものを調子が悪くなったのを機に換装して1TBのハイブリッドドライブに交換してあった。
このように、既に多少なりともチューンしてあったのだけど、今回はそれでも遅い、ということで、交換できる場所をとことん替えてみることに。

  1. まずCPU強化。
    手元にあるのはCore i5-2410プロセッサのモデルだが、上位機種も同時にリリースされていて、そいつはCore i7-2620Mプロセッサを積んでいる。
    上位機種でもチップセットは同じ、そしてソケットタイプならCPUソケット形状も同じらしいので、おそらくは同じマザーボード上で動く。
  2. 次にメモリ増設。
    メモリはNECの公式では4GB+4GBの8GBまでのサポートだが、実際にはPC3-10600で8GBのメモリは当時は一般的でなかったのでそうなっていた可能性がある。
    頭に入れておかないといけないのは、以前のCORE2Duo/Quadのアーキテクチャとは違い、Core i3/i5/i7のアーキテクチャでは、メモリコントローラを持っているのがCPUであって、チップセットはメモリに一切接続されていないということ。
    CPUとメモリチップは直結されているので、CPUがサポートしていれば基本的に本体がどうなっていようとメモリはCPUの限界まで、積みたいだけ積めるはずだ。
    インテルの製品仕様によれば、Corei7-2620Mプロセッサの搭載可能最大メモリーサイズは16GBで、DDR3の1066と1333に対応している。
    間違いない、本当に積める限界は16GBだ。
  3. 最後の仕上げに、最もスピードアップを体感できるSSDを投入する。
    今積んでいるハイブリッドHDDも読み込みにはSSDを使ってデータキャッシュしているし、SSD部分が劣化して使えなくなってもHDDとしては壊れるまで使えるという利点があるのだが、やはりスピードが遅い。
    最近、SSDも価格破壊が進んできたので、1TBのSSDを積むのも現実的になってきた。
    ここは完全移行するのが良いだろう。
typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...