パスワードを忘れた? アカウント作成
14080151 journal
日記

delta-keeperの日記: ご自宅のネットワークトラブル

日記 by delta-keeper

リモートで録画予約しようとして、独居に配置しているメインWSにアクセスできない事象が発生した。
割と複雑なトラブルだったのでメモっとく。

ネットワーク構成はこんな感じで、SBC1/2のSSH経由でWSにリモートデスクトップして使ってる。

実家 --- (IPv6) --- ルータ --- SBC1(Raspi1)
              --- SBC2(Ubuntu系)
              --- WS(Xeon:Win7)

SBC1は電源が入っているものの、GigabitEtherじゃないので殆ど使ってない。

1. ddclientの自動更新設定の漏れ

年末にSBC2のケーブリングを見直すためにLANケーブルを交換して、OS再起動した。
ここ二年くらい使い続けていたのだけどddclientの定期実行(daemon化、もしくはcronスケジュール)が未設定だということが判明。
SBC1⇒RDP⇒PuttyでSBC2にログインして判明したので、ddclient.confに定期更新の設定を追加。
このとき数回リブートしたのだが、希に繋がらないことが数回発生。

WSのPuttyで観察していると、SBC2が再起動後、希にインタフェース識別子の部分が違うものになってしまう(未解決)。
一時アドレスでもなく、ステートレスアドレス設定なのにインタフェース識別子が時たま変わるのは何が原因?

2. WSのLANコネクタを間違える

WSにはLANコネクタが2つあるのだが、普段使っていない方に挿していたらしく独居のルータからDHCPでIPが割り当てられていた。
当然MACアドレスも変わっていたため、WakeOnLANコマンド(MACアドレス直打ち)も通るはずがなかった。
arp-scanでMACアドレスを調べ上げて無事RDP。

ちなみにLANコネクタを間違えて挿したのは年末にHDD増設を行ったため。再発防止策として使ってない方にキャップすることにした。

3. 異なるLANカードに同じIPを割り当てたらWSと通信途絶

SMB共有をSBC1/2 - WS間で使っていたため、差し間違えた方のLANカードに元のIPと同じものを設定したところ、通信ができなくなった。
(arp-scanでも反応せず)

Windowsって、同じIPを異なるLANカードに割り当てるとこうなるんだね・・・

2と3の間でやるべきことはやってあったので、冬休みに帰宅する必要はなくなった。

この議論は、delta-keeper (31927)によって「 テキ禁止」として作成されている。 君は仲間はずれのようだね★
typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...