パスワードを忘れた? アカウント作成
304014 journal

dodaの日記: ECDH/ECDSA 対応

日記 by doda

1月下旬に出たOpenSSH 5.7から、楕円曲線暗号を使った鍵交換(ECDH)とホスト/ユーザ鍵(ECDSA)がサポートされた。
RLogin では 2/7 に出た 2.9.7 でいち早く対応したし(*1)、Tera Term でもサポートしたいなあと思って相談したら、永田さんが対応作業をしてくれた。
OpenSSH でサポートされた後の最初のリリースで対応出来たのはちょっと嬉しい。

*1: ECDSA ホスト鍵のサポートは 2/28 の RLogin 2.10.0 から。

ECDH/ECDSA を使っている事は「ヘルプ」-「TTSSHについて」で確認できる。(例)

ECC を使うと何が嬉しいかというと、少ないビット数で RSA 等と同等以上の強度を得られるという事。
たとえば、SSH の ECC 対応に関する RFC である RFC5656 には強度比較として以下の表がのっている。

+-----------+------------------------------+-------+---------+
| Symmetric | Discrete Log (e.g., DSA, DH) |  RSA  |   ECC   |
+-----------+------------------------------+-------+---------+
|     80    |       L = 1024, N = 160      |  1024 | 160-223 |
|           |                              |       |         |
|    112    |       L = 2048, N = 256      |  2048 | 224-255 |
|           |                              |       |         |
|    128    |       L = 3072, N = 256      |  3072 | 256-383 |
|           |                              |       |         |
|    192    |       L = 7680, N = 384      |  7680 | 384-511 |
|           |                              |       |         |
|    256    |      L = 15360, N = 512      | 15360 |   512+  |
+-----------+------------------------------+-------+---------+

この表によると、RSA 1024 ビット相当なのは ECC だと 160 ビットという事になる。
# RFC5656 で規定されている ECDH/ECDSA はどちらも 256, 384, 521 ビットの 3 種類
さらには、ECC の強度はもっと強いという話もある。

また、複数の暗号方式が使える事自体が嬉しい場合もある。
どれか一つの方式に問題が出ても、他の方式のみを使うようにすればいいからだ。
例えば、CBC モードの問題の時も CTR モードの暗号や Arcfour を使うという回避方法が有った。
# Tera Term ではどちらも対応していなかったが、これを機に対応暗号形式の拡充を行った

現状の問題としては、Pageant で ECDSA が使えない事がある。
これは PuTTY 側の問題なので、早く対応して欲しいと思う。
# Wish List には挙がっていないなあ。挙げといた方がいいのかな。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...