パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

14263658 journal
日本

mujiの日記: 八月花形歌舞伎

日記 by muji

第二部。今月の芝居見物はこれで仕舞。
今更国立の音の会の野崎村配役見てこれは必見だったぁぁぁと地団駄踏むなど。いやメインの竹本も樹くん頑張るみたいだし、何しろ芝のぶちゃんのおみっちょに妙姐さんのお染ちゃんってある意味大野崎の再来ではないかぁぁぁ。久作女房まで出すんだから随分丁寧にやるよね。竹蝶は夏の勉強会だとすっかり老けに回っちゃってうーむ、なんだが。そしてお常が安定の勘定奉行。本役。

14263365 comment

M-FalconSkyのコメント: Re:似た効果?で (スコア 1) 26

すでにいろいろ検証はされてる(代替医療解剖にもいくつか例がある)
白衣をきてたほうがいい、とか、薬は黄色(だったかな?)がいいとか、数は2錠くらいがいい(だっけ?)とか

代替医療解剖の文庫版時の小記事もおもしろい
『代替医療解剖』文庫版訳者あとがき by 青木薫 - HONZ

カプチャクは当初、本物の治療と偽の治療のどちらを受けた被験者も、呼吸機能には改善が見られるだろうと予想していた。なぜなら、偽の治療であっても、プラセボ効果による改善が見込めるからである。ところが予想に反して、偽の治療を受けたグループでは、測定された呼吸機能には改善が認められなかった。一方、被験者への聞き取り調査では、どちらのグループもまったく同じように、症状が改善したと報告したのである。つまり、患者の主観的な経験が、客観的な身体的測定器と食い違ったことになる。

この結果は、プラセボの限界の一端を明らかにし、プラセボのみに頼った治療では患者が事実とは異なる安心感を持ってしまい、そのせいで必要な治療が手遅れになる恐れがあることを示している。しかしそれと同時に、治療の方法によっては、身体的には直接的な改善が見込めない場合でも、患者がより楽な気持ちになれるということを示していると見ることもできよう

14263075 comment

Ryo.Fのコメント: Re:医者とド素人の意識ギャップがすごい表 (スコア 2) 15

言いたいことは解らんでは無いです。
しかし、わざわざ医療用語を借用して、その医療用語への誤解を助長するような表現を選ぶ必要も無かろう、と。
どうしてもこの表現でなければ自分の意見を述べることはできないんだ、と言う事であれば、それはそれでも構いません。表現の自由と言うものでしょう。

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...