パスワードを忘れた? アカウント作成

13920382 comment

phasonのコメント: Re:ice-VIII'相の二重ネットワークが謎 (スコア 2) 3

by phason (#3623166) ネタ元: 水の二相モデルは幻か?:新たな実験結果

>水素結合は電気の分極から生じる緩い結合じゃないですか。

水素結合も結構強いですよ.
配位結合の典型的な強さ(これもまあ,何の配位かによって大きな差がありますが)が確か40-60 kJ/mol程度なのに対し,水中での水の水素結合の強さが20 kJ/mol程度ですので,同じオーダー程度の強さはあったかと.

また距離に関しても,例えば手元のMn3+にNCS-が配位しているような錯体でMn-Nの結合長が2.14 Åぐらいと,Mn3+のイオン半径0.78 Åと窒素原子のファンデルワールス半径1.55 Åの和2.33 Åより0.2 Å短い程度ですが,氷(Ih)におけるO-H-Oの結合長は2.76 Åと,酸素原子だけのファンデルワールス半径の和3.04 Åよりも0.3 Å程度も短くなっています.実際にはその間に水素原子もあるわけで,かなりギチギチに詰まっています.

また,水素結合は単なる分極間の引力ではなく,複数の効果の合わさったものです.
例えば水素原子の量子性や,水素を介した三原子間での共有結合(3中心結合),軌道間の反発,そして古典的な分極による引力などが結びついた結果として生じるものです.このため,結合方向にそこそこ強い制約がかることが知られています.
(この辺は,計算精度の向上もあり今でもちょくちょく議論が出ています)

あとはまあ,この実験自体が低温で行われており,運動エネルギーが小さいという点,連続した一つのネットワークが,分断され交差した2つのネットワークという対称性的にも大きく異なるものに転移することが難しい点などが効いているのかと.

13918582 journal
日記

phasonの日記: 水の二相モデルは幻か?:新たな実験結果 3

日記 by phason

"Absence of amorphous forms when ice is compressed at low temperature"
C. A. Tulk, J. J. Molaison, A. R. Makhluf, C. E. Manning and D. D. Klug, Nature, 569, 542-545 (2019).

13892569 comment

phasonのコメント: Re:てっきり (スコア 2) 132

>出力調整(水分子に共鳴しやすさで変える)

水分子のこの辺りの波長域の吸収って,分子の回転(とか多少の並進)によるもの由来になっています.
で,もともと液体の水は雑多な構造なので,さまざまな環境の分子がいるため回転のしやすさはものすごくバラついていて,その結果吸収はものすごくブロード.
そのため多少周波数ずらしても吸収があんまり変わりません.
#一応,20 GHzちょっと上あたりのピークに向かって増えていくんで,大きく周波数増やすと上がりますが.

>最大のメリットは2.5GHzのWiFiに干渉しにくい周波数が使えてとかでアレゲ向きとか。

ノイズ源である電子レンジの周波数をISMバンドから外に出すといろいろな方面から文句が出て大変なことに.

13880949 comment

phasonのコメント: ウルトラ警備隊西へ (スコア 1) 4

by phason (#3595139) ネタ元: ウルトラセブン

がそんな話だったかと.キングジョーが出てくるやつです.
観測ロケット打ち込んだら侵略と思われて,逆襲を食らう.
この辺りまではほぼ一方的に地球側が悪いんですが,なぜか最後に相手側が裏切るせいでそのことがうやむやな感じになってしまうという……

と思って調べてみたら,次の回の「闇に光る目」もよく似た流れなんですね.こちらは最後に説得に応じ,平和裏に(といってもそれまでに互いに散々殴り合った後ですが)帰っていく点は違いますが.

13873285 comment

phasonのコメント: 時間軸と空間軸 (スコア 1) 10

by phason (#3589727) ネタ元: 連続した時間

>・時間はモノ(空間)の変化の層
>・モノが無ければ時間も無い
>・モノが変化しない場合は時間も流れない(絶対静止系?)

この辺,相対論(さらに遡るとローレンツ変換)においては時間軸と空間軸が混合するんで,上記を主張する(そして相対論,もしくはローレンツ返還を認める)立場になると

・空間はモノの変化(移動?)の層
・モノが無ければ空間も無い
・モノが変化しない場合は空間も流れない(絶対静止系?)

というような感じになるのでしょうか.
ある座標系では物体の移動がなくとも,別の座標系の存在を許すと結局等速直線運動は可能になるあたりをどうとらえるか?
#個人的には,物がなくとも空間軸(ひいては時間軸)もあるんじゃないかという立ち位置.
#でも量子揺らぎとか考えると「モノが無い」ってこと自体があり得ない?

13864520 comment

phasonのコメント: Re:これで周りを囲ったら (スコア 5, 参考になる) 58

>あ、GIGAZINの記事を見たら単純に反射するわけでもなさそう・・・・

いや,反射です.
もともとの波とこの構造体による反射波が,通り抜け方向では打ち消すような重ね合わせになるよう設計することで,通り抜けが禁止されます.
その分のエネルギーは当然音源側に跳ね返っていきますので,反射になります.
#似たような現象は光とか電子系とかでもよくありますね.

また,波の干渉を使っているため,特定波長のみ反射します.
例えば論文での数値計算では,400 Hzは透過するけど460 Hzだと共鳴条件に合って透過しないよ,というようなものが示されています.
#微妙に(ちょうどよく)ズレた波長だと全透過になってむしろ透過率が増えたりします.

13856887 journal
日記

phasonの日記: 適用範囲の広いインフルエンザ治療薬を目指して:広域中和抗体を模した小分子薬の開発 1

日記 by phason

"A small-molecule fusion inhibitor of influenza virus is orally active in mice"
M. J. P. van Dongen et al., Science, 363, eaar6221 (2019).

13854428 comment

phasonのコメント: 一応補足 (スコア 4, 参考になる) 29

著者たち自身は,低温での温度非依存の流動性は転位(結晶における線状の欠陥)の移動がトンネル的になるからだろう,と推測しています.

低温で何かの移動しやすさがだんだん下がった後に一定値になるのは量子論にありがちな効果で,高温では「熱励起で起こっていたこと(高温ほど起こりにくい)」に比べ「トンネル効果で起こること(基本的に温度非依存)」のほうが起こりにくいことが,低温に下げたせいで前者が激減,低温では後者が支配的になって温度非依存化する,という場合によく見られます.

で,今回の二次元結晶系でも低温で薄膜結晶の表面にあるキンク(乗っかっている上の層の折れている部分というかなんというか.図を見れば一発なんですが……)の移動などが低温でトンネル的になり,それが「小さいけれども温度非依存な流動性」を引き起こしているのだろうとしています.
#ただ,定量的な部分では過去の類似の系に比べちょっと大きいので,そのあたりはもう少し検討が必要,とかそんな感じ.

13853217 comment

phasonのコメント: Re:緑黄色野菜・・・。 (スコア 3, 興味深い) 28

>どういう原理なんだろうね。

もとのBiozoom社の製品だと,可視領域での反射を使った簡便な吸収測定です.
50 nm刻みぐらいでの波長分解と,多点照射・受光での空間・角度分解を組み合わせて大まかな吸収スペクトルを出し,皮膚や表面近くの血流中のカロテノイド類とかの濃度を出す感じで.
#〇〇~×× nmのピークはカロテノイド由来とする,とかのざっくりとした計測ですが,傾向程度ならまあ見えるのかなあと.

13852152 comment

phasonのコメント: Re:素人から見れば当たり前の結果に見える (スコア 1) 37

>> これまでの多くの例では,密度に依存しないという実験結果が出ていなかったためです.
>は、「依存する」か「出ていたためです」の誤植ですよね?

うわ,これは申し訳ない.
ご指摘の通り,間違ってますね……
#年を取ると年々こういう細かいところのミスが増えてきて情けないもんです.

typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...