パスワードを忘れた? アカウント作成
13982038 journal
日記

gm300の日記: 産休(か、病欠か、世界放浪の旅に出るか)で休める仕事。

日記 by gm300

数か月のブランクがあっても戻れる仕事ってなんだかあこがれる。
FPGAの仕事の前の仕事に大体戻ったわけだが、全く無能力っぽくなった。
作業の大まかな流れはわかるけど、細かい作法がさっぱりわからない。
特に電源分離。
10年くらい前は、電源分離は、ブラックマジックで一品物扱いだった。今や普通の作業になっている。どうも論理設計の側が方式を決めたようで、とにかく物理的に無駄が多い。

数か月のブランクがあっても戻れる仕事の一部は、実は、機械化が容易な仕事のような気もする。
ブラックがあってもOK => 担当が変わっても、担当の内的な経験に寄らず、同じような作業ができる=> じゃ機械で行っても同じ。実は、インターフェイスが機械化できていないのが問題。
  => (1) 物理的な動作が必要で、コンパクトで安全な機械を作るのが大変 (2) わざわざ機械化するほど手間をかけたくない。(3) 知識が専門的で、少ない専門家が独占している。需要も少ない。

ずっと昔の平井和正の小説だったと思うが、司法システムが機械された後の世界が紹介されていた。前例主義の司法判断は確かに機械化が容易そうだ。前例がない部分は、しょうが無い。司法システムを機械化するにしても無人化したいわけじゃない。

って考えると職人の手作業 とか言っている分野も、一般化された職人の手作業をマネして機械化する手法が確立されてしまえば、一気に機械化が進みそうだ。bloomburgのhello world シリーズのyoutube video に中国のEMSの会社で、手作業を行う後ろの部屋で自動化を研究する部門があるのを紹介するのがあったな。

この議論は、gm300 (14617)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...