パスワードを忘れた? アカウント作成
13570880 journal
日記

gunwithoccasionalmusの日記: まんが「この世界の片隅に」

日記 by gunwithoccasionalmus

「この世界の片隅に」下巻140ページはこんな感じ。

すず「周作さん ありがとう」「この世界の片隅に」「うちを見つけてくれて ありがとう周作さん」
すず「ほいで もう離れんで………」「ずっとそばに居ってください」
(すず、黒い服の人の手をつかむ)
黒い服の人「………………………」
すず「……………………」
黒い服の人「……………………」
(すず。黒い服=鬼イちゃんの人の手を見る)
周作「……………………」
(すず、周作の顔を見る)
すず「すみません」
(鬼イちゃんが手を振りながら去る)
周作「………………」
すず「同じような黒い服じゃったけえ…」
周作「………………………」
(鬼イちゃん、どこかに帰る)

すずは「迷子は嫌だからそばにいてくれ」と言うつもりがプロポーズの受諾みたいな大げさなセリフになり、周作があっけにとられる。
すずが間違えて手をつかんだのは「子供みたいに手を引いて帰ってくれ」と言うのが恥ずかしくて周作の顔を見なかったからですね。
いかにもすずらしいコミカルなシーンだが、鬼イちゃんはすずにも人間に見えていることなどをうまく盛り込んでいる。

本作には「感動的になりそうになったらコミカルなオチがつく」パターンが多いのですが、この箇所もそういうものの一つです。
最後のカラー見開きとシラミの話はそのパターンから外れます。見開きで読む手が止まり、シラミの話は次のページになるからです。

typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...