パスワードを忘れた? アカウント作成
14078149 journal
日記

h-harryの日記: 韓国人が誇る憲法裁判所「2015年の日韓慰安婦合意の違憲審査」を却下 4

日記 by h-harry

「韓日慰安婦合意、違憲性判断の対象でない」 韓国憲法裁が訴え却下

【ソウル聯合ニュース】韓国憲法裁判所は27日、慰安婦被害者らが旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の韓日政府間合意の違憲性判断を求めた訴えに対し、「違憲性判断の対象ではない」とし、却下した。

 却下は違憲かどうかの判断を求めた訴えが憲法裁判所の判断対象ではないとみた際に審理をせずに下す処分。つまり、裁判所は慰安婦問題を巡る韓日政府間合意が慰安婦被害者の基本権を侵害したかどうかについて、判断しないということだ。

 憲法裁判所は「同合意は政治的合意であり、これに対するさまざまな評価は政治の領域に含まれる。違憲性判断は認められない」とした。

ここまで引っ張ってからの却下って判断を放棄したのかw
韓国人自慢の憲法裁判所は被害者によりそってないなぁ(棒

昨日の「慰安婦合意による韓国政府への賠償請求」は裁判所による調停になった。

慰安婦合意巡る国賠訴訟 韓国高裁が強制調停を決定

ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意に反発した韓国の慰安婦被害者9人が国を相手に損害賠償を求めて起こした裁判で、ソウル高裁は26日、強制調停の決定を下した。

 裁判所は決定文に「2015年の慰安婦合意が被害者中心主義の原則に反したもので、被害者が精神的苦痛を味わったことを国が謙虚に認め、合意が慰安婦被害者問題の真の解決にならない点を明確にする」との内容を盛り込んだ。

 また「国は今後、被害者の尊厳と名誉を回復するための対内・対外的努力を継続する」との内容も含まれた。

三権文立の頂点ムンタンは、どういう論法で支持率低下を防ぐのかな。

ムンタン:「裁判官を生贄に時間稼ぎ!!」

  • 慰安婦被害者 「あきれる」と失望表明=韓国憲法裁の訴え却下に [chosunonline.com]

    【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の韓日政府間合意の違憲性判断を求めた訴えに対し韓国憲法裁判所が27日、違憲性判断の対象ではないとし却下したことについて、慰安婦被害者たちは失望を隠せなかった。

     旧日本軍慰安婦被害者を支援するソウル近郊の社会福祉法人「ナヌムの家」(京畿道広州市)に暮らす被害者6人のうち、姜日出(カン・イルチュル)さん(91)と李玉善(イ・オクソン)さん(92)は今回の訴訟に参加した。李さんは「ナヌムの家」でテレビのニュースを通じ、憲法裁判所の判断を見守った。姜さんは体の状態がよくなく、テレビを見られなかった。

     李さんは、「間違った合意なのに(訴えを却下したことは)あきれる」と失望を表明した。また、「わが国の(合意当時の)大統領、朴槿恵(パク・クネ)が悪い。日本人がお金を持ってきて被害者に渡して口をふさごうとする。それは駄目だ」と、合意の不当性を強調した。

     「ナヌムの家」に暮らす被害者たちは「交渉をやり直すべきだ。次世代のためにも日本の公式謝罪と法的賠償が必ず必要」と口をそろえた。

    さあ、土着倭寇に正義の炎を見せるためにロウソクを持って
    光化門広場と憲法裁判所前に集合だ。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年12月27日 16時17分 (#3737922)

    中央日報 [yahoo.co.jp]では

    > 一方、韓国外交部は昨年6月、憲法訴訟の対象でないとし、審判請求を却下してほしいという
    > 意見書を出した。外交部は「慰安婦合意は法的効力を持つ条約ではなく外交的な合意にすぎず、
    > 『国家機関の公権力行使』とみることはできない」と主張した。

    と報道されています。
    外交部(=外務省相当?)は、条約じゃないから国家機関の公権力行使ではないと言っている模様。
    もう何が何だか。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      合意について文句言うのはいいけど、俺ら(外交部)には関係ないから。
      そういうことじゃないの?

  • by Anonymous Coward on 2019年12月27日 16時50分 (#3737933)

    常識的な判断で日本の裁判所も統治行為論で似たような判断をするだろう…
    と思ったが

    「同合意は政治的合意であり、これに対するさまざまな評価は政治の領域に含まれる。違憲性判断は認められない」

    まぁこれは統治行為論を意味するように見える。「政治的合意」ってのが嫌な予感がするとはいえ。が、

    「合意は法的効力を持つ条約でなく、外交的な合意にすぎないため、『国家機関の公権力行使』と見なすことができない」

    何言ってんだこいつ。
    国際関係において国家の意思表示の形式は自由であり、国家は口頭で合意を形成することもできる(有斐閣アルマ「国際法」第2版97ページ)。そして「合意は拘束する」。
    東部グリーンランド事件では常設国際司法裁判所が拘束すると示している。つまり判例もある。
    そもそも「外交的な合意」ならばそりゃ拘束力はあるし、国家機関の公権力行使であるし、普通の国なら違憲審査の対象にもなるだろう。
    違憲だったところで「(違反が明白かつ重大でなければ)当事国は、条約の不履行を正当化する根拠として自国の国内法を援用することができない」(条約法に関するウィーン条約 第二十七条)から国際法上は何の意味もないが…まぁ国内法上意味はあるか。

    ここに返信
typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...