パスワードを忘れた? アカウント作成
13715971 journal
Java

higの日記: シロート焙煎のコーヒー豆に舌がやられるので 2

日記 by hig

手網焙煎したコーヒー豆(2回目)ですが、3日ほどたつとある程度香りも出てきてなんとか飲めるかと思いきや、舌に残る渋味にやられて痺れた感じになってしまった。
残り少なくなりダメ元でリカバリができないかと、電子レンジで追加焙煎してみました。
小皿に開けて何回か取り出し混ぜながら焙煎すると、ぱちぱちとはぜる音がし更に焙煎進めるとぴちぴち2ハゼ風の音とともに煙が上がりだしたので焙煎終了。

あれ?黒くなったのと茶色のままの豆がまだらにムラとなってしまい、失敗。
香りはよりコーヒーらしいものになり、しばらく豆を冷まして挽いて淹れると酸味が和らぎ若干甘味が!リカバリ成功か?でもやっぱり後味で舌が痺れた感じがしてきて失敗。
うーん、難しいですなぁ。

渋みの正体については旦部氏のサイト百珈苑コーヒー味の科学に詳しく解説がありました。イソクロロゲン酸類らしい。やはり生焼けが原因だな。
舌のしびれ感は舌のたんぱく質が変性しちゃうらしいので長く続くのも納得。

さぁ、明日は焙煎3回目でリベンジだ!

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2018年09月15日 8時59分 (#3481250)

    粒粒チョコレートを置くとわかりますが、あったまる場所とそうでないところがあるので、均一ではないです。

    • 回転テーブルにわざと中心はずして小皿を置いたのですが、自動で停止したりするのでなかなかうまくいきませんね。
      豆のように小粒の加熱は不得意なのかもしれません。
      電子レンジで焙煎を謳ってる動画も見ましたが、やはりムラがありました。

      --
      The 'Through'-Force is with you, young srader, but you are not a Hacker yet.
      親コメント
typodupeerror

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

読み込み中...