パスワードを忘れた? アカウント作成
14101661 journal
Java

higの日記: 珈琲豆手網焙煎 エチオピア イルガチャフェ ナチュラル再び

日記 by hig

ちょうど一週間で飲みきり、再び焙煎に挑戦。今度は煎り過ぎないように注意しないとね。狙いはアメリカンなハイローストを目指す。
前回に引き続き生豆はスペシャルティだが、なんか豆の大きさにばらつきが多いんでないかい?やっぱり。
残り145gだったので70gを焙煎することにしました。ハンドピック済みなのでざっと確認して欠け豆一個とピーベリーの小さな豆を数個をピックしましたが、ピーベリーはもったいないので戻してしまいました。吉と出るか凶と出るかお楽しみに。

例によってぬるま湯で汚れと薄皮を除去します。ナチュラルなのでしっかりと手でもみ洗い。これやってもナチュラルは結構チャフが出てきてレンジの周りがチャフだらけになってしまいます。なので周りを片付けてからアルミフォイルでカバーしておき後の掃除をしやすく工夫しました。これは成功でしたね。
5分以内に洗いは終了して、ペーパータオルで豆の表面の水けを除去し、焙煎スタート。
最初は火から30cmの遠火で水分飛ばし、ダンパーは閉じて豆を暖めて緩めます。
10分で白くなってきたらダンパー半分開けて25cmに近づけ、12分ぐらいで1ハゼスタート、ダンパー全開、
14分で1ハゼ終了、ダンパーを閉じて30cmに戻して豆を膨らませます。16分で27cmに近づけ2ハゼピチピチ2秒で焙煎終了。
ザルに開けて換気扇近くで空冷。結構チャフ残りがありました。お出かけ前で急いでいたので扇風機は省略。
焼き色はミディアム寄りのハイローストですが、ばらつき多し。小さな薄い豆は黒くて大きな厚い豆はシナモンローストぐらいか。
色の薄い豆を砕いてみたら中までかりっとはしていましたが、渋いと嫌なので取り除きました。
8時間ほどたってから抽出してみると、若干の甘みとさわやかな酸味がありまずまずの成功かと。
香りはまだ立ってきていませんが、前回も2日後ぐらいがいい香りしてきたのでお楽しみということにしておきます。

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...